修正の事前チェックを実行して、目的の構成が有効で、クラスタの健全性が良好であることを確認します。事前チェックで問題が見つからない場合は、クラスタを正常に修正し、必要な構成をすべてのホストに適用できることを意味します。

修正の事前チェック中に、 vSphere Configuration Profiles は各ホストとクラスタ全体でさまざまな健全性チェックを実行します。修正の事前チェックでは、ホストに対する修正の影響も計算されます。

前提条件

  • vCenter Server がバージョン 8.0 以降であることを確認します。
  • ESXi がバージョン 8.0 以降であることを確認します。
  • Enterprise Plus ライセンスを持っていることを確認します。
  • 修正の事前チェック タスクを実行するために必要な権限があることを確認します。vSphere Configuration Profiles の使用に必要な権限を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、単一のイメージを使用して管理するクラスタに移動します。
  2. [構成]タブで、[目的の状態] > [構成] の順にクリックします。
  3. [コンプライアンス] タブで、[事前チェックの実行] をクリックします。
    [クラスタ構成の修正事前チェック] タスクが開始されます。
  4. (オプション) [操作の詳細] タブをクリックして、修正の事前チェック操作の詳細を表示します。
    [操作の詳細] タブには、修正操作または修正の事前チェック操作に関する概要や詳細情報が表示されます。これらの操作中の問題は、 [操作の詳細] タブにも表示されます。

次のタスク

修正の事前チェック中に報告されたすべての問題を修正し、クラスタを修正します。