vSphere Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、コア ダンプを保存するためのローカル ディスクがありません。ESXi Dump Collector でコア ダンプを保存する方法として、ESXCLI コマンドを使用するように、またはリファレンス ホストが vSphere Client のホスト プロファイル機能を使用して ESXi Dump Collector を使用するように構成することができます。

ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成

vSphere Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、コア ダンプを保存するためのローカル ディスクがありません。ESXCLI コマンドを使用して ESXi Dump Collector を構成し、デバッグ中に使用できるようにコア ダンプをネットワーク サーバに保持することができます。

コア ダンプは、ホストで障害が発生した場合の、動作中のメモリの状態です。デフォルトでは、コア ダンプはローカル ディスクに保存されます。ESXi Dump Collector は、vSphere Auto Deploy に特に有用ですが、すべての ESXi ホストでサポートされます。ESXi Dump Collector は、コア ダンプのローカル ディスクへの送信などその他のカスタマイズをサポートし、vCenter Server 管理ノードに含まれています。

注: ESXi Dump Collector は、NSX-T N-VDS スイッチで実行されている VMkernel インターフェイスでは構成できません。

IPv6 を使用し、ESXi ホストと ESXi Dump Collector の両方を同じローカル リンクで使用する場合は、その両方で、ローカル リンク スコープの IPv6 アドレスまたはグローバル スコープの IPv6 アドレスのどちらかを使用できます。

IPv6 を使用し、ESXi と ESXi Dump Collector が異なるホストに存在する場合は、その両方でグローバル スコープの IPv6 アドレスが必要になります。トラフィックは、デフォルトの IPv6 ゲートウェイを介して経路選択されます。

前提条件

ESXi Dump Collector を使用するようにホストを構成するには、ESXCLI をインストールします。トラブルシューティングが必要な場合は、代わりに ESXi Shell 内の ESXCLI を使用できます。

手順

  1. ローカルの ESXi Shellesxcli system coredump を実行するか、または ESXCLI を使用することにより、ESXi Dump Collector を使用するように ESXi システムを設定します。
     esxcli system coredump network set --interface-name vmk0	--server-ip 10xx.xx.xx.xx --server-port 6500
    コア ダンプの送信先サーバの VMkernel の NIC、IP アドレス、およびポート(オプション)を指定する必要があります。IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを使用できます。vSphere Standard スイッチを使用している仮想マシンで実行されている ESXi システムを構成する場合は、無差別モードの VMkernel ポートを選択する必要があります。
  2. ESXi Dump Collector を有効にします。
    esxcli system coredump network set --enable true
  3. (オプション) ESXi Dump Collector が正しく構成されていることを確認します。
    esxcli system coredump network check

結果

ESXi Dump Collector を設定したホストは、指定された VMkernel の NIC とオプションのポートを使用することによって、指定されたサーバにコア ダンプを送信するように構成されます。

次のタスク

  • リファレンス ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストに、ホスト プロファイルを適用するルールを作成します。PowerCLI セッションでルールを作成する方法については、ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。
  • vSphere Auto Deploy がすでにプロビジョニングされているホストの場合は、テストを実行し、PowerCLI セッションでコンプライアンスを修正します。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。
  • プロビジョニングされていないホストをパワーオンし、新しいホスト プロファイルを使用して、それらのホストがプロビジョニングされるようにします。

vSphere Client のホスト プロファイル機能による ESXi Dump Collector の構成

vSphere Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、コア ダンプを保存するためのローカル ディスクがありません。vSphere Client のホスト プロファイル機能を使用してリファレンス ホストを構成し、ESXi Dump Collector を使用することができます。

esxcli system coredump コマンドを使用して、ESXi Dump Collector を使用するホストを設定し、そのホストのホスト プロファイルを保存することがベスト プラクティスです。詳細については、ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成を参照してください。

前提条件

  • コアダンプ ポリシーを構成するホスト プロファイルを作成したことを確認します。ホスト プロファイルの作成方法の詳細については、『vSphere のホスト プロファイル』ドキュメントを参照してください。
  • vSphere Auto Deploy を使用してプロビジョニングされる複数のホストからのコア ダンプ用に、少なくとも 1 つのパーティションで十分なストレージ機能があることを確認します。

手順

  1. [ホーム] > [ポリシーおよびプロファイル] > [ホスト プロファイル] の順に移動します。
  2. 設定するホスト プロファイルをクリックし、[管理] タブを選択します。
  3. [プロファイルの編集] をクリックします。
  4. [ネットワーク設定] > [ネットワーク コアダンプの設定] の順に選択します。
  5. [有効化] チェック ボックスを選択します。
  6. 使用するホスト NIC、ネットワーク コアダンプ サーバ IP アドレス、ネットワーク コアダンプ サーバ ポートを指定します。
  7. [保存] をクリックしてホスト プロファイルの設定を完了します。

次のタスク

  • リファレンス ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストに、ホスト プロファイルを適用するルールを作成します。PowerCLI セッションでルールを作成する方法については、ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。
  • vSphere Auto Deploy がすでにプロビジョニングされているホストの場合は、テストを実行し、PowerCLI セッションでコンプライアンスを修正します。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。
  • プロビジョニングされていないホストをパワーオンし、新しいホスト プロファイルを使用して、それらのホストがプロビジョニングされるようにします。