Microsoft Windows 仮想マシンを作成すると、Fusion の Windows 簡易インストール機能を使用して、あらかじめ用意した Windows オペレーティング システムをインストールしたり、仮想マシンに VMware Tools をインストールしたりすることができます。

前提条件

重要:

Fusion には、作成した仮想マシンにインストールするオペレーティング システムは付属していません。オペレーティング システムおよび必要なプロダクト キーを用意しておく必要があります。

手順

  1. [ファイル] > [新規] を選択します。

    新規仮想マシンを作成 アシスタントが起動します。

  2. [ディスクまたはイメージからインストール] をクリックします。
  3. [他のディスクまたはディスク イメージを使用] をクリックし、オペレーティング システムの .iso ファイルを選択します。[開く] をクリックして、ファイルを確定します。
  4. [新規仮想マシンを作成] ウィンドウのリストからファイルを選択し、[続ける] をクリックします。
  5. [Windows 簡易インストール] パネルで [簡易インストールを使用] を選択します。
  6. 以下のように入力して [続ける] をクリックします。
    • [ディスプレイ名] または [アカウント名]

      Windows XP 以前の場合は、[ディスプレイ名] フィールドに入力した内容が、Windows ソフトウェアの登録名として [情報] ウィンドウに表示されます。これは Windows ユーザ名ではありません。

    • [パスワード](オプション)

      [[パスワード]] フィールドのエントリは、Windows 管理者アカウント専用のパスワードになります。

    • [Windows プロダクト キー]

      Fusion ではプロダクト キーは提供されません。プロダクト キーは、Windows オペレーティング システム ベンダーからの資料に含まれます。

  7. [統合] パネルで、新しい仮想マシンで基本的なファイル共有を処理する方法を指定します。

    オプション

    説明

    さらにシームレス

    Fusion で Mac 上のドキュメントとアプリケーションが Windows と共有されます。Windows でサポートされる Mac のファイルは Windows で開くことができます。Windows で Mac のドキュメントを変更できるため、Windows アンチウイルス ソフトウェアをインストールして、定期的にアップデートしてください。

    さらに分離

    Fusion で Mac 上のドキュメントとアプリケーションが Windows と共有されません。Mac と Windows 間でファイルをコピーするには、ドラッグ アンド ドロップを使用します。

    仮想マシンの作成後、これらの設定を変更するには、[仮想マシン] > [設定] > [共有] を選択します。

  8. [終了] パネルでは、デフォルトの設定を使用して仮想マシンの作成を終了するか、作成を終了する前に設定をカスタマイズできます。

    オプション

    操作

    [終了] パネルに一覧表示されている仕様に従って仮想マシンを作成

    1. [完了] をクリックします。

    2. 仮想マシンを保存するフォルダを指定します。デフォルトは user/Documents/Virtual Machines フォルダです。

    3. Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有するには、仮想マシンを 共有 フォルダに保存し、[この Mac 上の他のユーザーとこの仮想マシンを共有する] チェックボックスを選択します。共有 フォルダへの保存のみを行い、Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有しない場合には、チェックボックスを選択解除してください。Fusion での共有仮想マシンの作成を参照してください。

    仮想マシンのディスク サイズや他の標準設定を変更

    1. [設定のカスタマイズ] をクリックします。

    2. 新しい仮想マシンを保存します。

    3. 設定 ウィンドウで、仮想マシンのディスク サイズ、プロセッサ使用量、取り外し可能デバイス、その他の設定を変更します。

タスクの結果

Fusion は新しい仮想マシンを開始し、オペレーティング システムをインストールして、VMware Tools をインストールします。