Horizon Cloud は、マスター イメージ仮想マシン、公開イメージ、RDSH ファーム、および VDI デスクトップ割り当てのシステム操作に関連する仮想マシン (VM) にインストールされている、エージェントに関連するソフトウェアと通信します。VMware では、新しい機能とバグ修正を提供するためにエージェントに関連するソフトウェアを定期的にアップデートします。ご利用の環境での必要に応じて、エージェントに関連するソフトウェアを更新するために以下のトピックの手順を使用します。

重要: システムの更新マネージャ ジョブは、1 日に 1 回実行され、イメージまたは割り当てがエージェント関連ソフトウェアの更新の候補かどうかを評価します。そのジョブが実行されていない間に、イメージまたは割り当てのエージェント関連ソフトウェアが変更された場合、次回ジョブが実行されるまで、 Horizon Cloud 管理コンソールのステータスが同期しないことがあります。この状況は主に、Horizon Agents Installer を仮想マシン上で手動で実行してエージェント ソフトウェアを更新するか、GPO を使用することによって、手動で最新のエージェント ソフトウェアに更新する場合に発生します。 例:
  1. 更新マネージャ ジョブは、毎日のスケジューリングされた時刻に実行され、エージェントの更新がイメージで使用可能であることをコンソールに示します。
  2. ユーザーは、GPO を使用して、VDI デスクトップ割り当てのデスクトップ インスタンスを最新のエージェントに手動で更新します。

デスクトップ インスタンスのエージェント関連ソフトウェアで最新のソフトウェアが実行されていても、次回のスケジュール済み更新マネージャ ジョブの実行まで、コンソールではイメージに青いドットが表示され、エージェントの更新が利用可能であることを示します。

VMware Dynamic Environment Manager エージェント ソフトウェアについて

2019 年 7 月の Horizon Cloud リリース以降、VMware Dynamic Environment Manager エージェントのインストールは Horizon Agents Installer に組み込まれています。Horizon Agents Installer は、以下を行うソフトウェア パッケージです。

  • [デスクトップのインポート] ワークフローを実行するとき、またはマスター イメージ仮想マシンを手動で作成するときに、エージェントに関連するソフトウェアを新しいマスター イメージ仮想マシンにインストールします。[デスクトップのインポート] ワークフローを実行すると、Horizon Agents Installer がバックグラウンドで実行され、エージェントがインストールされます。マスター イメージ仮想マシンを手動で作成する手順に従っている場合は、これらの手順の一部として Horizon Agents Installer をダウンロードして実行します。
  • [エージェントの更新] ワークフローを実行するときに、既存のイメージ仮想マシンおよび専用 VDI デスクトップ割り当てのエージェントに関連するソフトウェアを更新します。Horizon Agents Installer は、インストールされたエージェントを更新するためにバックグラウンドで実行されます。

イメージ仮想マシンまたは専用 VDI デスクトップ割り当てのデスクトップ仮想マシン上で [エージェントの更新] ワークフローを実行した後、更新された仮想マシンの VMware Dynamic Environment Manager ファイルのインストール パスは、[エージェントの更新] ワークフローを実行する前に、仮想マシンへの元のエージェントのインストールがバージョン 19.2 以降であったかどうかによって異なります。

基本イメージ仮想マシンが最初に [デスクトップのインポート] ワークフローを使用して作成された場合
この場合、デフォルトでは、 VMware Dynamic Environment Manager エージェントが自動的にインストールされていました。特定のインストール ファイルのパスは、基本イメージ仮想マシンが、19.2 バージョン以降のエージェント ソフトウェアで作成されたかどうかによって異なります。
  • イメージ仮想マシンがマニフェスト 1493 以降のポッドで新しく作成された場合、VMware Dynamic Environment Manager のインストール ファイルのパスは C:\Program Files\VMware\Horizon Agents\User Environment です。その後、その仮想マシンで [エージェントの更新] ワークフローを実行すると、ファイル パスは C:\Program Files\VMware\Horizon Agents\User Environment のままになります。
  • イメージ仮想マシンが 1493 以前のマニフェストのポッドで作成された場合、VMware Dynamic Environment Manager のインストール ファイルのパスは C:\Program Files\Immidio\Flex Profiles です。その後、その仮想マシンで [エージェントの更新] ワークフローを実行すると、ファイル パスは C:\Program Files\Immidio\Flex Profiles のままになります。
基本イメージ仮想マシンが最初に Microsoft Azure で手動で作成された場合
VMware Dynamic Environment Manager のインストール ファイルのパスは、手動で作成した仮想マシンに VMware Dynamic Environment Manager エージェントをインストールした方法によって異なります。
  • Horizon Agents Installer バージョン 19.2 を使用して VMware Dynamic Environment Manager エージェントをインストールした場合、VMware Dynamic Environment Manager のインストール ファイルのパスは、C:\Program Files\VMware\Horizon Agents\User Environment です。その後、その仮想マシンで [エージェントの更新] ワークフローを実行すると、ファイル パスは C:\Program Files\VMware\Horizon Agents\User Environment のままになります。
  • 別のスタンドアロンの VMware Dynamic Environment Manager インストーラを使用して VMware Dynamic Environment Manager エージェントをインストールした場合、VMware Dynamic Environment Manager のインストール ファイルのパスは C:\Program Files\Immidio\Flex Profiles です。その後、その仮想マシンで [エージェントの更新] ワークフローを実行すると、ファイル パスは C:\Program Files\Immidio\Flex Profiles のままになります。

また、基本イメージ仮想マシンが最初に Microsoft Azure で手動で作成され、その時点で VMware Dynamic Environment Manager エージェントをインストールしなかった場合、その後 [エージェントの更新] ワークフローでエージェントをインストールするときに、[エージェントの更新] ウィザードのコマンドラインの手順でコマンドライン引数 ADDLOCAL=UEM を使用します。