DevOps エンジニアがパーシステント ボリュームの要求を使用してステートフル アプリケーションをデプロイすると、vSphere with Tanzu により、パーシステント ボリューム オブジェクトとそれに対応するパーシステント仮想ディスクが作成されます。vSphere 管理者は、vSphere Client でパーシステント ボリュームの詳細を確認できます。また、そのストレージ コンプライアンスと健全性ステータスを監視することもできます。

手順

  1. vSphere Client で、パーシステント ボリュームのある名前空間に移動します。
    1. vSphere Client ホーム メニューから、[ワークロード管理] を選択します。
    2. [名前空間] タブをクリックし、リストから名前空間を選択します。
  2. [ストレージ] タブをクリックし、[パーシステント ボリュームの要求] をクリックします。
    vSphere Client に、すべてのパーシステント ボリュームの要求オブジェクトと、名前空間内で使用可能な対応するボリュームが一覧表示されます。
  3. 選択したパーシステント ボリュームの要求の詳細を表示するには、[パーシステント ボリュームの名前] 列でボリュームの名前をクリックします。
  4. [コンテナ ボリューム] 画面で、ボリュームの健全性ステータスとストレージ ポリシーのコンプライアンスを確認します。
    1. [詳細] アイコンをクリックし、[基本] タブと [Kubernetes オブジェクト] タブを切り替えて、Kubernetes パーシステント ボリュームの追加情報を表示します。

      kubectl コマンドを使用してボリュームの健全性ステータスを監視するには、vSphere 名前空間 または Tanzu Kubernetes Grid クラスタでのボリュームの健全性の監視を参照してください。


      [基本] タブに、PVC に関連するポッド、データストア、ストレージ ポリシーなどの詳細が表示されます
    2. ボリュームの健全性ステータスを確認します。
      健全性ステータス 説明
      アクセスの可能性 パーシステント ボリュームにアクセスして、使用できます。
      アクセス不可 パーシステント ボリュームにアクセスしたり、使用したりできません。データストアに接続しているホストからボリュームが格納されているデータストアにアクセスできない場合、パーシステント ボリュームにはアクセスできなくなります。
    3. ストレージ コンプライアンスの状態を確認します。
      [コンプライアンスの状態] 列に次のいずれかが表示されます。
      コンプライアンス ステータス 説明
      準拠 ボリュームをバッキングする仮想ディスクがあるデータストアには、ポリシーで必要とされるストレージ機能があります。
      旧バージョン このステータスは、ポリシーが編集されており、新しいストレージ要件がデータストアに伝送されていないことを示しています。変更を伝送するには、ポリシーを期限切れのボリュームに再適用します。
      コンプライアンスに非準拠 データストアは特定のストレージ要件をサポートしますが、現在はストレージ ポリシーを満たすことができません。たとえば、データストアの物理リソースが使用不可の場合に、ステータスが「非準拠」になることがあります。ホストやディスクをクラスタに追加する方法などで、ホスト クラスタの物理構成を変更するとデータストアを準拠させることができます。その他のリソースがストレージ ポリシーを満たす場合は、ステータスが「準拠」に変わります。
      該当なし ストレージ ポリシーは、データストアでサポートされていないデータストア機能を参照しています。
    4. コンプライアンスの状態が「期限切れ」になっている場合は、ボリュームを選択して [ポリシーの再適用] をクリックします。
      PVC が期限切れと表示されます
      ステータスが「準拠」になります。