クラスタ全体に設定された目的の構成に対して、クラスタ内のホストごとにコンプライアンス チェックを実行できます。ホストが目的の構成に準拠していない場合は、ホストを非準拠にする設定についての詳細を確認できます。

[クラスタ構成のコンプライアンス チェック] タスクは、次のイベントで自動的に実行されます。
  • クラスタの目的の構成に変更を加えた場合。
  • クラスタにホストを追加した場合。

前提条件

  • vCenter Server がバージョン 8.0 以降であることを確認します。
  • ESXi がバージョン 8.0 以降であることを確認します。
  • Enterprise Plus ライセンスを持っていることを確認します。
  • コンプライアンス チェックに必要な権限があることを確認します。vSphere Configuration Profiles の使用に必要な権限を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、単一のイメージを使用して管理するクラスタに移動します。
  2. [構成]タブで、[目的の状態] > [構成] の順にクリックします。
  3. [コンプライアンス] タブで [コンプライアンスの確認] をクリックします。
    [クラスタ構成のコンプライアンス チェック] タスクが開始します。タスクが完了すると、すべての非準拠ホストのリストが [コンプライアンス] タブに表示されます。
  4. クラスタ内の各非準拠ホストのコンプライアンス結果を確認します。
    1. [コンプライアンス] タブの [ホスト] リストで、ホストを選択します。
      右側に情報パネルが表示されます。非準拠の原因となるホストの設定、およびそれぞれの目的の値および現在の値が表示されます。

次のタスク

すべての非準拠のホストが準拠するようにクラスタを修正します。