このドキュメント ページは、『Horizon Cloud Service - next-gen の使用』ドキュメントの開始ページです。このページでは、VMware Horizon® Cloud Service™ - next-gen について簡単に紹介してから、サービスの使用を開始するために理解すべき情報を得られるさまざまなページへのリンクを提供します。

通常、このコンテンツは、Horizon Cloud Service - next-gen をサブスクライブ済みで、サービスの使用を開始できる準備が整った後に使用します。

まだ意思決定の段階にある場合は、60 日間の Horizon Universal Subscription トライアルをリクエストし、Tech Zone の Horizon Cloud Service - next-gen アーキテクチャを確認した上で、使用を開始してみることを検討してください。

注: マネージド サービス プロバイダ (MSP) の場合、デフォルトでは Horizon Cloud Service - next-gen ではなく、 Horizon Cloud Service first-gen にオンボーディングされます。このデフォルトの動作に関する質問については、VMware のサポートにお問い合わせください。 VMware のサポートへのお問い合わせについては、このトピックの次の情報を参照してください。

プライバシー情報については、VMware Horizon Cloud Service – next-gen プライバシー データシートを参照してください。このデータシートは、VMware プライバシー プログラムVMware 製品とサービス ページで入手できます。

簡単な紹介

Horizon Cloud は、シン Edge インフラストラクチャを備えた最新のクラウド ファーストの Desktop as a Service (DaaS) デプロイです。

Horizon Cloud を使用すると、クラウド接続されたデプロイ全体にわたるデスクトップおよびアプリケーションのグローバル ビューが表示されます。

メリットの概要

Horizon Cloud Service - next-gen には、旧製品と比較して、Horizon Cloud の機能や操作性を向上させるさまざまなメリットがあります。

注: 現在のリリースでは、旧製品の機能の一部はまだ Horizon Cloud Service - next-gen で使用できません。これらの機能は、繰り返されるリリースをとおして追加されています。 リリース ノートページの「新機能」セクションを定期的に確認して、各リリースの新機能を参照できます。

利用できるメリットの一部を次に示します。

低コスト
シン Edge インフラストラクチャとポッドレス デプロイを備えた Horizon Edge により、運用コストの削減、価値の提供までの時間の短縮、および Horizon インフラストラクチャ コンポーネントの排除によるメンテナンスの削減が実現します。
可視性とトラブルシューティングの向上
すべてのプラットフォームで同じモデルを使用することで、 Workspace ONE Intelligence との統合によるプロアクティブなアラート機能と高度なレポート機能を使用し、可視性とトラブルシューティング機能を向上させています。
環境間にわたるシームレスな操作性と機能性
環境間での管理者およびエンドユーザーの操作性と機能性を共通化することで、管理を効率化し、エンドユーザーの生産性を向上させることができます。
高度な自動化
API ベースのプラットフォームでは、高度な自動化と、Day 1 および Day 2 プロセスのためのサードパーティのアプリケーションとサービスとの統合をサポートします。
これまでにないスケーラビリティ
シン Edge アーキテクチャとクラウド ネイティブ アーキテクチャを備えた Horizon Edge は、あらゆるプラットフォームでスケーラビリティを高めます。

主なアーキテクチャ特性の概要

このセクションでは、Horizon Cloud Service - next-gen サービスとその Horizon Cloud Service - first-gen 先行サービスを区別する主なアーキテクチャ特性について簡単に説明します。アーキテクチャの詳細については、VMware のデジタル ワークスペースである Tech Zone の『Horizon リファレンス アーキテクチャ』の「Horizon Cloud Service next-gen のアーキテクチャ」セクションを参照してください。

この次世代サービスの主なメリットは、旧世代の製品と比較して、以前は組織の環境にデプロイされていたインフラストラクチャ コンポーネントの多くが、クラウド制御プレーンにサービスとして配置されるようになっていることです。

このアーキテクチャは、運用と管理が容易なポッドレス デプロイを提供します。

次の図は、制御プレーンと、Microsoft Azure Cloud (Horizon Edge-1) にデプロイされた最初の Horizon Edge の関係を示しています。デプロイ ウィザードで、管理者は 2 つの Unified Access Gateway インスタンスを選択しています。


VMware Horizon 制御プレーン、2 つの Horizon サイト、組織を含む、VMware Horizon Cloud Service - next-gen のアーキテクチャ設計。

VMware がユーザーにサービスを提供するために使用する主要なインフラストラクチャ要素は次のとおりです。

  • Horizon 制御プレーン
  • Horizon Edge Gateway インスタンス。プロバイダとしての Microsoft Azure Cloud の場合、デプロイヤはこのインスタンスを使用して Azure ロード バランサをデプロイします。
  • Unified Access Gateway のインスタンス、およびそれらのインスタンスのロード バランサ。

アーキテクチャの詳細については、Tech Zone の Horizon Cloud Service next-gen アーキテクチャの章を参照してください。

ここで読んで理解した機能が実際の環境で表示されない場合

Horizon Universal Console には、サブスクリプションに基づく機能の要素が表示されます。Horizon サブスクリプションのライセンス情報については、VMware Horizon サブスクリプション比較マトリックスを参照してください。Horizon Universal Console には、サブスクリプションでサポートされていない機能の要素は表示されません。

使用を開始する際の手順

Horizon Cloud Service - next-gen を使用するための最初の手順として、 サービスにオンボーディングします。

オンボーディングでは、いくつかの特定の要件を満たすことが必要です。

  1. まず、目的のデプロイ タイプに対応するチェックリストを確認し、要件を満たします。
  2. 次に、環境を準備するための手順を進めます。それらの手順は、次の概要ページからリンクされています。目的のデプロイ タイプに対応するページの内容を読みます。
  3. 次に、next-gen のデプロイとオンボーディングのページに記載されている手順を開始します。

対象読者

この Horizon Cloud Service - next-gen 製品ドキュメントは、仮想デスクトップとアプリケーションを組織内のエンド ユーザーに大規模に提供し、次世代の Horizon クラウド制御プレーンと Horizon Universal Console を使用してそれらの仮想デスクトップとアプリケーションを効率的に管理する管理者を対象としています。

関連するソリューションの Horizon ファミリのドキュメントを確認する場合は、VMware Horizon ドキュメント - Horizon 8、Horizon Cloud Service、および Horizon Clientsを参照してください。そのページから、左側のナビゲーション ツリーを使用して、Horizon ファミリのさまざまな領域に関するガイドを見つけて読むことができます。

Horizon Cloud コミュニティ

VMware Horizon Cloud Service コミュニティを使用して質問をしたり、その他のユーザーからの質問への回答を検索したり、役に立つ情報へのリンクにアクセスしたりすることができます。

VMware サポートへのお問い合わせ

Horizon Cloud Service - next-gen 環境でなにかお困りの場合は、VMware サポートにお問い合わせください。

  • VMware Customer Connect アカウントを使用して、オンラインで VMware サポートにサポート リクエストを発行するか、お電話でお問い合わせください。
  • KB 2144012 カスタマ サポートのガイドライン から、発生した問題に応じてサポートを受ける方法が参照できます。
  • コンソールで、[コンソールの [ヘルプ] アイコン。] をクリックすると、サポートを依頼できます。

VMware の技術ドキュメントの用語集

VMware の技術ドキュメントには、専門的な用語などを集約した用語集があります。VMware の技術ドキュメントで使用されている用語の定義については、http://www.vmware.com/support/pubs をご覧ください。