タグ カテゴリと vSphere タグは作成、編集、および削除できます。また、vSphere タグを vCenter Server インベントリのオブジェクトに割り当てて、タグとカテゴリを操作するためのユーザー権限を管理することもできます。

タグとは、vSphere インベントリのオブジェクトに適用できるラベルです。タグを作成したら、そのタグをカテゴリに割り当てます。カテゴリを使用すると、関連するタグをまとめてグループ化できます。カテゴリを定義すると、そのタグのオブジェクト タイプや、カテゴリ内の複数のタグを 1 つのオブジェクトに適用できるようにするかどうかを指定することができます。

たとえば、ゲスト OS のタイプごとに仮想マシンをタグ付けする場合は、「operating system」というカテゴリを作成できます。そのカテゴリが仮想マシンのみに適用され、どんな場合でも 1 つのタグしか 1 つの仮想マシンに適用できないように指定できます。このカテゴリ内のタグは、WindowsLinuxMac OS などです。

タグおよびカテゴリは、複数の vCenter Server インスタンスにまたがって使用することができます。

  • 複数のオンプレミス vCenter Server インスタンスが、拡張リンク モードを使用するように構成されている場合は、それらのすべての vCenter Server インスタンスにわたって、タグおよびタグ カテゴリが複製されます。
  • ハイブリッド リンク モードを使用している場合は、リンクされたドメイン全体でタグおよびタグ カテゴリが維持されます。つまり、オンプレミス Software-Defined Data Center (SDDC) および VMware Cloud on AWS SDDC でタグとタグ属性が共有されます。

タグ カテゴリの作成と編集

カテゴリを使用してタグをグループ化し、オブジェクトへのタグの適用方法を定義します。vSphere Client からタグ カテゴリを作成および編集します。

ここで説明するように、タグ カテゴリを明示的に作成することも、タグ作成プロセスの一部としてタグ カテゴリを作成することもできます。各タグは、少なくとも 1 つのタグ カテゴリに属している必要があります。

前提条件

必要な権限は、実行するタスクによって異なります。
タスク 権限
タグ カテゴリの作成 任意の vCenter Server インベントリ オブジェクトに対する vSphere タグ付け.vSphere タグ カテゴリの作成
タグ カテゴリの編集 任意の vCenter Server インベントリ オブジェクトに対する vSphere タグ付け.vSphere タグ カテゴリの編集

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [タグ] タブ > [カテゴリ] の順に選択します。
  3. 実行するタスクを開始します。
    タスク 実行する手順
    タグ カテゴリの作成 [新規] をクリックします。
    タグ カテゴリの編集 カテゴリを選択し、[編集] をクリックします。
  4. カテゴリ設定を編集します。
    設定 説明
    カテゴリ名 カテゴリ名は、現在選択している vCenter Server システム内で一意である必要があります。
    説明 カテゴリの目的や用途を説明するテキストを入力できます。
    オブジェクトあたりのタグ数
    • [1 つのタグ] を選択した場合は、このカテゴリの 1 つのタグのみをオブジェクトに適用できます。

      このオプションは、タグが相互に排他的なカテゴリで使用します。たとえば、High、Medium、Low というタグがある Priority というカテゴリでは、各オブジェクトに 1 つの優先度のみ設定できるため、オブジェクトごとのタグの数は 1 つになります。

    • [複数のタグ] を選択した場合は、そのカテゴリの複数のタグをオブジェクトに適用できます。

      このオプションは、タグが相互に排他的でないカテゴリで使用します。

    オブジェクトあたりのタグ数を設定した後で、[1 つのタグ][複数のタグ] に変更することはできますが、[複数のタグ][1 つのタグ] に変更することはできません。

    関連付け可能なオブジェクト タイプ

    このカテゴリのタグをすべてのオブジェクトに割り当てるか、仮想マシンやデータストアなど、特定タイプのオブジェクトのみに割り当てるかを選択します。

    関連付け可能なオブジェクト タイプの変更は制限されます。
    • 最初に単一のオブジェクト タイプを選択した場合は、後で、すべてのオブジェクト タイプに対して機能するようにカテゴリを変更できます。
    • 最初にすべてのオブジェクトを選択した場合は、後でカテゴリを制限することはできません。
  5. [作成] または [保存] をクリックします。

タグ カテゴリの削除

vSphere 環境からカテゴリを削除します。

カテゴリを削除すると、そのカテゴリに関連付けられているすべてのタグも削除されます。

前提条件

必要な権限:vCenter Server インベントリ オブジェクトでのvSphere タグ付け.vSphere タグ カテゴリの削除

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [タグ] タブ > [カテゴリ] の順に選択します。
  3. カテゴリをリストから選択し、[削除] をクリックします。
    [カテゴリの削除] ダイアログが表示されます。
  4. 操作を確定するには、[削除] をクリックします。

結果

カテゴリと、関連付けられているすべてのタグが削除されます。

vSphere タグの作成と編集

タグを使用してメタデータをインベントリ オブジェクトに追加できます。インベントリ オブジェクトに関する情報をタグに記録し、そのタグを使用して検索することができます。

