NSX Advanced Load Balancer Controller 仮想マシンを、vSphere with Tanzu 環境内の管理ネットワークにデプロイします。

前提条件

手順

  1. vSphere Client を使用して、vCenter Server にログインします。
  2. 管理コンポーネント用に指定されている vSphere クラスタを選択します。
  3. AVI-LB という名前のリソース プールを作成します。
  4. リソース プールを右クリックして、[OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
  5. [ローカル ファイル] を選択し [ファイルのアップロード] をクリックします。
  6. 前提条件としてダウンロードした controller-VERSION.ova ファイルを参照して選択します。
  7. 名前を入力し、コントローラのフォルダを選択します。
    オプション 説明
    仮想マシン名 avi-controller-1
    仮想マシンの場所 [Datacenter]
  8. コンピューティング リソースとして AVI-LB リソース プール選択します。
  9. 構成の詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  10. [仮想マシン ストレージ ポリシー] を選択します(vsanDatastore など)。
  11. network-1 などの管理ネットワーク選択します。
  12. 次のように構成をカスタマイズして、完了したら [次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    管理インターフェイスの IP アドレス コントローラ仮想マシンの IP アドレスを入力します(10.199.17.51 など)。
    管理インターフェイスのサブネット マスク サブネット マスクを入力します(255.255.255.0 など)。
    デフォルト ゲートウェイ 管理ネットワークのデフォルト ゲートウェイを入力します(10.199.17.235 など)。
    sysadmin ログイン認証キー 必要に応じて、パブリック キーの内容を貼り付けます。キーは空白のままにしておくこともできます。
    Avi Contoller のホスト名 コントローラの FQDN または IP アドレスを入力します。
  13. 展開設定を確認します。
  14. [完了] をクリックして構成を完了します。
  15. vSphere Client を使用して、[タスク] パネルでコントローラ仮想マシンのプロビジョニングを監視します。
  16. コントローラ仮想マシンがデプロイされたら、vSphere Client を使用してパワーオンします。

コントローラ クラスタのデプロイ

必要に応じて、3 台のコントローラ ノードからなるクラスタをデプロイできます。HA およびディザスタ リカバリ用に、本番環境内にクラスタを構成することを推奨します。単一ノードの NSX Advanced Load Balancer コントローラを実行している場合は、バックアップとリストア機能を使用する必要があります。

3 ノード クラスタを実行するには、最初のコントローラ仮想マシンをデプロイした後、さらに 2 台のコントローラ仮想マシンをデプロイしてパワーオンします。初期構成ウィザードの実行や、これらのコントローラの管理者パスワードの変更が不要になります。最初のコントローラ仮想マシンの構成が、新しい 2 台のコントローラ仮想マシンに割り当てられます。

手順

  1. [管理] > [コントローラ] の順に選択します。
  2. [ノード] を選択します。
  3. [編集] アイコンをクリックします。
  4. [コントローラ クラスタ IP アドレス] に固定 IP アドレスを追加します。
    この IP アドレスは、管理ネットワークから取得する必要があります。
  5. [クラスタ ノード] で、新しい 2 台のクラスタ ノードを構成します。
    オプション 説明
    IP コントローラ ノードの IP アドレス。
    名前 ノードの名前。名前に IP アドレスを指定できます。
    パスワード コントローラ ノードのパスワード。パスワードは空のままにします。
    パブリック IP アドレス コントローラ ノードのパブリック IP アドレス。空のままにします。
  6. [保存] をクリックします。
    注: クラスタをデプロイした後の構成には、コントローラ ノードの IP アドレスではなく、コントローラ クラスタの IP アドレスを使用する必要があります。

コントローラのパワーオン

コントローラ仮想マシンをデプロイしたら、その仮想マシンをパワーオンできます。起動中に、デプロイ時に指定した IP アドレスが仮想マシンに割り当てられます。

パワーオン後、コントローラ仮想マシンの最初の起動プロセスが実行されるまで、最大 10 分かかる場合があります。

前提条件

コントローラをデプロイします。

手順

  1. vCenter Server で、デプロイした avi-controller-1 仮想マシンを右クリックします。
  2. [電源] > [パワーオン] の順に選択します。
    仮想マシンに、デプロイ時に指定した IP アドレスが割り当てられます。
  3. 仮想マシンがパワーオン状態かどうかを確認するには、ブラウザで IP アドレスにアクセスします。
    仮想マシンがオンラインになると、TLS 証明書と接続に関する警告が表示されます。
  4. [接続はプライベートではありません] という警告で、[詳細を表示] をクリックします。
  5. 表示されるウィンドウで [この Web サイトを閲覧] をクリックします。
    ユーザー認証情報を入力するように求められます。