App Volumes アプリケーション機能を使用して、アプリケーションのライフサイクル全体を管理できます。これには、アプリケーションのパッケージ作成、更新、およびリタイアが含まれます。アプリケーションの割り当てをカスタマイズして、特定のバージョンのアプリケーションをエンド ユーザーに提供することもできます。

Horizon Cloud の VMware App Volumes 機能の概要

次の表は、Horizon Cloud の VMware App Volumes 機能の概要を示しています。

機能領域 説明
デプロイ
  • 完全に自動化されたデプロイ。App Volumes マネージャ、App Volumes データベース、ストレージなどの App Volumes インフラストラクチャ コンポーネントの自動プロビジョニング。
  • データベースのニーズに合わせて Microsoft Azure PostgreSQL マネージド サービスを利用します。追加のデータベース管理は不要です。
  • ポッドのセットアップ時に、アプリケーションを保存および配信するための Microsoft Azure ファイル共有の自動プロビジョニング。
管理コンソール
  • App Volumes コンソールは、Horizon Universal Console にシームレスに統合されます。デスクトップとアプリケーションを同じコンソールで管理します。
  • App Volumes Agent のインストール エクスペリエンスは、Horizon Cloud イメージ作成ワークフローにシームレスに統合されています。
App Volumes 4 Agent

オンプレミスおよび Microsoft Azure デプロイの両方に使用される統合され、パフォーマンス最適化されたエージェント。

パッケージ作成
  • Microsoft Azure ファイル共有を使用して提供される VHD ベースのパッケージをサポートしています。
  • アプリケーション パッケージの作成は Horizon Cloud 内でネイティブに実行されます。コマンドライン ツールは不要です。
  • ユーザーは、App Volumes を使用して、MSIX アプリケーション添付の VHD をインポートし、この新しいパッケージ形式を提供できます。
アプリケーション ライフサイクル管理

すでに App Volumes 4 オンプレミスの一部となっている SAM (Simplified Application Management) 機能をサポートします。管理者は、アプリケーションのライフサイクル全体(パッケージ作成、更新、リタイアなど)を管理できるようになりました。

アプリケーション割り当て
  • 管理者は、アプリケーションの割り当てをカスタマイズして、特定のバージョンのアプリケーションをエンド ユーザーに提供することができます。
  • マルチポッド アプリケーションの提供をサポートします。
ハイブリッド クラウドのサービス

オンプレミスの App Volumes ユーザーが、オンプレミスのデプロイから Microsoft Azure 上の Horizon Cloud にアプリケーション パッケージをインポートできるようになりました。オンプレミス パッケージを再利用します。Microsoft Azure 用にパッケージを作成し直す必要はありません。

App Volumes アプリケーション プロセスの概要

ユーザーが App Volumes アプリケーションを使用できるようにするには、次の 2 段階のプロセスがあります。

  • Horizon Universal Console で App Volumes アプリケーションを追加します。これを行うには、次の 2 つの方法があります。
  • App Volumes アプリケーションをユーザーに割り当てる App Volumes 割り当てを作成します。Horizon Cloud:App Volumes 割り当ての作成を参照してください。

