専用 VDI デスクトップ割り当てで使用されるデスクトップ仮想マシンにインストールされている、エージェントに関連するソフトウェアを更新するには、まず割り当てで使用しているイメージを更新し、次に [割り当て] ページの [エージェントの更新] アクションを使用します。イメージを更新すると、専用 VDI 割り当ての割り当て解除されたデスクトップが更新されます。このプロセスは、フローティング VDI デスクトップ割り当ての場合と同じです。専用 VDI デスクトップ割り当ての場合は、[割り当て] ページで割り当てを更新して、割り当て内の割り当てられたデスクトップを更新します。

手順

  1. 割り当てに割り当てられていないデスクトップが多数ある場合は、割り当てが使用しているイメージのエージェント ソフトウェアを更新し、専用 VDI デスクトップ割り当てによって使用されるイメージのエージェント ソフトウェアを更新する で説明するように、更新されたイメージを使用するように割り当てを編集します。
    これにより、割り当てられていないデスクトップでは、不要で時間のかかるエージェントの更新を回避できます。以下の 2 番目の手順を使用して、すべてのデスクトップを更新できますが、イメージの更新をすぐに計画している場合は、割り当てられていないデスクトップに対してこのプロセスを使用する必要はありません。
    重要: イメージの更新と、更新されたイメージを使用するための割り当ての編集が完了したら、続行する前に、割り当てられていないすべてのデスクトップが更新され、更新されたイメージを使用していることを確認する必要があります。
  2. [割り当て] ページで、専用 VDI デスクトップ割り当ての [割り当て] ページでエージェント ソフトウェアを更新するの説明に従って、割り当てのエージェントを更新します。