ステートレス ESXi ホストを、イメージで管理されているクラスタに追加するには、標準の ESXi 8.0 イメージをインストールして、最初にホストをステートフル ホストに変換する必要があります。

ステートレス キャッシュおよびステートフル インストールの詳細については、 ステートレス キャッシュおよびステートフル インストールの vSphere Auto Deploy の使用を参照してください。

前提条件

  • システムの準備および Auto Deploy サーバのインストール詳細については、『VMware ESXi のインストールとセットアップ』ドキュメントの「vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備」を参照してください。
  • ESXi ホストはイメージ プロファイルが含まれている Auto Deploy ルールから起動していること。
  • Auto Deploy サービスが実行されていること。

手順

  1. ホーム メニューで [ポリシーおよびプロファイル] をクリックし、[ホスト プロファイル] を選択します。
  2. 実行中の ESXi ホストからホスト プロファイルを抽出するか、指定された構成およびホストの場所を持つ既存のホスト プロファイルを複製します。
    既存のホスト プロファイルは、ホストまたはクラスタに添付できます。
  3. 新しいホスト プロファイルを右クリックし、[ホスト プロファイルの編集] を選択して、[詳細設定] > [システム イメージ キャッシュ設定] > [システム イメージ キャッシュ設定] の順に移動します。
  4. ドロップダウン メニューから [ホスト上でステートフル インストールを有効化] を選択し、[最初のディスクの引数] テキスト ボックスに local と入力し、[選択したディスクですべての VMFS ボリュームを上書きするには、チェックボックスを選択] チェック ボックスを選択します。
  5. 既存のホスト プロファイルを複製していて、ホスト プロファイルがクラスタに添付されている場合は、新しいホスト プロファイルをクラスタに添付します。
  6. ホーム メニューから [Auto Deploy] をクリックします。
  7. イメージ プロファイルが含まれている Auto Deploy ルールを無効にして、[編集] をクリックします。
    デプロイのルールを編集するダイアログ ボックスが表示されます。
  8. ウィザードの [イメージ プロファイルの選択] 画面で、ESXi 8.0 イメージ プロファイルを選択します。
  9. ウィザードの [ホスト プロファイルの選択] 画面で、新しいホスト プロファイルを選択します。
  10. ルールを有効にして、順序付けされたリスト内の初期位置に、そのルールを移動します。
  11. [デプロイ済みのホスト] タブで、単一または複数の ESXi ホストを選択します。
  12. ESXi ホストについて、[ホストの関連付けの修正] をクリックします。
    修正プロセスの進行状況は、[最近のタスク] ペインで監視できます。
  13. ESXi ホストを再起動します。
    ESXi ホストにレガシー BIOS が搭載されている場合は、BIOS セットアップの起動順序を変更して、最初にローカル ストレージから起動できます。UEFI ベースの ESXi ホストの場合は、再起動中に起動順序が自動的に変更されます。
    ESXi ホストはネットワークから起動し、以前キャッシュに使用したストレージ上で指定した ESXi 8.0 イメージをインストールします。インストールが完了すると、各 ESXi ホストが再起動し、ローカル ストレージから起動します。

結果

ESXi ホストは、デフォルトで新しいストレージから起動し、ESXi 8.0 イメージが標準 DVD からインストールされたように動作します。

次のタスク

1 つのイメージで管理されているクラスタに ESXi ホストを追加します。詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』ドキュメントの「ホストの追加」を参照してください。