フローティング VDI デスクトップ割り当てで使用されるイメージにインストールされている、エージェントに関連するソフトウェアを更新するには、最初に [イメージ] ページの [エージェントの更新] アクションを使用します。次にこれらの更新されたイメージを使用するフローティング VDI デスクトップ割り当てを編集します。

注意: 専用 VDI デスクトップ割り当ての場合、Horizon Agent ソフトウェアを更新するための推奨される方法は、[割り当て] ページから、その割り当て自体でエージェントのアップデート操作を実行することです( 専用 VDI デスクトップ割り当て用のエージェント ソフトウェアを更新するを参照してください)。[イメージ] ページにおいて、エージェントのアップデート操作を実行し、更新された複製イメージを作成するためのここで示す手順を技術的に実行できる場合でも、そのようなイメージを使用するように専用 VDI デスクトップ割り当てを編集する場合、更新されたイメージを使用するために再作成されるのは、その専用 VDI のデスクトップ割り当て内の未割り当ての仮想マシンのみになります。システムは、割り当て済みのデスクトップ仮想マシンには関与しません専用 VDI デスクトップ割り当てを編集して専用 VDI デスクトップ割り当ての元のイメージとは異なるイメージを使用するようにすると、割り当て済みのデスクトップ仮想マシンは、未割り当ての状態になるまで、元のイメージを使用し続けます。

概要レベルでは、システムのエージェントのアップデート機能は次のように機能します。

  • システムは VMware CDS(コンポーネント ダウンロード サービス)ソフトウェア配布ネットワークと定期的に通信して、Horizon Agents Installer の新しいバージョンが使用可能かどうかを確認します。使用可能の場合、システムは自動的にそのバージョンを Horizon Cloud ポッドにダウンロードします。
  • 新しいバージョンがダウンロードされた後、アップデートが利用可能であることが [イメージ] ページに反映されます。新しいバージョンより前のレベルでのエージェントに関連するソフトウェアがあるそれらのイメージに対してビジュアル インジケータが表示されます。
  • エージェントのアップデート中は次のようになります。
    • システムは選択したイメージをパワーオンして、そのパワーオン状態のイメージから仮想マシン (VM) の複製をクローン作成し、元の公開済みの状態に戻すために選択したイメージに対してイメージへの変換プロセスを実行します。プロセスのこの部分においては、[イメージ] ページでイメージのステータスが「公開済み」から「移行中」に変わります。
    • 重複した仮想マシンが存在する場合、システムはそれをパワーオンして、ウィザードで選択された新しい更新バージョンのエージェントに関連するソフトウェアをインストールしてから、その重複仮想マシンに対してイメージへの変換プロセスを実行して公開します。
  • エージェントのアップデート プロセスの最後で、[イメージ] ページには元のイメージとその複製の両方が一覧表示され、その複製イメージにアップデートされたエージェント ソフトウェアがインストールされていることが示されます。
重要: エージェントの更新プロセスの最後で、 [エージェントの更新] をクリックしたときに選択したイメージは、元のエージェントのバージョン レベルで、プロセスが開始したときと同じ状態になります。新しい複製イメージは、選択したアップデート レベルでエージェント ソフトウェアを取得します。

エージェントのアップデート プロセスにより、エージェントに関連するソフトウェアがウィザードで指定するバージョンに更新された状態で、元のイメージの複製である新しい割り当て可能なイメージが生成されます。エージェントのアップデート ワークフローは、新しい仮想マシンを作るために自動的に元のイメージのクローンを作成し、指定されたレベルのエージェントに関連するソフトウェアをその仮想マシンにインストールして、その仮想マシンを割り当て可能な(公開済み)イメージに変換します。このシステムは、元のイメージの名前にダッシュと数字を付加した形式に基づいて、新しいイメージの名前を付けます。たとえば、元のイメージの名前が SalesGold である場合、エージェントのアップデート プロセスにより SalesGold-2 という名前のイメージが生成されます。プロセスの最後で、両方のイメージが [イメージ] ページに表示されます。

