ネットワーク環境内の他の仮想マシンに接続するには、仮想マシンに Fusion 仮想ネットワーク コンポーネントを構成して実装します。

Fusion は、イーサネット ベースのネットワークのみをサポートしますが、ネットワークに接続するために複数のオプションを提供します。

  • 仮想マシンは、ホスト システムの IP アドレスを共有するために NAT を使用できます。

  • ホスト システムで固有のネットワーク インタフェースにブリッジするために仮想マシンを設定できます。Fusion では、ブリッジ ネットワークで IPv6 を使用できます。

  • ホスト システムの仮想マシンだけを含む VPN を作成できます。

注:

Fusion Pro には、高度なネットワーク機能があります。これらの高度な機能を使用すれば、キー ネットワーク設定の変更、リモート仮想ネットワークの追加、およびカスタム仮想ネットワーク構成の作成ができます。行った変更は、ホスト システムで実行中のすべての仮想マシンに適用されます。たとえば、どのサブネットを Fusion で使用するかや、無差別モードで実行する前にネットワーク アダプタで確認を求めるかどうかを指定できます。

この機能は、Fusion 環境設定ダイアログ ボックスで使用できます。カスタム ネットワーク構成を追加するには、管理者パスワードを入力する必要があります。

Fusion では、仮想ネットワーク アダプタの設定を編集する場合、ネットワーク接続のいくつかのタイプから選択できます。

表 1. ネットワーク接続オプション

オプション

説明

Mac を共有

Mac のダイヤルアップ ネットワーク接続を使用してインターネットや他の TCP/IP ネットワークに接続する際に、仮想マシンに外部ネットワーク上の IP アドレスを設定できない場合、仮想マシンがそのネットワークにアクセスするための最も簡単な方法として、このオプションを選択します。仮想マシンは、外部ネットワークに独自の IP アドレスを持ちません。仮想マシンは、プライベート IP アドレスを VMware 仮想 DHCP サーバから取得します。

ブリッジされたネットワーキング 項目

ブリッジされたネットワーキング リストに、ワイヤレスおよびイーサネットを含む、Mac のネットワーク インタフェースのひとつにブリッジするためのさまざまな選択が表示されます。これらのオプションのひとつを使用することが、ネットワークに仮想マシンをアクセスするための最も簡単な方法となります。

ブリッジされたネットワーキングのひとつを使用すると、仮想マシンは Mac と同じ物理イーサネット ネットワーク上の追加コンピュータとして認識されます。仮想マシンは、ファイル サーバ、プリンタ、ゲートウェイなどを含み、ブリッジ先のネットワークで使用できるサービスを使用できます。同様に、ブリッジ ネットワークで構成されている物理ホストや他の仮想マシンは、その仮想マシンのリソースを使用することができます。

Mac をプライベート

このタイプのネットワーク接続を使用すると、仮想マシンは通常、Mac 外部には公開されない仮想プライベート ネットワーク上で Mac オペレーティング システムに接続されます。同じ Mac 上でホストオンリー ネットワークに設定された複数の仮想マシンは、同じネットワーク上に存在することになります。