スーパーバイザー サービス は、Infrastructure-as-a-Service コンポーネントと緊密に統合された独立系ソフトウェア ベンダー サービスを開発者に提供する vSphere 認定の Kubernetes オペレータです。vSphere with Tanzu 環境に スーパーバイザー サービス をインストールして管理し、Kubernetes ワークロードで使用可能にすることができます。スーパーバイザー サービススーパーバイザー にインストールされている場合、DevOps エンジニアはサービス API を使用して、ユーザー名前空間内の スーパーバイザー にインスタンスを作成できます。これらのインスタンスは、vSphere ポッド および Tanzu Kubernetes Grid クラスタで使用できます。

サポートされている スーパーバイザー サービス の詳細と、サービス YAML ファイルのダウンロード方法については、http://vmware.com/go/supervisor-service を参照してください。

vSphere Services プラットフォームの スーパーバイザー サービス の管理は、 vSphere Client から実行します。プラットフォームを使用することで、 スーパーバイザー サービス のライフサイクル管理、 スーパーバイザー へのインストール、およびバージョン管理を行うことができます。1 つの スーパーバイザー で一度に実行できる スーパーバイザー サービス のバージョンは 1 つのみであるため、複数のバージョンを使用するには、複数の スーパーバイザー にインストールします。
表 1. スーパーバイザー サービス の状態
都道府県 サービス バージョン サービス全体
アクティブ サービス バージョンを スーパーバイザー バージョンにインストールする準備ができました。 1 つ以上のサービス バージョンがアクティブな状態です。
Deactivated(非アクティブ) サービス バージョンを スーパーバイザー にインストールできません。サービス バージョンがインストールされているすべての スーパーバイザー で実行を継続できますが、非アクティブなバージョンを新しい スーパーバイザー にインストールすることはできません。 スーパーバイザー サービス 全体が非アクティブになっている場合は、そのすべてのバージョンも非アクティブになっています。サービスを再アクティブにするまでは、スーパーバイザー にサービスをインストールしたり、新しいサービス バージョンを追加したりできません。

スーパーバイザー サービス ライフ サイクル管理の操作

スーパーバイザー サービス のライフ サイクルの管理には、次の操作が含まれます。

  • vCenter Server への新しい スーパーバイザー サービス の追加。vCenter Server に新しいサービスを追加すると、サービスとそのサービスに関するすべての情報が vCenter Server に登録されます。サービスはどの スーパーバイザー にもインストールされていません。サービスが vCenter Server に登録されると、サービスの状態はアクティブになり、このサービスを スーパーバイザー にインストールできるようになります。
  • vCenter Server への新しい スーパーバイザー サービス バージョンの追加。vCenter Serverスーパーバイザー サービス を追加すると、そのサービスの新しいバージョンを追加できるようになります。新しいサービス バージョンを vCenter Server に登録すると、このバージョンがアクティブな状態になり、スーパーバイザー にこのバージョンをインストールできるようになります。
  • スーパーバイザー への スーパーバイザー サービス のインストール。サービスを スーパーバイザー にインストールすると、サービス YAML ファイルがクラスタに適用されて、すべてのポッドとサービスが動作するために必要なリソースが作成されます。スーパーバイザー にインストールしたサービスごとに、サービス リソースを管理するための専用の名前空間があります。スーパーバイザー サービス に、vCenter Server 用のユーザー インターフェイス プラグインが用意されていて、サービス構成を管理できる場合もあります。
  • スーパーバイザー サービス へのアップグレード。スーパーバイザー にインストールされているサービスをアップグレードするには、まず新しいサービス バージョンを vCenter Server に追加してから、スーパーバイザー に新しいバージョンをインストールします。サービスのアップグレード中に、新しいバージョンの YAML ファイルが スーパーバイザー に適用されます。以前のサービス バージョンで指定されているリソースのうち、新しいバージョンで不要なものは、削除されます。たとえば、バージョン 1 がポッド A を指定し、バージョン 2 がポッド B を指定している場合に、バージョン 2 にアップグレードすると、新しいポッド B が作成され、ポッド A は削除されます。現在実行中のワークロードは、処理中に影響を受けません。
  • スーパーバイザー サービス バージョンのアンインストール。スーパーバイザー からサービス バージョンをアンインストールすると、サービスの名前空間を含むクラスタからすべてのサービス リソースが削除されます。Kubernetes ワークロード内のサービスのアプリケーション インスタンスは引き続き実行されます。
  • スーパーバイザー サービス バージョンの削除。サービス バージョンを削除するには、まずそのバージョンを非アクティブにして、そのバージョンが実行されている スーパーバイザー からアンインストールする必要があります。その後、vCenter Server からサービス バージョンを削除できます。
  • スーパーバイザー サービス 全体の削除。サービス全体を削除するには、そのすべてのバージョンを非アクティブにし、その後これらのバージョンを スーパーバイザー からアンインストールして、最後にすべてのサービス バージョンを削除する必要があります。