クラスタ レベルで ESXi 構成を管理するクラスタに ESXi ホストを追加するには、新しく追加したホストのための場所としてこのクラスタを割り当てるというルールを、Auto Deploy 内に作成します。ホストは同じ設定を継承するため、手動で構成する必要はありません。

ホストのターゲットの場所をクラスタ レベルで ESXi 構成を管理するクラスタにする Auto Deploy ルールを作成することにより、ホスト プロファイルを使用する必要も、手動で構成する必要もなくなります。同時に、ホストごとにカスタム設定を定義したり、ホストのグループに対してクラスタレベルの設定をオーバーライドしたりする柔軟性は保持されます。構成を使用してクラスタ レベルで管理するクラスタを設定する方法、および VMware vSphere 構成プロファイルの詳細については、 vSphere 構成プロファイルを使用したクラスタ レベルでのホスト構成の管理 を参照してください。
注: クラスタ レベルで ESXi 構成を管理するようにクラスタを設定すると、ホスト プロファイルまたは単一イメージを使用する状態にロールバックすることはできません。また、これらのクラスタではクイックスタート オプションを使用できません。ただし、単一イメージを使用して管理するクラスタから、クラスタ レベルの構成で管理するクラスタには、 [構成] > [目的の状態] > [ホストの設定] の順に選択し、 [ホスト設定のセットアップ] オプションを選択して切り替えることができます。

前提条件

  • システムの準備および Auto Deploy サーバのインストール詳細については、『vSphere Auto Deploy のインストールと構成』を参照してください。
  • ESXi ホストがバージョン 8.0 以降であることを確認します。

手順

  1. [ホーム] > [Auto Deploy] の順に移動します。
    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere Auto Deploy サービスを利用する権限を持っています。
  2. [デプロイ ルール] タブで [新規デプロイ ルール] をクリックします。
    [新規デプロイ ルール] ウィザードが起動します。
  3. ウィザードの [名前とホスト] のページで、新しいルールの名前を入力します。
  4. ルールをインベントリ内のすべてのホストに適用するか、特定のパターンに一致するホストにのみ適用するかを選択します。
    1 つ以上のパターンを選択することができます。
    たとえば、ルールを vCenter Single Sign-On ドメイン内の特定のホスト名を持つホスト、または特定の IPv4 範囲に一致するホストにのみ適用することができます。
  5. ウィザードの [構成] 画面で [ホストの場所] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
    [イメージ][ホストの設定]、および [スクリプト バンドル] の各チェック ボックスは無視してもかまいません。イメージ仕様とターゲット クラスタ内のホストの構成、およびインストール後の設定があれば自動的に作成されます。いずれかのチェック ボックスを選択しても、ルールによって無視されます。
  6. ウィザードの [ホストの登録場所の選択] 画面で、クラスタ レベルで ESXi 構成を管理するクラスタを選択します。
  7. [設定の確認] ページで、新しいルールの概要情報を確認します。
  8. [終了] をクリックします。

結果

[デプロイのルール] タブには新規作成されたルールがリスト表示されます。

次のタスク