Horizon Universal Console 内の App Volumes アプリケーションのアプリケーション詳細ページで、アプリケーション パッケージの追加、削除、その他の変更を行えます。

重要: App Volumes アプリケーションを編集する前に、Microsoft Azure のすべてのポッドが健全な状態であることを確認します。App Volumes アプリケーションはテナントレベルのリソースであるため、変更はすべてのポッドに伝達されます。この場合、いずれかのポッドが非健全な状態になると、アプリケーションがエラー状態になる可能性があります。

App Volumes アプリケーションのアプリケーション詳細ページを表示するには、[アプリケーション] ページの [App Volumes] タブに移動し、[アプリケーション] 列でそのアプリケーションをクリックします。

次の表は、アプリケーションの詳細ページで実行できるアクションを示しています。

アクション 説明
アプリケーションへのアプリケーション パッケージの追加
  1. [新規] をクリックします。

    [アプリケーション パッケージの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。[アプリケーション][説明] には、現在のアプリケーションの情報が事前入力されています。

  2. [新しいアプリケーション パッケージ] ウィンドウの [定義] の下に、以下に示す値を入力します。
    • [パッケージ]:パッケージの一意の名前を入力します。
    • [説明]:(オプション)パッケージの説明を入力します。
  3. [新しいアプリケーション パッケージ] ウィンドウの [アプリケーション パッケージのデスクトップ] の下に、以下に示す値を入力します。
    • [場所][ポッド] ドロップダウン メニューに表示される一連のポッドをフィルタする場所を選択します。
    • [ポッド][イメージ] ドロップダウン メニューに表示される一連のポッドをフィルタするポッドを選択します。ドロップダウン メニューには、App Volumes が有効になっており、App Volumes Agent がインストールされたイメージが少なくとも 1 つあり、Unified Access Gateway が有効になっているポッドのみが表示されます。
    • [イメージ]:イメージを選択します。ドロップダウン メニューには、App Volumes Agent がインストールされているイメージのみが表示されます。
  4. [保存] をクリックします。
新しいアプリケーション パッケージは、アプリケーションの詳細ページの一覧に表示されます。
アプリケーション パッケージのライフサイクル ステータスの変更 パッケージを初めて作成した際には、システムによってステータスが New に設定され、パッケージに含めるアプリケーションのキャプチャが完了すると、システムによってステータスが Packaged に変更されます。

この時点から、ステータスを TestedPublished、または Retired に更新できるようになり、アプリケーション パッケージのインベントリを追跡する助けとなります。

アプリケーション パッケージに含めるアプリケーションのキャプチャ ステータスが New のアプリケーション パッケージがある場合は、アプリケーションをキャプチャして、そのパッケージに含めることができます。
  1. 新しいアプリケーション パッケージを選択し、[キャプチャの開始] をクリックします。

    新しいブラウザ タブで、Horizon HTML Access(ブラスト)ログイン フォームが開きます。

  2. Horizon Universal Console へのログインに使用したものと同じ認証情報を使用してログインします。
  3. Horizon HTML Access クライアントで、キャプチャ デスクトップ仮想マシンを起動します。
  4. コンソールへのログインに使用したのと同じ認証情報を使用して、Windows 10 オペレーティング システムにログインします。
    Windows 10 デスクトップに、 [VMware App Volumes - パッケージの進行中] ダイアログ ボックスが、 [パッケージング中...] のメッセージとともに表示されます。
    重要: このダイアログ ボックスを閉じないでください。必要に応じて、アプリケーション パッケージに必要なアプリケーションのインストールが完了するまで、邪魔にならない場所に移動します。
  5. アプリケーション パッケージにパッケージ化するアプリケーションをインストールします。
    注: キャプチャ セッションごとに 1 つのアプリケーションのみをキャプチャすることがベスト プラクティスです。1 つのアプリケーションをインストールして、キャプチャ プロセスを終了します。アプリケーションのアプリケーション パッケージがコンソールの [アプリケーション] ページに表示されている場合は、新しいパッケージに別のアプリケーションをキャプチャできます。 Horizon Cloud:既存の App Volumes アプリケーションへの新しいアプリケーション パッケージの追加を参照してください。
  6. [VMware App Volumes - パッケージの進行中] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。アプリケーションのインストールが終了したら、[App Volumes – パッケージの進行中] ウィンドウで OK をクリックします。次の [App Volumes –パッケージの進行中] ウィンドウが表示されます。

    [VMware App Volumes - パッケージの進行中] ダイアログ ボックスに、[インストールが完了しましたか? ] というメッセージが表示されます。

  7. [はい] をクリックします。

    [VMware App Volumes - パッケージの完了] ダイアログ ボックスが表示されます。

  8. 名前とバージョンに必要な変更を加え、必要に応じて説明を追加します。[名前] に表示される値は、コンソールの [アプリケーション] ページに表示される値です。
  9. [完了] をクリックします。

    仮想マシンの再起動を求めるメッセージが表示されます。

  10. [OK] をクリックして、仮想マシンの再起動を許可します。

    キャプチャ デスクトップ仮想マシンが再起動すると、HTML Access クライアント セッションによって切断されたことを示すメッセージが表示されます。

  11. キャプチャ デスクトップ仮想マシンがオンラインに戻ったら、再度ログインして、[パッケージ化に成功しました! ]というメッセージを確認します。
  12. キャプチャ デスクトップ仮想マシンからログアウトします。
[アプリケーションの詳細] ページに、Application capture in progress のステータスで新しいアプリケーション パッケージ表示されます。アプリケーション パッケージのインポートが完了すると、ステータスは Success に変わります。
アプリケーション パッケージへのマーカーの追加 マーカーを追加するには、[マーカー] をクリックし、ドロップダウン メニューからマーカーを選択します。アプリケーション パッケージに追加するマーカーはいずれも、割り当ての作成プロセス時、そのアプリケーション パッケージに関連付けられます。詳細については、Horizon Cloud:App Volumes 割り当ての作成を参照してください。
アプリケーション パッケージの名前と説明の編集 [...] > [編集] をクリックし、変更を加え、[保存] をクリックします。
アプリケーションからのアプリケーション パッケージの削除 [...] > [削除] をクリックします。
注: 割り当てに関連付けられているアプリケーション パッケージを削除することはできません。
アプリケーション パッケージのイメージの更新 [...] > [更新] をクリックし、変更を加え、[保存] をクリックします。