タグ カテゴリの作成および編集の詳細については、 タグ カテゴリの作成と編集を参照してください。

前提条件

必要な権限は、実行するタスクによって異なります。
タスク 権限
タグの作成 任意の vCenter Server インベントリ オブジェクトに対する vSphere タグ付け.vSphere タグの作成
タグの編集 任意の vCenter Server インベントリ オブジェクトに対する vSphere タグ付け.vSphere タグの編集

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [タグ] タブを選択して、[タグ] をクリックします。
  3. 実行するタスクを開始します。
    タスク 実行する手順
    タグの作成 [新規] をクリックします。
    タグの編集 タグを選択し、[編集] をクリックします。
  4. ダイアログ ボックスで、タグの名前を入力するか、編集します。
    タグの名前には最大 256 文字を使用できます。
  5. タグの説明を入力するか、編集します。
  6. タグを作成する場合は、タグ カテゴリを指定します。
    • [カテゴリ] ドロップダウン メニューから既存のカテゴリを選択します。
    • [新しいカテゴリの作成] をクリックして、新しく作成したカテゴリを選択します。
  7. [作成] または [保存] をクリックします。

vSphere タグの削除

vSphere Client では、不要になった既存の vSphere タグを削除できます。

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [タグ] タブを選択して、[タグ] をクリックします。
  3. リストから 1 つ以上のタグを選択し、[削除] をクリックします。
  4. 操作を確定するには、[削除] をクリックします。

結果

選択したタグが削除されます。

vSphere タグの割り当てまたは削除

vSphere タグを作成したら、これらのタグを vCenter Server インベントリ内のオブジェクトにメタデータとして適用するか、削除することができます。

前提条件

必要な権限:vCenter Server インベントリ オブジェクトでのvSphere タグ付け.vSphere タグの割り当てまたは割り当て解除

手順

  1. vSphere Client で、インベントリ ツリーに移動します。
  2. リストからオブジェクトを選択し、[アクション] をクリックします。
  3. ドロップダウン メニューで、[タグとカスタム属性] を選択します。
  4. 必要なアクションを選択します。
    • タグを割り当てるには、[タグの割り当て] を選択します。
    • タグを削除するには、[タグの削除] を選択します。
  5. リストからタグを選択し、[割り当て] をクリックします。
    [タグの割り当て] ダイアログ ボックスの [タグの追加] を使用して、新しいタグを作成することもできます。タグの作成の詳細については、 vSphere タグの作成と編集を参照してください。

vSphere タグおよびタグ カテゴリの権限の追加

タグおよびカテゴリを操作するためのユーザー権限を管理できます。タグに権限に割り当てる手順は、タグ カテゴリに権限を割り当てる手順と同じです。

タグを作成するときに、そのタグを操作できるユーザーおよびグループを指定できます。たとえば、管理者のみに管理権限を付与し、他のすべてのユーザーまたはグループに読み取り専用権限を設定できます。タグの権限を設定および管理するには、vSphere 管理者の認証情報が必要です。

タグの権限は、vCenter Server インベントリ オブジェクトの権限と同じように機能します。詳細については、『vSphere のセキュリティ』を参照してください。

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[タグとカスタム属性] をクリックします。
  2. [タグ] タブで、[タグ] または [カテゴリ] ボタンをクリックします。
    クリックしたボタンに応じて、タグのリストまたはタグ カテゴリのリストが表示されます。
  3. リストから項目を選択し、[権限の追加] をクリックします。
  4. [権限の追加] ダイアログ ボックスのドロップダウン メニューからドメインを選択します。
  5. 追加するユーザーまたはグループを検索します。
  6. ドロップダウン メニューから追加するロールを選択します。
  7. 権限の継承を可能にするには、[子へ伝達] チェック ボックスを選択します。
  8. [OK] をクリックします。

タグ付けのベスト プラクティス

誤ったタグ付けは、レプリケーション エラーの原因になる可能性があります。このようなエラーを回避するために、オブジェクトにタグを付ける際は、ベスト プラクティスに的確に従ってください。

複数のノードが存在する状況でタグを操作するときは、ノード間のレプリケーション遅延(セットアップに応じて、通常 30 秒から 2 分)が発生すると考えてください。次のベスト プラクティスに従い、レプリケーション エラーを回避します。

  • タグの作成後、そのタグを直ちにローカル オブジェクトに割り当てる場合は、タグを作成した管理ノードから割り当てます。

  • タグの作成後、そのタグを直ちにリモート オブジェクトに割り当てる場合は、そのオブジェクトがローカルとして存在する管理ノードから割り当てる必要があります。環境のセットアップに応じて、タグを使用する前に、新しいタグを伝達するためのレプリケーション時間を許容します。

  • ノード全体のカテゴリおよびタグがレプリケーション プロセスを終了するには、さまざまな管理ノードからカテゴリとタグが同時に作成されないようにします。さまざまなノードから重複カテゴリまたはタグが同時に作成されると、重複が発生しますが、検出されない可能性があります。このような結果が表示されたら、1 つの管理ノードから重複を手動で削除します。

タグ付けのパフォーマンスを上げるベスト プラクティスについては、https://blogs.vmware.com/performance にある「vSphere 7.0 U1 Tagging Performance Best Practices」というブログ記事を参照してください。