ストレージ アダプタは、ESXi ホストに、特定のストレージ ユニットまたはネットワークに対する接続を提供します。ESXi は、SCSI、iSCSI、RAID、ファイバ チャネル、FCoE (Fibre Channel over Ethernet)、イーサネットなど、さまざまなクラスのアダプタをサポートしています。ESXi は、VMkernel のデバイス ドライバを介してアダプタに直接アクセスします。

使用しているストレージのタイプによっては、ホスト上でストレージ アダプタを有効にして構成しなければならない場合があります。

使用可能なストレージ アダプタの詳細を表示して、これらの情報を確認できます。

前提条件

特定のアダプタ(ソフトウェア iSCSI など)の情報を表示する前に、それらのアダプタを有効にする必要があります。アダプタを構成するには、iSCSI および iSER アダプタとストレージの構成を参照してください。

手順

  1. vSphere Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. [設定] タブをクリックします。
  3. [ストレージ] で、[ストレージ アダプタ] をクリックします。
  4. アイコンを使用して、ストレージ アダプタのタスクを実行します。

    特定のアイコンが使用できるかどうかは、ストレージの構成によって異なります。

    アイコン 説明
    ソフトウェア アダプタの追加 ストレージ アダプタを追加します。ソフトウェア iSCSI に適用されます。
    更新 ホスト上のストレージ アダプタ、トポロジ、およびファイル システムに関する情報を更新します。
    ストレージの再スキャン ホスト上のすべてのストレージ アダプタを再スキャンして、新しく追加されたストレージ デバイスや VMFS データストアを検出します。
    アダプタの再スキャン 選択したアダプタを再スキャンして、新しく追加されたストレージ デバイスを検出します。
  5. 特定のアダプタの詳細を表示するには、リストからアダプタを選択します。
  6. [アダプタの詳細情報] タブを使用すると、選択したアダプタの追加情報にアクセスしたり、プロパティを修正したりできます。
    タブ 説明
    [プロパティ] 全般的なアダプタのプロパティを確認します。通常、アダプタの名前およびモデルと、特定のストレージの標準に準拠した形式の一意の識別子が含まれます。一部のアダプタについては、このタブを使用して、追加のプロパティ(認証など)を設定します。
    [デバイス] アダプタがアクセスできるストレージ デバイスを表示します。タブを使用して、基本的なデバイス管理タスクを実行します。アダプタのストレージ デバイスの表示を参照してください。
    [パス] ストレージ デバイスにアクセスするためにアダプタが使用するすべてのパスを一覧表示および管理します。
    [ターゲット](ファイバ チャネルおよび iSCSI) アダプタを介してアクセスするターゲットを確認および管理します。
    [ネットワーク ポートのバインド](iSCSI のみ) ソフトウェアおよび依存型ハードウェアの iSCSI アダプタ用のポートのバインドを構成します。
    [詳細オプション](iSCSI のみ) iSCSI の詳細パラメータを設定します。