次のスクリーンショットは、あるイメージに対してエージェントの更新を実行して最新の利用可能な更新バージョンを選択した後に、[イメージ] ページに一覧表示される 2 つのイメージを示しています。元のイメージがプロセスの最後で変更されないため、青いドットはその横に表示されたままになります。別のイメージには更新レベルのエージェント ソフトウェアが含まれていて、より新しい更新バージョンはシステムに存在しないため、そのイメージの横には青いドットが付いていません。


プロセスの最後で [イメージ] ページでの両方のイメージを示すスクリーンショット

前提条件

手順

  1. [インベントリ] > [イメージ] をクリックして、[イメージ] ページに移動します。
    [イメージ] ページでは、更新を適用する対象のすべてのイメージの名前の横に青いドットが表示されます。青いドットの上にカーソルを置くと、そのイメージで使用可能な Horizon Agents Installer の新しいバージョンを示すポップアップが表示されます。

    次のスクリーンショットは、エージェントの更新が la24win10N という名前のイメージに対して利用可能であることを示しています。


    イメージに対して利用可能なエージェントのアップデートがあることを示す青いドットを、緑色の矢印が指している [イメージ] ページ

    どのようなアップデートが利用可能であるかを確認するには、その青いドットにカーソルを置きます。


    青いドット インジケータにカーソルを合わせるときに表示されるリストのスクリーンショット

  2. 更新するイメージの横にあるチェック ボックスを選択します。
  3. [エージェントのアップデート] をクリックします。
    [エージェントのアップデート] ウィザードが表示されます。
  4. [ソフトウェア] 手順で、ドロップダウン リストから使用するアップデートのバージョンを選択して、[次へ] をクリックします。

    使用可能なバージョンの Horizon Agents Installer を示す [エージェントのアップデート] ウィザードの手順 1

  5. (オプション) コマンド ラインの手順で、イメージでのこのアップデートに関係する可能性がある任意のコマンドライン オプションを追加します。
    ウィザードには、指定されたアップデートに対してコマンドライン オプションが利用可能かどうかを示すメッセージが表示されます。
  6. [送信] をクリックします。
    • アップデートが開始されたことを示すメッセージがページの最上部に表示されます。
    • システムは、元のイメージのクローン仮想マシン (VM) を作成し、そのクローン イメージにエージェントに関連するコンポーネントをアップデートします。クローン イメージがアップデートされた後、システムはデスクトップへの変換プロセスを実行して、クローン イメージを公開済みのイメージに変換します。

    [監視] > [アクティビティ] の順に選択すると、アップデート タスクの進捗を表示できます。タスクが 24 時間以内に正常に完了しない場合は、障害のステータスで表示されます。

次のタスク

  • 元のイメージを使用しているフローティング VDI デスクトップ割り当てが新しい複製イメージを使用するように、割り当てを編集して更新します。そのイメージには更新されたエージェント ソフトウェアが含まれています。割り当てで [編集] アクションを選択し、開いたウィンドウで [イメージ] フィールドを見つけて、新しい複製イメージを選択し、保存します。
  • 元のイメージを使用している専用 VDI デスクトップ割り当てがあり、それらを同じエージェントのレベルに移動する場合は、専用 VDI デスクトップ割り当て用のエージェント ソフトウェアを更新するの手順に従ってこれらの割り当てのエージェントを更新します。
    重要: 新しい複製イメージを使用するように専用 VDI デスクトップ割り当てを編集できる場合でも、その方法で更新されるのは未割り当てのデスクトップ仮想マシンのみになります。専用 VDI デスクトップ割り当て内のすべてのデスクトップ仮想マシン上のエージェントを更新する場合は、 専用 VDI デスクトップ割り当て用のエージェント ソフトウェアを更新するの手順を使用します。
  • 元のイメージを使用していた割り当てを更新済みで、組織で元のイメージが不要になったと判断できる場合は、[イメージ] ページを使用して元のイメージを削除します。組織内の他の管理者が、低いレベルのエージェントのあるイメージを使用しないようにするために、元のイメージを削除することはベスト プラクティスです。