VMware Cloud on AWS のレイヤー 2 仮想プライベート ネットワーク (L2VPN) を使用して、オンプレミス ネットワークを SDDC の 1 つ以上の VLAN ベースのネットワークに拡張できます。この拡張ネットワークは、単一のブロードキャスト ドメインを持つ単一のサブネットです。これを使用することで、IP アドレスを変更せずにクラウド SDDC との間で仮想マシンを移行できます。

データセンターの移行に加えて、ディザスタ リカバリ、または必要に応じてクラウド コンピューティング リソースへの動的アクセス(別名「クラウド バースト」)に拡張 L2VPN ネットワークを使用できます。

L2VPN は、最大 100 個のオンプレミス ネットワークを拡張できます。VMware Cloud on AWSNSX-T を使用して、クラウド SDDC 内で L2VPN サーバを提供します。オンプレミスのデータセンターにダウンロードおよび展開したスタンドアローンの NSX Edge がある場合、lこれを利用して L2VPN クライアント機能を提供できます。

VMware Cloud on AWS の L2VPN 機能は、VLAN ネットワークの拡張をサポートします。NSX-T サーバへの L2VPN 接続は IPsec トンネルを使用します。L2VPN の拡張ネットワークは、仮想マシン ネットワークを拡張してワークロードのトラフィックを伝送するためにのみ使用されます。このネットワークは移行トラフィック(ESXi の管理または vMotion)に使用される VMkernel ネットワークから独立しています。VMkernel ネットワークでは、個別の IPsec VPN または Direct Connect 接続が使用されます。

重要:

L2VPN クライアントおよびサーバを構成し、クライアントに割り当てられたトンネル ID を指定する拡張ネットワークを作成するまで、L2VPN トンネルは起動できません。