Storage vMotion を使用すると、仮想マシンを実行したまま、仮想マシンとそのディスク ファイルをデータストア間で移行できます。Storage vMotion を使用すれば、仮想マシンをアレイから切り離してメンテナンスやアップグレードを行うことができます。また、ディスクのパフォーマンスを最適化したり、ディスク タイプを変換して再要求領域として使用したりして、柔軟に使用できます。

仮想マシンとそのすべてのディスクを 1 つの場所に配置することも、仮想マシン構成ファイルと各仮想ディスクを別の場所に配置することもできます。Storage vMotion での移行中、仮想マシンの実行ホストは変更されません。

Storage vMotion での移行中、ディスク プロビジョニング タイプを変更できます。

Storage vMotion で移行を行うと、仮想マシンのインベントリ名と一致するように、ターゲット データストアの仮想マシン ファイルが変更されます。移行により、すべての仮想ディスク、構成、スナップショット、および .nvram ファイルの名前が変更されます。新しい名前がファイル名の最大長を超える場合、移行は成功しません。

Storage vMotion には、次に示す使用例のように、仮想インフラストラクチャを管理するための用途がいくつかあります。

  • ストレージのメンテナンスと再構成。Storage vMotion を使用すると、仮想マシンをストレージ デバイスの外に移動できるので、仮想マシンのダウンタイムを発生させずに、ストレージ デバイスを保守または再構成できます。
  • ストレージ負荷の再配分。Storage vMotion を使用すると、仮想マシンまたは仮想ディスクを別のストレージ ボリュームに再配分し、キャパシティのバランスの調節や、パフォーマンスの向上を図ることができます。

Storage vMotion の要件および制限事項

仮想マシン ディスクを Storage vMotion で移行するには、仮想マシンとそのホストがリソース要件および構成要件を満たしている必要があります。

Storage vMotion には、次の要件および制限事項があります。

  • 仮想マシン ディスクが通常モードになっているか、Raw デバイス マッピング(RDM)を使用しています。仮想互換モードの Raw デバイス マッピングでは、移行先が NFS データストアでない場合、移行中にマッピング ファイルの移行や、シック プロビジョニング ディスクまたはシン プロビジョニング ディスクへの変換ができます。マッピング ファイルを変換する場合、新しい仮想ディスクが作成され、マップされた LUN の情報がこのディスクにコピーされます。物理互換モードの Raw デバイス マッピング では、マッピング ファイルのみ移行できます。
  • VMware Tools のインストール中に仮想マシンを移行する操作はサポートされません。
  • VMFS3 データストアは大容量の仮想ディスクをサポートしていないため、2TB を超える仮想ディスクを VMFS5 データストアから VMFS3 データストアに移動することはできません。
  • 仮想マシンを実行しているホストには、Storage vMotion を含むライセンスが必要です。
  • ESXi 4.0 以降のホストでは、vMotion の設定なしで、Storage vMotion による移行を実行できます。
  • 仮想マシンを実行しているホストが、ソースとターゲットの両方のデータストアにアクセスできます。
  • vMotion および Storage vMotion による同時移行数の制限については、同時移行の制限を参照してください。

新しいストレージへの仮想マシンの移行

Storage vMotion による移行を使用し、仮想マシンがパワーオン状態になっている間に、仮想マシンとその仮想ディスクの構成ファイルを再配置します。

仮想マシンのホストは、Storage vMotion での移行中変更することができます。

前提条件

  • システムが Storage vMotion の要件を満たしていることを確認します。Storage vMotion の要件および制限事項を参照してください。

  • NVIDIA vGPU を使用して仮想マシンを移行する場合は、仮想マシンが実行されている ESXi ホストに空き vGPU スロットがあることを確認します(ホストのバージョンが 7.0 Update 2 以前の場合)。vSphere 7.0 Update 3 以降では、ソース ホストに空き vGPU スロットは必要ありません。
  • vgpu.hotmigrate.enabled の詳細設定が true に設定されていることを確認します。vCenter Server の詳細設定の構成方法については、『vCenter Server の構成』ドキュメントの「詳細設定の構成」を参照してください。
  • 必要な権限: リソース.パワーオン状態の仮想マシンの移行

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして [移行] を選択します。
    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. [仮想マシン] タブをクリックします。
  2. [ストレージのみ変更します] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. 仮想マシンのディスクのフォーマットを選択します。
    オプション 操作
    ソースと同じフォーマット ソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。
    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) 仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているすべてのデータは作成時には消去されません。代わりに、仮想マシンからの最初の書き込み時に、オンデマンドでゼロアウトされます。
    シック プロビジョニング (Eager Zeroed) Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べて、このフォーマットでのディスクの作成には時間がかかることがあります。
    シン プロビジョニング シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする容量のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になるときには、それに割り当てられている最大容量まで拡張できます。
  4. 仮想マシン ストレージ ポリシーを [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから選択します。

