組織の所有者は、イベント ログを確認して、VMware Cloud Services 組織内のユーザーのアクティビティを監査します。vRealize Log Insight Cloud の関連付けられたインスタンスを使用することによって、ユーザー ログイン、ユーザー管理、API トークン、OAuth アプリケーション、請求のアクティビティの結果として組織ユーザーがトリガしたイベントを監視することができます。

vRealize Log Insight Cloud は VMware Cloud サービスであり、使用するにはサブスクリプションが必要です。

注: VMware Cloud Services の監査を有効にするには、組織 ID を使用してサポート チケットを作成する必要があります。組織に vRealize Log Insight Cloud サービスのサブスクリプションがすでにある場合は、現在のサービス インスタンスで監査が有効になります。 vRealize Log Insight Cloud のサブスクリプションがない場合は、組織にサブスクリプションが追加されて、組織内で監査が有効になります。各サブスクリプション オプションの詳細については、 vRealize Log Insight Cloud のサブスクリプションと請求を参照してください。

vRealize Log Insight Cloud サービスを使用すると、ログのフィルタリング、アーカイブ、転送などのさまざまな監査機能を利用できるようになります。組織の監査データにアクセスするには、VMware Cloud Services で vRealize Log Insight Cloud サービスを開始します。このようにして [VMware Cloud Services の監査イベント] ダッシュボードを開き、組織内のイベントの概要を視覚的に確認できます。ダッシュボードがデフォルトで有効になっていない場合は、[ダッシュボード] 画面の [コンテンツ パック ダッシュボード] タブで選択して表示します。

vRealize Log Insight Cloud の使用法の詳細については、VMware vRealize Log Insight Cloud の使用を参照してください。

注: 組織に vRealize Log Insigth Cloud サービスのサブスクリプションがない場合でも、現在または過去の期間の VMware Cloud Services ログイベントを表示する場合は、回避策として、サポート チケットを発行して監査レポートを取得します。指定された期間のレポートは、サポート リクエストを発行してから 48 時間以内に、暗号化された CSV ファイルの形式で E メールで送信されます。

vRealize Log Insight Cloud で監査データを表示できるユーザー

vRealize Log Insight Cloud 管理者のサービス ロールを持つ組織の所有者は、組織に関連付けられた vRealize Log Insight Cloud サービス インスタンス内にある組織のすべての監査データにアクセスできます。