ESXi で iSCSI SAN を使用するためには、iSCSI 環境を設定する必要があります。適切に機能させるには、環境で特定の推奨事項に沿う必要があります。また、iSCSI SAN で ESXi を使用する場合は、いくつかの制限事項が適用されます。

iSCSI ストレージの推奨事項

  • ESXi ホストが、iSCSI SAN ストレージ ハードウェアとファームウェアをサポートしていることを確認します。最新のリストについては、『VMware 互換性ガイド』を参照してください。
  • 起動時にホストが LUN を認識するようにするために、すべての iSCSI ストレージ ターゲットを設定し、ホストがターゲットにアクセスして利用できるようにします。ホストを設定し、使用可能な iSCSI ターゲットをすべて検出できるようにします。
  • ディスクレス サーバを使用していない場合には、ローカル ストレージで診断パーティションを設定します。iSCSI SAN から起動するディスクレス サーバを使用する場合には、iSCSI による診断パーティションの詳細については、iSCSI SAN ブートに関する一般的な推奨事項を参照してください。
  • ゲスト OS の SCSI コントローラ ドライバを、十分に大きなキューに設定します。
  • Microsoft Windows を実行している仮想マシンで、SCSI TimeoutValue パラメータの値を増やします。このパラメータの設定によって、Windows 仮想マシンがパスのフェイルオーバーから生じる遅延した I/O を許容する度合いが向上します。詳細については、Windows ゲスト OS にタイムアウトを設定を参照してください。
  • 各 LUN に VMFS データストアが 1 つとなるよう、使用環境を設定します。

iSCSI ストレージの制限事項

  • ESXi は、iSCSI 接続されたテープ デバイスをサポートしません。
  • 仮想マシンのマルチパス ソフトウェアを使用して、単一物理 LUN の I/O ロード バランシングを実行することはできません。
  • 独立型ハードウェア アダプタをソフトウェアまたは依存型ハードウェア アダプタと組み合わせると、ESXi はマルチパスをサポートしません。

iSCSI ESXi 環境の設定

iSCSI 環境を準備するプロセスは次のとおりです。

手順 詳細
1. iSCSI ストレージの設定 詳細は、ストレージ ベンダーのドキュメントを参照してください。さらに、iSCSI ストレージのベスト プラクティスの推奨事項に従います。
2. iSCSI/iSER アダプタの構成 適切なワークフローに沿ってアダプタを設定します。
3. iSCSI ストレージでのデータストアの作成 データストアの作成

iSCSI ネットワーク

特定のタイプの iSCSI アダプタに対しては、VMkernel ネットワークを構成する必要があります。

vmkping ユーティリティを使用して、ネットワーク構成を確認できます。

独立型ハードウェア iSCSI アダプタでは、VMkernel ネットワークは必要ありません。独立型ハードウェア iSCSI アダプタでは、IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイなどのネットワーク パラメータを設定できます。

すべてのタイプの iSCSI アダプタで、IPv4 および IPv6 プロトコルがサポートされます。

iSCSI アダプタ(vmhba) 説明 VMkernel ネットワーク アダプタのネットワーク設定
独立型ハードウェア iSCSI アダプタ iSCSI およびネットワークの処理と管理をホストからオフロードするサードパーティのアダプタです。 必須ではない。

詳細については、ハードウェア iSCSI のネットワーク設定の編集を参照してください。

ソフトウェア iSCSI アダプタ 標準的な NIC を使用して、IP ネットワーク上のリモート iSCSI ターゲットにホストを接続します。 必須。

詳細については、iSCSI および iSER 用ネットワークの設定を参照してください。

該当なし
依存型ハードウェア iSCSI アダプタ VMware ネットワークおよび iSCSI 構成および管理インターフェイスに依存するサードパーティのアダプタ。 必須

詳細については、iSCSI および iSER 用ネットワークの設定を参照してください。

該当なし
VMware iSER アダプタ RDMA 対応のネットワーク アダプタを使用して、ホストをリモート iSCSI ターゲットに接続します。 必須

詳細については、iSCSI および iSER 用ネットワークの設定を参照してください。

該当なし

検出方法

すべてのタイプの iSCSI アダプタに対し、動的検出アドレスまたは静的検出アドレスを設定する必要があります。さらに、ストレージ システムのターゲット名を指定する必要があります。ソフトウェア iSCSI および依存型ハードウェア iSCSI の場合は、vmkping を使用してアドレスに ping を送信できます。

ESXi ホストでの iSCSI および iSER の動的または静的検出の設定を参照してください。

CHAP 認証

イニシエータおよびストレージ システム側で CHAP パラメータを有効にします。有効にした認証は、まだ検出されていないすべてのターゲットに適用されます。検出済みのターゲットには適用されません。

iSCSI または iSER ストレージ アダプタの CHAP パラメータの構成を参照してください。