Carbon Black Cloud コンソールから対象の仮想マシン ワークロードにセンサーをインストールします。

Carbon Black Cloud コンソールを使用すると、データセンターに展開された仮想マシン (VM) ワークロードのうち、センサーのインストールに使用できるワークロードを表示できます。このデータは、[[Inventory (インベントリ)]] > [[VM Workloads (仮想マシン ワークロード)]] > [[Not Enabled (無効)]] タブの一部である [[Eligibility (対象)]] 列で使用できます。[[Eligibility (対象)]] 列には、センサーのインストールに適さないワークロードと、サポートされている OS バージョンにアップグレードする必要があるワークロードも含まれています。

[Eligibility (対象)] 列 説明
対象 対象となる仮想マシン ワークロードには、Carbon Black launcher を備えた適切なバージョンの VMware Tools があり、それらにセンサーをインストールできます。
対象外 センサーのインストールに適していない仮想マシン ワークロードには、必須バージョンの VMware Tools があるか、Carbon Black launcher を使用できません。展開の労力を最小限に抑えるため、軽量の Carbon Black launcher を VMware Tools で使用できます。Carbon Black launcher は、Windows および Linux 仮想マシン (VM) で使用できる必要があります。
  • Windows 仮想マシンの場合、Carbon Black launcher は VMware Tools に含まれています。ワークロードのランチャを受け取るには、VMware Tools をインストールするかバージョン 11.2 以降にアップグレードする必要があります。
  • Linux 仮想マシンの場合、VMware Tools オペレーティング システム固有のパッケージ (OSP) で入手可能なランチャを手動でインストールする必要があります。詳細については、「Carbon Black Cloud Workload ガイド」を参照してください。

    ランチャが使用可能になったら、ワークロード インベントリでのセンサーのインストールを進めることができます。

  • 仮想マシンがオフラインの場合、インストールを続行できません。vCenter Server に移動し、仮想マシンの電源をオンにします。
サポートされていません Carbon Black Cloud Workload Plug-in はオペレーティング システム (OS) または OS バージョンに対応していません。システム要件に従って対応している OS またはバージョンにアップグレードします。