仮想マシン間の非アフィニティ ポリシーでは、仮想マシンの 1 つのカテゴリ内での関係が記述されます。

仮想マシン間の非アフィニティ ポリシーは、同じカテゴリの仮想マシンを同じホストに配置することを回避します。このタイプのポリシーは、重要度の高いワークロードを実行する仮想マシンを別のホストに配置して、1 台のホストの障害がそのカテゴリの他の仮想マシンに影響しないようにする場合に役立ちます。このポリシーを作成すると、Software-Defined Data Center (SDDC) の配置エンジンは、このカテゴリの仮想マシンを別のホストに展開しようと試みます。

仮想マシン間の非アフィニティ ポリシーを適用すると、次に示すようないくつかの要素が影響する可能性があります。
  • SDDC 内にあるホスト数よりも多くの仮想マシンにポリシーが適用される場合、またはポリシーを満たすホストに仮想マシンを配置することが不可能な場合、DRS は任意の適切なホストに仮想マシンを配置しようとします。
  • プロビジョニング操作でターゲット ホストを指定すると、ポリシーに違反していてもその指定が優先されます。DRS はその後の修正サイクルで、準拠したホストに仮想マシンを移動しようと試行します。

前提条件

この操作は、CloudAdmin ロールを持つユーザーに限定されます。

手順

  1. 仮想マシン間の非アフィニティ ポリシーの対象にする仮想マシンのグループごとに、カテゴリを作成し、タグ付けを行います。

    既存のタグやカテゴリを使用したり、特定のニーズに合わせて新規作成することもできます。タグの作成と使用の詳細については、vSphere のタグおよび属性 を参照してください。

  2. 各グループに追加する仮想マシンにタグを付けます。
  3. 仮想マシン間の非アフィニティ ポリシーを作成します。
    1. SDDC で、[vCenter Server を開く] をクリックします。
    2. vSphere Client のホームで、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックします。
    3. [追加] をクリックして、[新しいコンピューティング ポリシー] ウィザードを開きます。
    4. ポリシーの [名前] を入力し、[ポリシー タイプ] ドロップダウン コントロールから [仮想マシン間の非アフィニティ] を選択します。
      ポリシーの [名前] は、SDDC 内で一意である必要があります。
    5. ポリシーの [説明] を入力し、[仮想マシン タグ] ドロップダウン コントロールを使用して、ポリシーを適用する [カテゴリ][タグ] を選択します。
      ウィザードでタグの [カテゴリ] を選択すると、カテゴリに関連付けられた仮想マシン タグが複数ある場合を除いて、仮想マシン タグの値が自動入力されます。
    6. [作成] をクリックして、ポリシーを作成します。
  4. (オプション) コンピューティング ポリシーを削除するには、vSphere Web Client を開いて、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックして、各ポリシーをカードとして表示します。[削除] をクリックしてポリシーを削除します。