状況によっては、これらのサブスクリプションにデプロイされたポッドに関連付けられている Microsoft Azure サブスクリプション情報を変更、修正、または更新する必要がある場合があります。同様に、この機能を使用して、ポッドのサブスクリプションとは別のサブスクリプションを使用して外部ゲートウェイをデプロイする場合は、サブスクリプション情報の変更が必要になる場合があります。Horizon Cloud 環境に保存されているサブスクリプション情報を変更、修正、または更新するには、Horizon Universal Console の [サブスクリプションの管理] ワークフローを使用します。[サブスクリプションの管理] ワークフローは、新しいサブスクリプション情報を環境に追加するためにも使用されます。また、ポッドに関連付けられていないサブスクリプション情報を完全に削除して、Horizon Cloud に表示されないようにすることもできます。

デプロイされたポッドに関連付けられている Microsoft Azure サブスクリプション情報を変更、変更、または更新する必要があるかどうかをどのようにして確認できますか。サブスクリプションのアプリケーション キーを作成して有効期限を 1 年にし、現在、360 日目が近づいているとします。最終の 365 日目が経過して、キーの有効期限が切れる前に、まず Microsoft Azure ポータルを使用してサブスクリプションの新しいキーを作成し、Horizon Universal Console に保存されているサブスクリプション情報をすぐに変更して新しいキーの使用を開始する必要があります。Microsoft Azure ポータル側と Horizon Universal Console 側の両側のサブスクリプション情報が一致すると、Horizon Cloud 環境に保存されているサブスクリプション情報は、そのサブスクリプションにすでにデプロイされているポッドで使用できます。

ポッドまたはその外部ゲートウェイ(そのゲートウェイが別のサブスクリプションでデプロイされている場合)で使用されるサブスクリプション情報を [キャパシティ] ページの [リソース] タブから更新します。サブスクリプション情報のフィールドの詳細については、Microsoft Azure 上の Horizon ポッド - Horizon Universal Console の [キャパシティ] ページを使用した、ポッド フリートへのポッドの追加を参照してください。

手順

  1. コンソールで、[キャパシティ] ページに移動して、[リソース] をクリックします。
    次のスクリーンショットは、2 つの名前付きサブスクリプションが一覧表示された [リソース] タブを示しています。それぞれの名前はハイパーリンクです。ハイパーリンク名をクリックすると、保存されている情報を変更できるウィンドウが開きます。

  2. 表示されたサブスクリプション名をクリックして、新しい値を使用するように変更します。


    Microsoft Azure サブスクリプション情報のセットのハイパーテキスト名をクリックすると、[サブスクリプションの管理] ウィンドウが開き、デフォルトでは [編集] アクションが選択されています。



  3. Microsoft Azure ポータルでサブスクリプションに設定した値と一致するように変更する新しい値を入力します。
    [サブスクリプション名][アプリケーション ID]、および [アプリケーション キー] を変更することができます。 [アプリケーション キー] フィールドにキーを表示するためのアイコンがある場合でも、キーは非表示のままになります。新しいサブスクリプション名を入力するには、[サブスクリプションの管理] ウィンドウの [サブスクリプション名] メニューの横にある [編集] をクリックします。
    注: [サブスクリプション ID] および [ドメイン ID] の値を更新することはできません。
  4. [確認] をクリックします。

結果

新しい値が保存され、 Horizon Cloud 環境に格納されます。