単一イメージで管理されているクラスタに ESXi ホストを追加するには、新しく追加されるホストの場所としてこのようなクラスタを割り当てるルールを Auto Deploy に作成します。各ホストは同じイメージを継承し、これによりハードウェアの互換性チェック、クラスタ全体の修正、アップグレードの簡素化が可能になります。

ホストのターゲットの場所をイメージで管理されているクラスタにする Auto Deploy ルールを作成することで、ステートフル ESXi ホストをクラスタに移行できます。ホスト識別メカニズムに基づいて、ルールによってターゲット クラスタにホストが追加されます。

このような Auto Deploy ルールには、イメージ プロファイルまたはホスト プロファイルを含めることはできません。これは、ターゲット クラスタのホストのイメージ仕様と構成が自動的に作成されるためです。

前提条件

  • システムの準備および Auto Deploy サーバのインストール詳細については、『VMware ESXi のインストールとセットアップ』ドキュメントの「vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備」を参照してください。
  • ESXi ホストがバージョン 8.0 以降であることを確認します。
  • クラスタ内のすべてのホストがステートフルで、物理ストレージに接続されていることを確認します。
  • vSphere Lifecycle Manager と統合されていないソリューションがクラスタに対して有効になっていないことを確認します。

手順

  1. [ホーム] > [Auto Deploy] の順に移動します。
    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere Auto Deploy サービスを利用する権限を持っています。
  2. [デプロイ ルール] タブで [新規デプロイ ルール] をクリックします。
    [新規デプロイ ルール] ウィザードが起動します。
  3. ウィザードの [名前とホスト] のページで、新しいルールの名前を入力します。
  4. ルールをインベントリ内のすべてのホストに適用するか、特定のパターンに一致するホストにのみ適用するかを選択します。
    1 つ以上のパターンを選択することができます。
    たとえば、ルールを vCenter Single Sign-On ドメイン内の特定のホスト名を持つホスト、または特定の IPv4 範囲に一致するホストにのみ適用することができます。
  5. ウィザードの [構成] 画面で [ホストの場所] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
    必要に応じて、 [スクリプト バンドル] チェック ボックスを選択して、ルール条件に一致する ESXi ホストにスクリプト バンドルを含めることができます。
    注: ターゲット クラスタに添付されているイメージ プロファイルとホスト プロファイルが使用されます。
  6. ウィザードの [ホストの登録場所の選択] 画面で、単一のイメージを使用するクラスタを選択します。
  7. ウィザードの [スクリプト バンドルの選択] ページで、リストからスクリプト バンドルを選択します。
  8. [設定の確認] ページで、新しいルールの概要情報を確認します。
  9. [終了] をクリックします。

結果

[デプロイのルール] タブには新規作成されたルールがリスト表示されます。

次のタスク