vCenter Server アプライアンスをデプロイして、vSphere 環境を管理することができます。

vCenter Server アプライアンスは ESXi ホスト 6.7 以降、または vCenter Server インスタンス 6.7 以降のインベントリに含まれる ESXi ホストまたは DRS クラスタにデプロイできます。

vCenter Server アプライアンス 8.0 に含まれるソフトウェアについては、vCenter Serverアプライアンスの概要を参照してください。

vCenter Server アプライアンスをデプロイするためのソフトウェアおよびハードウェアの要件については、vCenter Server アプライアンスのシステム要件を参照してください。

vCenter Server インストーラには、GUI と CLI の両方のデプロイ用の実行可能ファイルが含まれています。
  • GUI を使用したデプロイ プロセスは 2 つのステージで構成されます。最初のステージでは、デプロイ ウィザードを使用してアプライアンスの OVA ファイルをターゲットの ESXi ホストまたは vCenter Server インスタンスにデプロイします。OVA のデプロイが完了すると第 2 ステージに進み、新しくデプロイされたアプライアンスのサービスの設定と起動を行います。
  • CLI を使用する場合は、事前に用意した JSON ファイルに対して CLI コマンドを実行します。CLI 用インストーラにより、JSON ファイル内の設定パラメータと値が解析され、アプライアンスの設定とデプロイを自動的に行う OVF Tool コマンドが生成されます。CLI 展開では、ステージ 1 とステージ 2 の両方が自動的に実行され、ユーザーによる操作は必要ありません。

vCenter Server アプライアンスには、以下のデフォルトのユーザー名があります。

ユーザー名 説明
root アプライアンスのオペレーティング システムと vCenter Server 管理インターフェイスにログインする際には、このユーザー名を使用します。

パスワードの設定は仮想アプライアンスのデプロイ時に行います。

administrator@your_domain_name vCenter Single Sign-On ログインには、このユーザー名を使用します。

パスワードの設定は vCenter Single Sign-On ドメインの作成時に行います。vCenter Single Sign-On ドメインの作成は、vCenter Server アプライアンスを新しい vCenter Single Sign-On ドメインにデプロイする際に行います。

vCenter Single Sign-On ドメインを作成した後は、administrator@your_domain_name ユーザー アカウントのみに vCenter Single Sign-On および vCenter Server にログインするために必要な権限が付与されます。

administrator@your_domain_name ユーザーは、次の手順を実行できます。

  • 追加のユーザーおよびグループが定義された ID ソースを vCenter Single Sign-On に追加します。
  • ユーザーおよびグループに権限を割り当てます。

ID ソースの追加、およびユーザーとグループへの権限の付与の詳細については、vSphere の認証を参照してください。

vCenter Server アプライアンスのアップグレードとパッチ適用については、vSphere のアップグレードを参照してください。

vCenter Server の構成の詳細については、『vCenter Server の構成』を参照してください。

IPv6 アドレス バージョンを使用するように vCenter Server を設定する場合は、アプライアンスの完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用してください。IPv4 アドレスを設定する場合、DHCP による割り当てでは IP アドレスが変更される可能性があるため、アプライアンスの FQDN またはホスト名を使用することをお勧めします。