他の vCenter Server インスタンスのユーザーとローカル ライブラリのコンテンツを共有するには、ライブラリの公開を有効にします。公開が有効な場合、他のユーザーは公開ライブラリにサブスクライブして、そのコンテンツを使用できます。管理者は、ライブラリのサブスクリプションを作成して、コンテンツの配布を管理することもできます。

公開者ライブラリは、サブスクリプションを伴うローカル ライブラリです。

注: 公開が有効でないローカル ライブラリにサブスクリプションを作成することはできません。また、サブスクリプションがすでにあるライブラリに対して公開を無効にすることはできません。ローカル ライブラリに対して公開を無効にするには、最初に、そのサブスクリプションをすべてを削除する必要があります。

公開者ライブラリからコンテンツを公開するときに、名前の競合や障害を回避するために、公開者とサブスクライバのライブラリには、専用の一意フォルダが必要です。

ローカル ライブラリ

ローカル ライブラリは、単一の vCenter Server インスタンスにあるアイテムを保存および管理するために使用します。ライブラリの公開を有効にすると、他の vCenter Server インスタンスのユーザーは、ライブラリにサブスクライブし、ライブラリ アイテムにアクセスできます。この場合、公開ライブラリと購読済みライブラリ間でのコンテンツの同期を開始および制御できるのはサブスクライバのみです。

公開が有効な場合は、ローカル ライブラリへのサブスクリプションも作成できます。サブスクリプションを作成すると、新しい購読済みライブラリを作成したり、公開者ライブラリを既存のサブスクライバにリンクできます。通常の購読済みライブラリとは異なり、サブスクリプションにより、ローカル ライブラリの管理者は、コンテンツ ライブラリ アイテムの配布を制御できます。

サブスクリプションの使用

ローカル ライブラリのサブスクリプションを作成すると、購読済みライブラリになります。公開者ライブラリは、ライブラリのサブスクリプションを把握しています。サブスクリプションにより、公開者ライブラリの管理者は、コンテンツの配布を制御できます。サブスクリプションを使用すると、サブスクライバが同期を開始したとき、またはローカル ライブラリの管理者が 1 つ以上の既存のサブスクリプションにライブラリ アイテムを公開したときに、コンテンツが配布されます。

サブスクリプションを使用する際は、サブスクライバと共有するライブラリ コンテンツの量を決定できます。たとえば、一部またはすべてのライブラリ アイテムを公開できます。コンテンツの公開も、選択したサブスクライバ、またはすべてのサブスクライバに対して行えます。

サブスクリプションの使用では、次のシナリオで、公開者とサブスクライバ間でのコンテンツの配布が可能です。
  • 公開者とサブスクライバが同じ vCenter Server インスタンスにある。
  • 公開者とサブスクライバが、拡張リンク モードの vCenter Server インスタンスにある。
  • 公開者とサブスクライバが、ハイブリッド リンク モードの vCenter Server インスタンスにある。ハイブリッド リンク モードの詳細については、VMware Cloud on AWS のドキュメントを参照してください。
    注: コンテンツの公開は、オンプレミスの公開者からクラウド サブスクライバに対してのみ可能で、逆は行えません。

コンテンツ配布の制限

公開者ライブラリがそのサブスクライバにコンテンツを公開するとき、またはサブスクライバが対応する購読済みライブラリのコンテンツを公開ライブラリと同期するときに、コンテンツは配布されます。公開と同期は、単一のコンテンツ ライブラリ アイテムに対して行うことも、ライブラリ全体に対して行うこともできます。公開済みライブラリと購読済みライブラリ間のコンテンツ配布には次の制限があります。
  • 公開できるのは仮想マシン テンプレートのみです。仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートの両方を含むライブラリ全体を公開する場合は、仮想マシン テンプレートのみがサブスクライバにレプリケートされます。OVF テンプレートおよびその他のタイプのファイルを同期するには、サブスクライバが同期を開始する必要があります。
  • 同期できるのは OVF テンプレートのみです。サブスクライバが、仮想マシン テンプレートと OVF テンプレートの両方を含む公開ライブラリとの同期を開始すると、購読済みライブラリでは OVF テンプレートのみが同期されます。仮想マシン テンプレートは、公開者ライブラリがサブスクライバにそれらを公開するときに同期されます。

ローカル ライブラリ用のサブスクリプションの作成

サブスクリプションを使用すると、ライブラリ アイテムをサブスクライバにいつでも公開できます。サブスクライバへのテンプレートの配布を制御するには、公開者ライブラリ用のサブスクリプションを作成します。

サブスクリプションを作成する際は、既存の購読済みライブラリに公開者ライブラリを関連付けるか、新しい購読済みライブラリを作成します。新しい購読済みライブラリのサブスクリプションを作成すると、自動同期がトリガーされます。既存のライブラリのサブスクリプションを作成しても、自動同期はトリガーされません。既存のライブラリのサブスクリプションを作成する場合の同期は、アイテムまたはライブラリ全体を公開するときに実行されます。

