VMware Edge Network Intelligence は、データの追加を開始するとすぐに環境のベースラインを開始します。AI エンジンは、2 日以内に、確立されたベースラインの外部にあるパフォーマンスの問題に対するインシデントの作成を開始します。これらのインシデントは、特定のサイトまたは組織全体をスコープにすることができます。

VMware Edge Network Intelligence には、エンド ユーザー デバイスの問題を引き起こしている可能性のある問題を探して環境を分析する一連の組み込みパフォーマンス インジケーターがあります。システムがネットワークについて学習すると、これらのインシデントは P1-P6 レベルのインシデントに分類されます。
表 1. 優先度レベル

レベル

説明

P1-P2

ユーザーの大部分に影響を及ぼしたり、パフォーマンスに大きな影響を与える本番環境レベルのインシデント。

P3-6

影響を与える割合が小さい、またはパフォーマンスへの影響が少ない警告レベルのインシデント

優先度の設定はデフォルトで調整されていますが、管理者設定で調整して、ベースラインの変更に対する感度を増減させることができます。
重要:

VMware Edge Network Intelligence の誤検出を最小限に抑えるために、インシデントを定期的に調整することが重要です。インシデントの調整では、AI に何が重要で何が重要でないかを教えます。受信トレイに誤検知が多すぎると、より深刻な問題を見つけることができなくなります。