    ストレージ ポリシーは、仮想マシン上で実行されるアプリケーションに対するストレージ要件を指定します。vSAN または Virtual Volumes データストアのデフォルト ポリシーを選択することもできます。

    重要:

    仮想マシン ハード ディスクで別のストレージ ポリシーが使用されている場合、ユーザーが選択した新しいポリシーは、非 PMEM ハード ディスクにのみ適用されます。PMEM ハード ディスクは、移行先のホストのローカル PMEM データストアに移行されます。

  5. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    操作

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存

    データストアを選択して、[次へ] をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じ Storage DRS クラスタに保存

    1. Storage DRS クラスタを選択します。

    2. (オプション)

      この仮想マシンで Storage DRS を無効にする場合は、[この仮想マシンに対して Storage DRS を無効にする] を選択し、Storage DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    3. [次へ] をクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存

    1. [詳細] をクリックします。

      注:

      [詳細] オプションを使用して、PMEM ストレージからのダウングレードや PMEM ストレージへのアップグレードを行うことができます。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスク用に、[参照] を選択し、データストアまたは Storage DRS クラスタを選択します。

      注:

      設定ファイルは PMEM データストアに格納できません。

    3. (オプション)

      Storage DRS クラスタを選択しているが、この仮想マシンでは Storage DRS を使用しない場合は、[この仮想マシンに対して Storage DRS を無効にする] を選択し、Storage DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    4. [次へ] をクリックします。

  6. [設定の確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。

結果

vCenter Server が、仮想マシンを新しいストレージの場所に移動します。ターゲット データストア上の移行された仮想マシン ファイルの名前は、仮想マシンのインベントリ名と一致します。

[イベント] タブには、イベント メッセージが表示されます。[サマリ] タブには、移行全体を通してステータスと状況を示すデータが表示されます。移行中にエラーが発生した場合、仮想マシンは元の状態および場所に戻されます。

新しいコンピューティング リソースおよびストレージへの仮想マシンの移行

仮想マシンを別のコンピューティング リソースに移動し、そのディスクまたは仮想マシン フォルダを別のデータストアに移動できます。vMotion を使用すると、仮想マシンがパワーオンの状態で仮想マシンとそのディスクおよびファイルを移行することができます。

新しいコンピューティング リソースおよびデータストアへの同時移行では、vCenter Server の境界がなくなり、仮想マシンのモビリティが向上します。仮想マシンのディスクまたは仮想マシン フォルダの内容は、vMotion ネットワークを介して転送され、ターゲット ホストとデータストアまで到達します。

ディスク フォーマットを変更しそれらを保存するには、仮想マシンのファイルおよびディスクに異なるデータストアを選択する必要があります。仮想マシンが現在存在しているデータストアと同じデータストアを選択すると、ディスク フォーマットの変更を保存できません。

前提条件

  • ホストと仮想マシンが、ライブ移行の要件を満たしていることを確認します。共有ストレージを使用しない場合の vMotion の要件および制限事項を参照してください。

  • 複数の vCenter Server インスタンスにまたがる移行の場合、システムが追加要件を満たしているかどうかを確認します。vCenter Server インスタンス間の vMotion の要件を参照してください。

  • NVIDIA vGPU を使用して仮想マシンを移行する場合は、ターゲットの ESXi ホストに空き vGPU スロットがあることを確認します。また、vgpu.hotmigrate.enabled の詳細設定が true に設定されていることを確認します。vCenter Server の詳細設定の方法については、『vCenter Server の構成』の「詳細設定の構成」を参照してください。

  • 必要な権限: リソース.パワーオン状態の仮想マシンの移行

手順

  1. 仮想マシンを右クリックして [移行] を選択します。
    1. 仮想マシンを見つけるには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホスト、または vApp を選択します。
    2. [仮想マシン] タブをクリックします。
  2. [コンピューティング リソースとストレージの両方を変更します] を選択し、[次へ] をクリックします。
  3. 仮想マシンのターゲット リソースを選択し、[次へ] をクリックします。

    互換性の問題がある場合は、[互換性] パネルに表示されます。問題を修正するか、別のホストまたはクラスタを選択してください。

    ターゲットとして選択できるのは、ホスト、および完全に自動化されている DRS クラスタです。ターゲットが自動化されていないクラスタの場合は、自動化されていないクラスタ内のホストを選択します。

    環境に複数の vCenter Server インスタンスが存在する場合、vCenter Server インベントリ間で仮想マシンを移動できます。

    重要:

    移行する仮想マシンに NVDIMM デバイスが装備されていて、PMEM ストレージが使用されている場合は、ターゲット ホストまたはクラスタに使用可能な PMEM リソースがなければなりません。リソースがないと、互換性チェックが失敗し、移行処理を続行できません。