新しい購読済みライブラリのサブスクリプションを作成し、必要なときにのみライブラリ コンテンツをダウンロードするオプションを選択すると、関連付けられているストレージに、公開者ライブラリ コンテンツのメタデータのみがダウンロードされます。サブスクライバがライブラリ アイテムを使用する場合は、そのサブスクライバにアイテムを公開するか、ローカル ストレージにコンテンツをダウンロードするアイテムをサブスクライバ自身が同期します。ライブラリ全体またはライブラリ アイテムの同期の詳細については、購読済みライブラリのコンテンツの同期を参照してください。

前提条件

  • ライブラリの公開が有効であることを確認します。
  • 必要な権限:サブスクリプションを作成するコンテンツ ライブラリでの コンテンツ ライブラリ.公開ライブラリのサブスクリプションを作成

手順

  1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に選択します。
  2. ローカル ライブラリを右クリックし、[新しいサブスクリプション] を選択します。
    [サブスクリプションの作成] ウィザードが開始されます。
  3. タスクを選択します。
    タスク 手順
    新しい購読済みライブラリの新しいサブスクリプションの作成
    1. [サブスクリプション タイプの選択] 画面で、[新しいサブスクライバ ライブラリの新しいサブスクリプションの作成] ラジオ ボタンを選択し、[次へ] をクリックします。
    2. [サブスクリプションの設定] 画面でサブスクリプションを設定し、[次へ] をクリックします。
      • vCenter Server インスタンスを選択して、購読済みライブラリを作成します。
      • 新しい購読済みライブラリの名前と説明を入力します。
      • 新しい購読済みライブラリのダウンロード方法を選択します。
    3. [フォルダの選択] 画面で、ライブラリ コンテンツの場所を選択し、[次へ] をクリックします。
    4. [コンピューティング リソースの選択] 画面で、購読済みライブラリのコンピューティング リソースを選択し、[次へ] をクリックします。
    5. [ストレージの選択] 画面で、購読済みライブラリ アイテムのストレージ場所を選択し、[次へ] をクリックします。
    6. [ネットワークの選択] 画面で、購読済みライブラリ アイテムを同期するためのネットワークを選択し、[次へ] をクリックします。
    7. [確認] 画面で構成を確認し、[終了] をクリックします。
    既存の購読済みライブラリの新しいサブスクリプションの作成
    1. [サブスクリプション タイプの選択] 画面で、[既存のサブスクライバ ライブラリの新しいサブスクリプションの作成] ラジオ ボタンを選択し、[次へ] をクリックします。
    2. [サブスクリプションの設定] 画面でサブスクリプションを設定し、[次へ] をクリックします。
      1. [vCenter Server] ドロップダウン メニューで、サブスクリプションを作成する vCenter Server インスタンスを選択します。

        公開者にサブスクライブされ、選択した vCenter Server インスタンスに含まれるすべてのライブラリのリストが表示されます。

      2. リストから既存の購読済みライブラリを選択します。
    3. [フォルダの選択] 画面で、サブスクリプションの場所を選択し、[次へ] をクリックします。
    4. [コンピューティング リソースの選択] 画面で、サブスクライバ ライブラリのコンピューティング リソースを選択します。
    5. [ストレージの選択] 画面で、サブスクライバのコンテンツを格納する場所を選択して、[次へ] をクリックします。
    6. [ネットワークの選択] 画面で、購読済みライブラリ アイテムの同期に使用するネットワークを選択し、[次へ] をクリックします。
    7. [確認] 画面で構成を確認し、[終了] をクリックします。

結果

新しいサブスクリプションが作成されます。ローカル ライブラリの [サブスクリプション] タブでは、そのライブラリについての既存のすべてのサブスクリプションのリストを表示できます。

サブスクリプションの削除

公開ライブラリのコンテンツをサブスクライバと共有する必要がなくなった場合は、サブスクリプションを削除します。対応する購読済みライブラリが削除された場合も、サブスクリプションを削除できます。

削除された購読済みライブラリのサブスクリプションを削除せずに、サブスクライバにコンテンツを公開すると、タスクはエラーを発行します。エラーを回避するため、削除された購読済みライブラリにリンクしているサブスクリプションは常に削除してください。

削除は、サブスクリプションを変更する必要がある場合に便利なオプションです。編集は現在サポートされていないため、変更するサブスクリプションを削除して新規作成することが唯一の方法です。

サブスクリプションを削除しても、対応する購読済みライブラリとそのコンテンツは削除されません。サブスクリプションの削除は、サブスクライバにテンプレートを公開できなくなることを意味します。サブスクライバは、OVF テンプレートの同期を引き続き開始できます(該当する場合)。サブスクライバが、以前同期されたコンテンツを引き続き使用することも可能です。

前提条件

必要な権限:ライブラリの コンテンツ ライブラリ.公開ライブラリのサブスクリプションを削除

手順

  1. [コンテンツ ライブラリ] リストに移動します。
  2. ローカル ライブラリを、名前をクリックして開きます。
  3. [サブスクリプション] タブで、リストから 1 つ以上のサブスクライバ ライブラリを選択します。
  4. [サブスクリプションの削除] ボタンをクリックして、選択したサブスクライバ ライブラリを削除します。

結果

サブスクリプションが削除されます。対応する購読済みライブラリのコンテンツを同期するための公開機能は使用できません。