Microsoft Windows オペレーティング システムをゲスト OS として使用する仮想マシンを作成できます。

Fusion は、仮想マシンを作成し、デフォルトの Windows インストール オプションを選択して VMware Tools をインストールします。これにより、仮想マシンのパフォーマンスを最適化するために必要なドライバがロードされます。また、Windows 簡易インストールが Mac のホーム フォルダを Windows から共有フォルダとして使用するようにして、仮想マシンと Mac の間でファイルを共有したり、他の共有オプションを利用したりすることもできます。

Windows 簡易インストールを利用できる Windows OS は、次のとおりです。

  • Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、および Windows XP

  • Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows 2000 Server

注:

オペレーティング システムのソフトウェアとプロダクト キーを用意しておく必要があります。Fusion にはオペレーティング システムやライセンスは付属していません。

仮想マシンでこれらの Windows OS のいずれも使用していない場合、または Windows を使用しているが OS を手動でインストールしたい場合は、サポートされているオペレーティング システム用の仮想マシンの作成の手順を使用できます。