L2VPN のオンプレミス側には、自律エッジと呼ぶ、特別に設定した NSX Edge アプライアンスが必要です。L2VPN を作成するには、このアプライアンスおよび関連するオンプレミスの vSphere ネットワークをインストールして、構成する必要があります。

オンプレミス データセンターに NSX-T 3.0 以降をインストールしている場合は、自律 NSX Edge を展開して、SDDC に接続する L2VPN のオンプレミス クライアント側として構成できます。

手順

  1. (オプション) スタンドアローンの NSX Edge をダウンロードします。
    NSX-T 3.0 以降を現在のオンプレミス データセンターにインストールしていない場合は、現在の L2VPN のオンプレミス エンドポイントとして機能するスタンドアロンの自律 NSX Edge アプライアンスをダウンロードして構成できる場合があります。[L2VPN] 画面で [自律エッジのダウンロード] をクリックし、自律型のスタンドアローンの NSX-T エッジを OVF ファイルとしてダウンロードします。
  2. 自律 NSX Edge をインストールして構成します。
    オンプレミスの vCenter Server に自律エッジをインストールして構成する方法の詳細については、『 NSX-T Data Center Administration Guide』の Add an Autonomous Edge as an L2 VPN Clientを参照してください。