スーパーバイザー サービス は、vSphere with Tanzu が稼動している vCenter Server システムに追加できます。vCenter Server にサービスを追加した後、スーパーバイザースーパーバイザー サービス をインストールします。これにより、DevOps エンジニアがサービスを Kubernetes ワークロードで使用できるようになります。

  • サポートされている スーパーバイザー サービス の詳細と、サービス YAML ファイルのダウンロード方法については、http://vmware.com/go/supervisor-service を参照してください。

前提条件

  • サービスを追加する vCenter Server システム上でスーパーバイザー サービスの管理権限があることを確認します。

手順

  1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
  2. [[サービス]] を選択します。
  3. 上部のドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
  4. [サービスの新規追加] カードで、サービス YAML ファイルをドラッグ アンド ドロップします。

    vCenter Server へのスーパーバイザー サービスの追加
  5. [次へ] をクリックします。EULA が表示された場合は、同意します。
  6. [終了] をクリックします。

結果

スーパーバイザー サービス とそのすべての情報が vCenter Server システムに登録されます。サービスは [アクティブ] 状態になります。


スーパーバイザー サービスが vCenter Server に正常に追加されたところ

次のタスク

スーパーバイザースーパーバイザー サービス をインストールして、DevOps エンジニアが Kubernetes ワークロードで使用できるようにします。スーパーバイザー への スーパーバイザー サービス のインストールを参照してください。