スーパーバイザー に割り当てられたストレージ ポリシーに基づいて、制御プレーンの仮想マシン、vSphere ポッド の短期ディスク、コンテナ イメージ キャッシュなどのオブジェクトが vSphere ストレージ環境のデータストア内に配置されます。vSphere 管理者は、通常、スーパーバイザー を有効にするときにストレージ ポリシーを設定します。最初の スーパーバイザー の設定後にストレージ ポリシーの割り当てを変更する必要がある場合は、このタスクを実行します。このタスクを使用して、ReadWriteMany パーシステント ボリュームのファイル ボリューム サポートを有効または無効にすることもできます。

ストレージ設定に加えた変更は、新しいオブジェクトにのみ適用されます。

前提条件

ReadWriteMany モードのパーシステント ボリュームでファイル ボリューム サポートを有効にする場合は、『 vSphere with Tanzu のサービスとワークロード』ドキュメントの vSphere with Tanzu での ReadWriteMany パーシステント ボリュームの作成に記載されている前提条件に従ってください。

手順

  1. vSphere Client で、[ワークロード管理] に移動します。
  2. [スーパーバイザー] タブをクリックし、編集する スーパーバイザー をリストから選択します。
  3. [構成] タブをクリックし、[ストレージ] をクリックします。
    図 1. スーパーバイザー ストレージ設定の更新

    スーパーバイザー ストレージ設定の更新
  4. 制御プレーン仮想マシンに対するストレージ ポリシーの割り当てを変更します。
    vSphere ポッド がサポートされている環境では、短期仮想ディスクおよびコンテナ イメージ キャッシュのストレージ ポリシーを変更することもできます。
    オプション 説明
    制御プレーン ノード 制御プレーン仮想マシンを配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
    ポッドの短期ディスク vSphere ポッド を配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
    コンテナ イメージ キャッシュ コンテナ イメージのキャッシュを配置するためのストレージ ポリシーを選択します。
  5. ReadWriteMany パーシステント ボリュームをデプロイするために、ファイル ボリューム サポートを有効にします。
    このオプションは、環境に vSAN ファイル サービスが構成されている場合にのみ使用できます。