First Class Disk (FCD) により、仮想ディスクを Disk as-a-Service として、または EBS に似たディスク ストレージとしてストレージ ライフサイクルを管理できます。これにより、vSphere 仮想マシンとは別にディスクを作成して管理できます。

vRealize Automation Cloud は、標準ディスクと First Class Disk の 2 つのカテゴリのストレージ ディスクをサポートしています。First Class Disk 機能は vSphere でのみサポートされます。vRealize Automation Cloud では現在、First Class Disk 機能は API のみの機能として提供されています。

First Class Disk には、仮想マシンとは別に機能する独自のライフサイクル管理機能があります。First Class Disk が独立したパーシステント ディスクと異なる点の 1 つは、First Class Disk を使用すると仮想マシンに依存せずにスナップショットを作成および管理できるということです。

新しい vRealize Automation Cloud ストレージ プロファイルを作成して、First Class Disk 機能と標準ディスク機能のどちらかをサポートすることができます。vRealize Automation Cloud でのストレージ プロファイルの詳細およびvRealize Automation Cloud のストレージ リソースを参照してください。

vRealize Automation Cloud のクラウド テンプレートおよび展開に Cloud.vSphere.Disk の First Class Disk 要素を追加して、vSphere の First Class Disk をサポートすることもできます。データ収集された First Class Disk は、[ボリューム リソース] 画面に表示されます。vRealize Automation Cloud のボリューム リソースを参照してください。

vCenter では、First Class Disk は「IVD (Improved Virtual Disks)」または「管理対象仮想ディスク」とも呼ばれます。

機能

vRealize Automation Cloud API の機能を使用すると、次のことが可能です。
  • First Class Disk の作成、リスト、削除
  • First Class Disk のサイズ変更
  • First Class Disk の接続/接続解除
  • First Class Disk のスナップショット作成と管理
  • 既存の標準ディスクから First Class Disk への変換

First Class Disk (FCD) ストレージを作成および管理するための API の使用事例に関するドキュメントは、code.vmware.comにあるvRealize Automation Cloud Programming GuideCreating and Using a First Class Diskセクションにあります。FCD の関連 API に関するドキュメントについては、Virtual Disk Development Kit Programming GuideFirst Class Disk (FCD)セクションを参照してください。

考慮事項と制限事項

First Class Disk に関する考慮事項と制限事項は次のとおりです。
  • First Class Disk は vSphere 仮想マシンでのみ使用できます。
  • First Class Disk を使用するには、vSphere 6.7 Update 2 以降が必要です。
  • データストア クラスタで First Class Disk のプロビジョニングはサポートされていません。
  • First Class Disk では、ボリュームのマルチ接続はサポートされません。
  • スナップショットが含まれている First Class Disk はサイズを変更できません。
  • スナップショットが含まれている First Class Disk は削除できません。
  • First Class Disk のスナップショット階層は、createdAt API オプションを使用してのみ構成できます。
  • First Class Disk を接続する仮想マシンのハードウェアは、バージョンが vmx-13(ESX 6.5 互換)以降である必要があります。