vSphere Configuration Profiles を使用すると、クラスタ内のすべてのホストの構成をまとめて管理できます。すべてのホストに適用する構成を、1 回の操作で設定できます。また、リファレンス ホストを使用し、その構成をクラスタ全体に適用する構成にすることもできます。vSphere Configuration Profiles を使用すると、ホスト構成の一貫性が確保されます。

vSphere Configuration Profiles は、宣言型モデルを使用して、クラスタ レベルでホスト構成を管理します。 vSphere Configuration Profiles を使用して、次のタスクを実行できます。
  • 目的のホスト構成をクラスタ レベルで設定します。構成は、人間が判読可能な、JSON スキーマがバッキングする JSON ファイルの形式で作成および管理されます。
  • クラスタの構成に対するホストのコンプライアンスを確認します。
  • クラスタ レベルで設定された構成に非準拠のホストが準拠するように、クラスタを修正します。
これらのすべてのタスクを実行するには、適切な権限が必要です。 vSphere Configuration Profiles の使用に必要な権限の完全なリストを表示するには、 vSphere Configuration Profiles の使用に必要な権限を参照してください。

vSphere Configuration Profiles を使用する一般的なワークフローをご覧ください。

vSphere Configuration Profiles は、単一のイメージを使用して管理しているクラスタでのみ有効にできます。ベースラインを使用して管理するクラスタでは、vSphere Configuration Profiles を使用できません。このようなクラスタで使用できるのは、vSphere ホスト プロファイルのみです。

vSphere Configuration Profiles の使用を開始するには、クラスタの作成時にこれを有効にするか、vSphere Configuration Profiles に移行します。ホスト プロファイルを使用している状態から、vSphere Configuration Profiles を有効にしてこれにいつでも切り替えることができます。変更は永続的です。つまり、vSphere Configuration Profiles の使用に切り替えた場合、この移行を取り消すことはできません。

クラスタの作成中に vSphere Configuration Profiles を有効にして、クラスタに目的のドキュメントを設定する方法については、クラスタ作成中の vSphere Configuration Profiles の有効化を参照してください。

ホスト プロファイルなどのレガシー構成管理ツールの使用から vSphere Configuration Profiles の使用への切り替え方法については、vSphere Configuration Profiles の使用への移行を参照してください。

構成スキーマと構成ドキュメントについて

クラスタ全体に適用する目的のホスト構成を設定および管理するには、それぞれのクラスタの構成ドキュメントを使用します。構成ドキュメントは JSON ファイルであり、これをローカル マシンにダウンロードして JSON エディタ ツールで編集します。有効な構成ドキュメントには、 profile セクションと、オプションの host-specific セクションと host-override セクションが含まれています。
  • profile セクションには、クラスタ内のすべてのホストに適用可能な共通の構成が含まれています。
  • host-specific セクションは、ホスト単位でのみ指定できる構成を表しています。
  • host-override セクションは、クラスタ内の特定のホストに対してオーバーライドされた構成を表しています。

構成ドキュメントは JSON スキーマによってバッキングされており、編集できません。構成スキーマは、完全な ESXi 構成を表す JSON ファイルです。このスキーマには、すべてのホスト プロパティのデフォルト値が含まれています。構成スキーマは、クラスタのイメージで定義されている目的のソフトウェア仕様から生成されます。構成スキーマは、クラスタのソフトウェア仕様を変更すると変わります。

vSphere Configuration Profiles を使用するためのシステム要件

  • vCenter Server 8.0
  • ESXi 8.0
  • Enterprise Plus ライセンス

vSphere Configuration Profiles を使用する場合の制限事項

  • vSphere Configuration Profiles を無効にすることはできません。
  • クラスタに vSphere Distributed Switch を使用している場合は、vSphere Configuration Profiles を使用できません。vSphere Configuration Profiles は、vSphere 標準スイッチを使用するクラスタでのみ機能します。
  • DPU でバッキングされたホストがあるクラスタでは、vSphere Configuration Profiles を有効にできません。
  • NSX もクラスタに対して有効になっている場合、vSphere Configuration Profiles を有効にすることはできません。