実装されたサポート対象のグラフィックのグラフィック設定を編集できます。

vSphere では、複数のグラフィックの実装がサポートされます。
  • VMware では、AMD、Intel、および NVIDIA の 3D グラフィック ソリューションがサポートされます。
  • NVIDIA GRID のサポート。
  • 単一の NVIDIA vib で、vSGA と vGPU の両方の実装をサポートできるようにします。
  • vCenter Server に Intel と NVIDIA の GPU パフォーマンス チャートを提供します。
  • Horizon View VDI デスクトップのグラフィックを有効にします。
  • 最大 16 個の vGPU デバイスを持つ仮想マシンを作成できます。ESXi および vCenter で HWv21 が有効になっている必要があります。
ホストのグラフィックを設定し、仮想マシンごとに vGPU グラフィック設定をカスタマイズできます。
注: この章では、「メモリ」は物理 RAM を指します。

GPU 統計の表示

ホストのグラフィック カードの詳細情報を表示できます。

GPU の温度、使用率、およびメモリ使用量を確認できます。
注: これらの統計は、GPU ドライバがホストにインストールされている場合にのみ表示されます。

手順

  1. vSphere Clientで、ホストに移動します。
  2. [監視] > [パフォーマンス] の順にクリックします。
  3. [詳細] をクリックし、ドロップダウン メニューから [GPU] を選択します。

仮想マシンへの NVIDIA GRID vGPU の追加

ESXiホストに NVIDIA GRID GPU グラフィック デバイスが搭載されている場合は、NVIDIA GRID の仮想 GPU (vGPU) テクノロジーを使用するように仮想マシンを設定できます。

NVIDIA GRID GPU グラフィック デバイスは、複雑なグラフィック操作を最適化し、CPU に過大な負荷をかけずに高パフォーマンスで動作するように設計されています。

前提条件

  • NVIDIA GRID GPU グラフィック デバイスおよび適切なドライバがホストにインストールされていることを確認します。『vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。
  • 仮想マシンが ESXi 6.0 以降と互換性があることを確認します。

手順

  1. 仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [仮想ハードウェア] タブで、[新規デバイスを追加] を選択し、ドロップダウン メニューから [新しい PCI デバイス] を選択します。
  3. [新しい PCI デバイス] を展開し、仮想マシンに接続する NVIDIA GRID vGPU パススルー デバイスを選択します。
    注: 全面的なメモリ予約が自動的に適用されます。これは、PCI デバイスに必要です。
  4. GPU プロファイルを選択します。
    GPU プロファイルで、vGPU のタイプが指定されます。
  5. [OK] をクリックします。

結果

仮想マシンがデバイスにアクセスできるようになります。

ホスト グラフィックの設定

グラフィック オプションは、ホストごとにカスタマイズできます。

前提条件

仮想マシンの電源はオフにする必要があります。

手順

  1. ホストを選択し、[設定] > [ハードウェア] > [グラフィック] を選択します。
  2. [ホスト グラフィック][編集] を選択します。
  3. [ホスト グラフィック設定の編集] ウィンドウで、次を選択します。
    オプション 説明
    共有 VMware の共有仮想グラフィック
    直接共有 ベンダーの共有パススルー グラフィック
  4. 共有パススルー GPU の割り当てポリシーを選択します。
    1. 複数の GPU にわたって仮想マシンを分散 (ベスト パフォーマンス)
    2. GPU の上限まで仮想マシンをグループ化(GPU 統合)
  5. [OK] をクリックします。

次のタスク

[OK] をクリックした後は、ホストで Xorg を再起動する必要があります。

グラフィック デバイスの設定

ビデオ カードのグラフィックの種類を編集できます。

前提条件

仮想マシンの電源はオフにする必要があります。

手順

  1. [グラフィック デバイス] でグラフィック カードを選択し、[編集] をクリックします。
    1. VMware 共有仮想グラフィックには [共有] を選択します。
    2. ベンダーの共有パススルー グラフィックには [直接共有] を選択します。
  2. [OK] をクリックします。

結果

デバイスを選択すると、そのデバイスを使用しているアクティブな仮想マシンが表示されます。

次のタスク

[OK] をクリックした後は、ホストで Xorg を再起動する必要があります。

vGPU を使用する仮想マシンの移行

vGPU を使用する仮想マシンを移行できます。

vSphere 8.0 U2 以降では、DRS は vGPU を使用する仮想マシンを自動的に移行できます。DRS クラスタの詳細オプションが設定されていて、仮想マシン デバイスの推定サスペンド時間が仮想マシン デバイスの vMotion のサスペンド時間制限よりも短い場合、DRS は仮想マシンの移行を自動実行します。

この機能を有効にするには、インフラストラクチャが次の要件を満たしていることを確認します。

これらの要件が満たされている場合は、次のDRSクラスタ詳細オプションを追加します。

クラスタの詳細オプションのDRS
PassthroughDrsAutomation

1

LBMaxVmotionPerHost 1

サスペンド時間が「vMotion のサスペンド時間制限」(デフォルトは 100 秒)を超える vGPU 仮想マシンの場合、VI 管理者は次の DRS クラスタの詳細オプションを追加できます。

クラスタの詳細オプションのDRS
VmDevicesStunTimeTolerated <クラスタ内の仮想マシンの推定サスペンド時間より長い秒数>(デフォルトは 100 秒)

[仮想マシン設定] > [] > [[仮想マシン オプション] タブ] > [[詳細] セクション] の [vMotion のサスペンド時間制限] を変更することもできます。

以前のリリースの場合:

メンテナンス モードの退避については、KB88271(vGPU 仮想マシンによる DRS クラスタでのホスト メンテナンス モードの自動移行)を参照してください。

仮想マシンの配置に問題が生じた場合は、DRS 自動化を [一部自動化] に抑制します。詳細については、クラスタ設定の編集を参照してください。

vGPU を使用する仮想マシンを別のホストに手動で移行できます。詳細については、『 vCenter Serverおよびホスト管理 』ガイドの「 vMotion を使用した vGPU 仮想マシンの移行 」を参照してください。