    移行する仮想マシンに NVDIMM デバイスが装備されていないにもかかわらず、PMEM ストレージが使用されている場合は、使用可能な PMEM リソースのあるホストまたはクラスタを選択して、すべての PMEM ハード ディスクが PMEM データストアに格納されるようにする必要があります。それ以外の場合は、すべてのハード ディスクで、仮想マシンの構成ファイルで選択されたストレージ ポリシーとデータストアが使用されます。

    重要:

    NVDIMM デバイスまたは vPMem ディスクが装備されている仮想マシンを、適切なライセンスが付与されていないホストに移行すると、失敗し、仮想マシンが 90 秒間管理不能状態になります。その後、移行を再試行し、PMEM デバイスを使用するためのライセンスが付与されているターゲット ホストを選択します。

  4. 仮想マシンのディスクのフォーマットを選択します。
    オプション 操作
    ソースと同じフォーマット ソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。
    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) 仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているすべてのデータは作成時には消去されません。代わりに、仮想マシンからの最初の書き込み時に、オンデマンドでゼロアウトされます。
    シック プロビジョニング (Eager Zeroed) Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック ディスクを作成します。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。シック プロビジョニング (Lazy Zeroed) フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べて、このフォーマットでのディスクの作成には時間がかかることがあります。
    シン プロビジョニング シン プロビジョニング フォーマットを使用します。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする容量のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になるときには、それに割り当てられている最大容量まで拡張できます。
  5. 仮想マシン ストレージ ポリシーを [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから選択します。

    ストレージ ポリシーは、仮想マシン上で実行されるアプリケーションに対するストレージ要件を指定します。vSAN または Virtual Volumes データストアのデフォルト ポリシーを選択することもできます。

    重要:

    仮想マシン ハード ディスクで別のストレージ ポリシーが使用されている場合、ユーザーが選択した新しいポリシーは、非 PMEM ハード ディスクにのみ適用されます。PMEM ハード ディスクは、移行先のホストのローカル PMEM データストアに移行されます。

  6. 仮想マシン ファイルを保存するデータストアの場所を選択します。

    オプション

    操作

    すべての仮想マシン ファイルをデータストア上の同じ場所に保存

    データストアを選択して、[次へ] をクリックします。

    すべての仮想マシン ファイルを同じ Storage DRS クラスタに保存

    1. Storage DRS クラスタを選択します。

    2. (オプション)

      この仮想マシンで Storage DRS を無効にする場合は、[この仮想マシンに対して Storage DRS を無効にする] を選択し、Storage DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    3. [次へ] をクリックします。

    仮想マシン構成ファイルとディスクを別々の場所に保存

    1. [詳細] をクリックします。

      注:

      [詳細] オプションを使用して、PMEM ストレージからのダウングレードや PMEM ストレージへのアップグレードを行うことができます。

    2. 仮想マシン構成ファイルおよび各仮想ディスク用に、[参照] を選択し、データストアまたは Storage DRS クラスタを選択します。

      注:

      設定ファイルは PMEM データストアに格納できません。

    3. (オプション)

      Storage DRS クラスタを選択しているが、この仮想マシンでは Storage DRS を使用しない場合は、[この仮想マシンに対して Storage DRS を無効にする] を選択し、Storage DRS クラスタ内のデータストアを選択します。

    4. [次へ] をクリックします。

  7. 有効なソース ネットワークに接続されているすべての仮想マシンのネットワーク アダプタのターゲット ネットワークを選択し、[次へ] をクリックします。

    [詳細] をクリックすると、有効なソース ネットワークに接続されている各仮想マシンのネットワーク アダプタの新しいターゲット ネットワークを選択できます。

    仮想マシン ネットワークを、同じまたは異なるデータセンターまたは vCenter Server の、別の Distributed Switch に移行できます。

  8. 移行の優先順位レベルを選択し、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    vMotion を高優先度でスケジューリング

    vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で、すべての vMotion による同時移行で共有されるリソースを予約しようとします。vCenter Server はホストにより多くの CPU リソースを割り当てます。十分な CPU リソースをすぐに利用できない場合、vMotion は開始されません。

    通常の vMotion スケジュール設定

    vCenter Server はソース ホストおよびターゲット ホストの両方で、すべての vMotion による同時移行で共有されるリソースを予約します。vCenter Server はホスト CPU により少ないリソースを割り当てます。CPU リソースが不足している場合、vMotion の期間を延長できます。

  9. [設定の確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。

結果

vCenter Server が、新しいホストまたはストレージに仮想マシンを移動します。

[イベント] タブには、イベント メッセージが表示されます。[サマリ] タブには、移行全体を通してステータスと状況を示すデータが表示されます。移行中にエラーが発生した場合、仮想マシンは元の状態および場所に戻されます。