ホストの修正方法は、オブジェクトに添付するベースラインのタイプおよび修正したホストがクラスタ内にあるかどうかによって異なります。

ホストのアップグレードの修正

ESXi6.7 ホストまたは ESXi 7.0 ホストを ESXi 8.0 にアップグレードする場合、インストーラ ISO に VIB が含まれているかどうかにかかわらず、サポートされているすべてのカスタム VIB は、アップグレード後にホスト上でそのまま維持されます。

ESXi8.0のサードパーティ製モジュールを含むカスタムESXi イメージを使用して、ホストをアップグレードできます。この場合、ESXi8.0と互換性があるサードパーティ製モジュールは、アップグレード後のホストでも利用できます。

vSphere Lifecycle Managerとホストが異なる場所に存在し、遅延が大きいネットワークでホストをアップグレードする場合は、アップグレード前にアップグレード ファイルがvSphere Lifecycle Manager デポからホストにコピーされるため、数時間かかることがあります。その間、ホストはメンテナンス モードのままになります。

vSphere Lifecycle Manager8.0は、ESXi 6.7 および ESXi 7.0 から ESXi 8.0 へのアップグレードをサポートします。

ESXi8.0へのアップグレードには、最低 4 GB の起動デバイスが必要です。ローカル ディスク、SAN、または iSCSI LUN から起動する場合、ESXiシステム パーティションを作成するために最大 128 GB のディスク容量が使用されます。128 GB を超える起動ディスク上に VMFS データストアを作成できます。

注: ホストを ESXi 8.0 にアップグレードした後は、以前の ESXi バージョン、 ESXi 6.7ESXi 7.0 にロールバックすることはできません。そのため、ホストのアップグレードを実行する前に、ホストの構成をバックアップしてください。アップグレードに失敗した場合は、アップグレード元の ESXi 6.7または ESXi 7.0 ソフトウェアを再インストールし、ホスト構成をリストアできます。 ESXi構成のバックアップとリストアの詳細については、『 ESXi のアップグレード』を参照してください。 ESXiホストをアップグレードするには、最初に ESXi ISO イメージを vSphere Lifecycle Manager デポにインポートする必要があります。次に、 ESXiホストのアップグレードを管理するために、ベースラインおよびベースライン グループを作成します。

ホストのパッチの修正

パッチ適用は、パッチ ベースラインを基準にした ESXiホストの修正処理です。

ESXi6.7および 7.0 ホストのそれぞれの ESXi アップデート リリースへの修正はパッチ処理、バージョン 6.7 または 7.0 から 8.0 への ESXi ホストの修正はアップグレード処理です。

vSphere Lifecycle Managerは、次の方法でホスト パッチを処理します。

  • パッチ ベースラインに、別のパッチの適用が必要となるパッチが含まれている場合、vSphere Lifecycle Managerはデポ内の前提条件を検出し、選択したパッチとともに別のパッチを適用します。
  • パッチがホストにインストールされている他のパッチと競合する場合、競合するパッチはステージングまたはインストールされないことがあります。ただし、ベースラインの別のパッチによって競合が解決される場合、競合するパッチは適用されます。たとえば、パッチ A とパッチ C を含むベースラインがあり、パッチ A がすでにホストに適用されているパッチ B と競合するとします。パッチ C がパッチ B に置き代わり、パッチ A と競合しなくなると、修正プロセスによってパッチ A とパッチ C が適用されます。
  • vSphere Lifecycle Managerのデポのパッチと競合するパッチがホストと競合しない場合、vSphere Lifecycle Manager はコンプライアンス チェック後にこのパッチを競合パッチとしてレポートします。このパッチは、ステージングしてホストに適用できます。
  • 同じパッチの複数のバージョンを選択すると、vSphere Lifecycle Managerは最新バージョンのパッチを適用し、それ以前のバージョンのインストールをスキップします。

パッチ修正中に、vSphere Lifecycle Managerはパッチの前提条件を自動的にインストールします。

vSphere Lifecycle Manager8.0 を使用すると、バージョン ESXi 6.7 および ESXi 7.0 のホストをオフライン バンドルのパッチにより修正できますが、これは、vSphere Lifecycle Manager のデポに手動でインポートします。

修正の前にパッチをステージングすることで、ホストのダウンタイムを短縮できます。

ホストの拡張機能の修正

vSphere Lifecycle Managerは、拡張機能の修正中にその前提条件を自動的にインストールしません。拡張機能の前提条件が不足している場合、一部の修正操作が失敗することがあります。不足している前提条件がパッチの場合は、不足しているパッチをパッチ ベースラインに追加できます。不足している前提条件が拡張機能の場合は不足している拡張機能を、同じ拡張機能ベースラインまたは別のベースラインに追加できます。その後に、前提条件と元の拡張機能ベースラインを含む 1 つまたは複数のベースラインを基準にしてホストを修正できます。