Horizon Universal Console の [サブスクリプションの管理] ワークフローを使用して、Horizon Cloud 環境に保存されている Microsoft Azure サブスクリプション情報を編集または削除します。また、このワークフローを使用して、そのサブスクリプションのキャパシティにポッドをデプロイする前に、Horizon Cloud に保存する Microsoft Azure サブスクリプション情報を追加することもできます。

ポッドのデプロイ プロセスで Microsoft Azure サブスクリプション情報を使用することに加えて、Horizon Cloud は Microsoft Azure サブスクリプション情報を使用して、Microsoft Azure クラウドのサブスクリプションのキャパシティにデプロイしたポッドを実行および管理する必要があります。ポッドのデプロイ ウィザードで指定したサブスクリプション情報は Horizon Cloud 環境に保存されます。情報は、指定した名前を使用して、構成設定として保存されます。[サブスクリプションの管理] ワークフローを使用すると、これらの保存されたサブスクリプション構成を追加、編集、および削除できます。



注: 既存の Microsoft Azure サブスクリプションが保存されていない場合は、 [アクション] メニューの [追加] オプションのみを利用できます。

[サブスクリプションの管理] ワークフローを起動する方法

[サブスクリプションの管理] ワークフロー全体は、コンソールの [キャパシティ] ページの [リソース] タブの [管理] アクションまたは [はじめに] ページから起動できます。次のスクリーンショットは、[キャパシティ] ページの [管理] アクションの場所を示しています。



[リソース] タブに一覧表示されているサブスクリプションの名前をクリックして、ワークフローを起動することもできます。特定の名前をクリックすると、[サブスクリプション名] フィールドにデフォルトで選択されている名前の [サブスクリプションの管理] ウィンドウが開き、その名前で保存されている情報が事前に入力されたその他のフィールドが表示されます。

注: 特定の名前をクリックして [サブスクリプションの管理] を開くと、[アクション] メニューで [編集] オプションが事前に選択されています。システムは、特定の項目をクリックしたときに、その特定の構成を更新することを想定しています。

既存のサブスクリプションの編集

Horizon Cloud がデプロイしたポッドとともに使用することに依存する Microsoft Azure ポータルのサブスクリプション情報を変更した場合は、Horizon Cloud に保存されている構成の対応する情報を更新する必要があります。Microsoft Azure ポータル側と Horizon Universal Console 側の両側のサブスクリプション情報が一致する場合のみ、Horizon Cloud 環境に保存されているサブスクリプション情報は、そのサブスクリプションにすでにデプロイされているポッドで使用できます。たとえば、Microsoft Azure 側でサブスクリプションのアプリケーション ID を変更する場合、Horizon Cloud にログインし、[サブスクリプションの管理] ワークフローの [編集] アクションを使用して、保存された構成の [アプリケーション ID] フィールドを一致するように更新します。

編集手順については、デプロイされた Horizon Cloud ポッドに関連付けられたサブスクリプション情報の変更、修正、更新を参照してください。

既存のサブスクリプションの削除

編集のほかに、このワークフローでは、そのサブスクリプション名に関連付けられたすべてのポッドが削除されたときに、保存済みの構成を削除することもできます。保存済みの構成を削除すると、次回ポッドのデプロイを開始したときに、そのサブスクリプション名がポッド デプロイ ウィザードに表示されなくなります。このように使用されなくなったサブスクリプション名を削除することは、新しいポッドを繰り返しデプロイしてから削除した後再デプロイし、さらに以前のデプロイから保存されたサブスクリプション情報を削除しようとする Horizon Cloud 環境からトライアルや事前検証 (POC) を実行している場合に役立ちます。

指定されたサブスクリプション情報のセットを削除するには、次の手順を実行します。

  1. [キャパシティ] ページの [リソース] タブで、Horizon Cloud から削除するサブスクリプションの名前をクリックします。次のスクリーンショットは、クリック可能な名前 sub1sub2 を示しています。

