Horizon Cloud テナントの Universal Broker を構成するために必要な手順は、コンソールの [ブローカ] ページを使用して Universal Broker を明示的に有効にし、セットアップ ウィザードを開始することです。

テナントのポッド フリートに次の 1 つ以上がある場合は、コンソールの [ブローカ] ページから Universal Broker のセットアップを開始できます。

  • Horizon ポッド(Horizon Connection Server テクノロジー ベース)
  • すべて 2298.0 以降のマニフェストを実行している、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド(ポッド マネージャ テクノロジーに基づく)。
注: Universal Broker 構成はテナント全体の設定です。ポッド タイプの [ブローカ] ページで [開始] をクリックすると、テナントのポッド フリート内の指定されたタイプのすべてのポッドに Universal Broker 構成が適用されます。

前提条件

以下を検証します:
  • テナントのポッド フリートが上記の特性を満たしていること。Horizon Cloud ポッドの場合は、すべてのポッドがオンラインで、健全な状態で準備が整っていることを確認します。それによって、セットアップ プロセスを成功させることができます。
  • Horizon Cloud 環境に Active Directory ドメインを登録し、Horizon Cloud スーパー管理者ロールを Active Directory ドメイン グループに割り当てていること。Horizon Cloud 環境での最初の Active Directory ドメイン登録の実行を参照してください。

    コンソールでは、これらの手順を完了するまで [ブローカ] ページにアクセスできなくなります。

  • [ブローカ] ページには、Universal Broker を有効にしてセットアップ ウィザードを開始するための青いボタンがあります。セットアップ ウィザードを開始するためのボタンが表示されない場合、テナントの Universal Broker はすでに有効になっています。
重要: Horizon Cloud ポッドの場合、 Universal Broker の正常なセットアップをサポートするには、[ブローカ] ページの [開始] ボタンをクリックする前に、すべての Horizon Cloud ポッドがオンラインで、健全な状態で準備が整っていることを確認します。 Universal Broker サービスは、ポッドとの通信を行い、セットアップ プロセスを完了するためにポッドでいくつかの構成手順を実行する必要があります。いずれかの Horizon Cloud ポッドがオフラインまたは使用できない場合、 Universal Broker のセットアップは失敗します。

手順

  1. コンソールで、[設定] > [ブローカ] に移動します。
    [ブローカ] ページが表示されます。このページの実際の表示は、 Universal Broker をセットアップするポッドのタイプや、すでに別のポッド タイプにブローカを選択しているかどうかなど、さまざまな要因によって異なります。

    たとえば、次のスクリーンショットは、ポッド フリートにポッド マニフェスト 2298.0 以降の Horizon Cloud ポッドのみがあり、他のポッドがない場合の [ブローカ] ページを示しています。


    Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド用ブローカ選択ページ

    次のスクリーンショットは、ポッド フリートに Horizon ポッドのデプロイしかない場合のブローカ選択ページを示しています。


    Horizon ポッドのブローカ選択ページ
    重要: Horizon Cloud ポッドの場合、 Universal Broker の正常なセットアップをサポートするには、[ブローカ] ページの [開始] ボタンをクリックする前に、すべての Horizon Cloud ポッドがオンラインで、健全な状態で準備が整っていることを確認します。 Universal Broker サービスは、ポッドとの通信を行い、セットアップ プロセスを完了するためにポッドでいくつかの構成手順を実行する必要があります。いずれかの Horizon Cloud ポッドがオフラインまたは使用できない場合、 Universal Broker のセットアップは失敗します。
  2. [開始] をクリックして、セットアップを開始します。

結果

[開始] をクリックすると、システムのバックエンドでクラウド プレーンのテナント レコードが更新され、このテナント環境で Universal Broker が有効になったことが反映されます。

この時点で、コンソールには Universal Broker 構成ウィザードがすぐに表示され、完了することができます。ウィザードの指示に従って構成設定を完了します。

次のタスク