  2. 表示される [サブスクリプションの管理] ウィンドウで、クリックしたサブスクリプション名が削除対象であることを確認し、[アクション] メニューの [削除] を選択します。次のスクリーンショットは、名前 sub2 の下に保存されたサブスクリプション情報の [削除] アクションの選択を示しています。

    注: サブスクリプション名に関連付けられているポッドがある場合は、削除できないというメッセージが表示されます。ゼロ ポッドが関連付けられているサブスクリプション名のみを削除できます。
  3. [確認] をクリックします。

Microsoft Azure クラウドにデプロイしたすべてのポッドを削除し、保存されているすべてのサブスクリプション情報を削除する使用事例では、[はじめに] ページに移動し、そのポッドの [管理] > [サブスクリプションの管理] ウィンドウを開いて、指定された情報のセットを削除します。

新しいサブスクリプション情報の追加

[サブスクリプションの管理] ワークフローでは、サブスクリプション情報の新しいセットを追加し、ポッドのデプロイ ウィザードの外部にある Horizon Cloud 環境に保存することもできます。この使用事例は、チームの 1 人が特定のバージョンを使用してすべてのサブスクリプション情報を追加するときに、チームの別の担当者が実際にポッドを展開する責任を負うなど、チームのメンバーに明確な責任がある場合に役立ちます。最初の担当者は、ポッドのデプロイ プロセスの前に、すべての情報を Horizon Cloud に追加できます。

重要: 新しい情報を入力する場合は、入力するサブスクリプション情報が 前提条件に記述されるサブスクリプション要件を満たしていることを確認する必要があります。特に、サービス プリンシパルに必要な役割の権限が付与されていることを確認してください。情報がサブスクリプション要件を満たしていない場合、新しいポッドを展開するワークフローでこの指定されたサブスクリプション情報のセットを選択すると、ワークフローが失敗することがあります。

新しいサブスクリプション情報のセットを追加して Horizon Cloud に保存するには、次の手順を実行します。

  1. [キャパシティ] ページの [リソース] タブで、[管理] をクリックします。

    注: [はじめに] ページで新しいサブスクリプションを追加する場合は、 [管理] > [サブスクリプションの管理] の順にクリックします。
  2. [サブスクリプションの管理] ウィンドウで、[アクション][追加] に設定されていることを確認します。
  3. [サブスクリプション名] に、保存されているサブスクリプション情報のセットに使用する名前を入力します。コンソールは、ページでこの名前を使用し、サブスクリプションに関連するワークフローを使用します。名前は、文字から始まり、文字、ダッシュ、および数字のみで構成する必要があります。
  4. Microsoft Azure サブスクリプション情報を指定します。
    オプション 説明
    [環境] 次のような、サブスクリプションに関連付けられているクラウド環境を選択します。
    • [Azure - Commercial]:標準的なグローバル Microsoft Azure クラウドの領域の場合
    • [Azure - 中国]:Microsoft Azure (中国)クラウドの場合
    • [Azure - US Government]:Microsoft Azure US Government クラウドの場合
    [サブスクリプション ID] クラウド キャパシティのサブスクリプション ID を UUID の形式で入力します。選択した環境で有効なサブスクリプション ID を入力してください。Microsoft Azure では、Microsoft Azure ポータルの [サブスクリプション] 領域でこの UUID を取得できます。
    [ディレクトリ ID] Microsoft Azure Active Directory のディレクトリ ID を UUID 形式 で入力します。Microsoft Azure では、Microsoft Azure ポータルの Microsoft Azure Active Directory プロパティで UUID を取得できます。
    [アプリケーション ID] Microsoft Azure ポータルで作成したサービス プリンシパルのアプリケーション ID を UUID 形式で入力します。Microsoft Azure Active Directory で、アプリケーション登録とそれに関連付けられたサービス プリンシパルを作成することは必須です。
    [アプリケーション キー] Microsoft Azure ポータルで作成したサービス プリンシパル認証キーの値を入力します。このキーの作成は必須です。
  5. [確認] をクリックします。