テナントのインベントリに App Volumes アプリケーションを追加するための前提条件

App Volumes アプリケーションをインベントリに追加する前に、環境が次の前提条件を満たしていることを確認します。

重要: Horizon Cloud での管理タスクのためのクラウドベースの Horizon Universal Console のツアーに記載されているように、クラウドベースのコンソールは動的であり、 Horizon Cloud テナント環境の最新の状況に適したワークフローと設定が反映されます。機能へのアクセスは、テナントのリージョン クラウド プレーン、クラウドに接続されたポッドがポッドの最新レベルのソフトウェアを実行しているかどうか、機能が特定のライセンスに基づいているかどうかなどの要因によって異なります。お持ちのライセンスまたはテナント アカウント構成にそのような機能の使用が含まれる場合のみ、コンソールにその機能に関連する要素が動的に反映されます。使用したい機能がコンソール内に見つからない場合は、VMware アカウントの担当者に問い合わせて、お持ちのライセンスおよびテナント アカウント構成にその機能を使用する資格が付与されているか確認してください。
  • 新規のお客様:
    • 2020 年 7 月 9 日以降、Horizon Universal License サブスクリプションをご購入の新規のすべてのお客様は、Horizon Cloud on Microsoft Azure ポッドの App Volumes を使用するためのテナント アカウントがデフォルトで有効です。
  • 既存のお客様:
    • 2020 年 3 月 16 日より後かつ 2020 年 7 月 9 日より前に作成された既存のテナント アカウントをお持ちのお客様は、バージョン 3.1(マニフェスト バージョン 2298.0)のアップグレードが利用可能になり、すべてのポッドをそのバージョンにアップグレードした後に、Horizon Cloud on Microsoft Azure ポッドの App Volumes を使用できます。すべてのポッドのアップグレードが正常に完了した後に App Volumes 機能を要求するには、https://kb.vmware.com/s/article/2006985の説明に従って VMware のサポートにお問い合わせください。
    • 2020 年 3 月 16 日より前に作成された既存のテナント アカウントをお持ちのお客様は、現時点では Horizon Cloud on Microsoft Azure ポッド に対して App Volumes を有効にすることはできません。これらのアカウントは、最初に Microsoft Azure の地域別 Horizon Cloud 制御プレーンのインスタンスの 1 つに移行する必要があります。この移行が利用可能になると、VMware Horizon サービス チームから該当するお客様に E メールで通知を送信します。
  • ポッド マニフェストの要件:
    • 単一セッション タイプの Microsoft Windows オペレーティング システムを実行している App Volumes 機能を使用するには、ポッドのマニフェストが 2298.x 以降である必要があります。
    • Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッション オペレーティング システムを実行している App Volumes 機能を使用するには、ポッドのマニフェストが 2747.x 以降である必要があります。
  • ポッドが Unified Access Gateway インスタンスで構成されている必要があり、また、Horizon Cloud 環境の使用を開始するの説明に従って Active Directory ドメイン登録ワークフローを完了している必要があります。
  • Horizon Universal Console を使用してドメインを登録した後、ドメイン コントローラ ポリシーを [ドメイン コントローラ: LDAP サーバ署名要件][署名が必要] に設定している場合、次の手順を実行する必要があります。
    1. [設定] > [Active Directory] ページで、[ドメイン バインド] の横にある編集(鉛筆)アイコンをクリックします。
    2. [バインド パスワード] テキスト ボックスにプライマリ バインド アカウントのパスワードを入力します。その他の変更は行わないでください。
    3. [ドメイン バインド] をクリックします。
  • Horizon Universal Consoleで、すべてのポッドの詳細ページにポッドにファイル共有がマウントされていることが示されていることを確認します。
  • Horizon Cloud のDNS、ポート、およびプロトコルの要件を満たすだけでなく、TCP プロトコル トラフィック用のポート 445 を開く必要があります。ポート 445 は、Microsoft Windows の SMB ファイル共有にアクセスするための標準の SMB ポートです。AppStack は、Microsoft Azure サブスクリプションのポッドのリソース グループにある SMB ファイル共有に保存されます。
  • Unified Access Gateway インスタンスで構成された Microsoft Azure のポッドに必要な Unified Access Gateway の FQDN マッピングの手順が完了していること。
  • お使いのポッドの詳細ページに次の設定が表示されていることを確認していること。このページを開くには、[キャパシティ] ページ([設定] > [キャパシティ])に移動して、ポッドをクリックします。
    • [プロパティ][FileShare] フィールドの値が 2 で、数字にカーソルを合わせると、両方のファイル共有が表示されます。
    • ページの下部にある [ゲートウェイ] 設定が入力されている。これは、Unified Access Gateway が構成されていることを示します。
  • コンソールで作成ワークフローを使用して、アプリケーション パッケージを作成して App Volumes アプリケーションを追加するには、コンソールのインベントリに次の条件を満たす公開イメージが必要です。
    • クライアント タイプの Microsoft Windows 10 オペレーティング システムを実行している。このクライアント タイプは、VDI タイプのオペレーティング システムと呼ばれる場合があります。クラウド内キャプチャ ワークフローは、VDI タイプのオペレーティング システムでのみ使用できます。クラウド内キャプチャ ワークフローは、マルチセッションまたは RDS タイプのオペレーティング システムでは使用できません。
    • App Volumes Agent がインストールされている。

Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド内の App Volumes アプリケーションで Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッション イメージを使用するためのベスト プラクティス

次のベスト プラクティスにより、ユーザーと管理者の使用環境の向上につなかります。Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド内の App Volumes アプリケーションで Microsoft 10 Enterprise マルチセッション イメージを使用するための設定も参照してください。

  • 基本イメージに、プリンタ ドライバを使用してハードウェア プリンタをインストールします。関連する既知の問題の情報(特に既知の問題のトピック)については『Microsoft Azure および Horizon ポッドの Horizon Cloud へのデプロイとオンボーディング』ガイドを参照してください。
  • Microsoft のドキュメント FAQ で説明されているように、Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッションは、以前は Microsoft Windows Server オペレーティング システムでのみ提供された複数の同時対話型セッションを許可する Remote Desktop Session Host (RDSH) タイプの仮想マシンです。Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッションは RDSH タイプのオペレーティング システムであるため、VDI 関連のワークフローではなく、Horizon Cloud RDSH に該当するワークフローが適用されます。したがって、これらのマルチセッション システムに基づいてエンド ユーザーにセッション デスクトップを提供するには、ファームの作成の説明に従ってファームを作成します。ファームに基づいたセッション デスクトップで App Volumes アプリケーションの使用をサポートするには、次のすべてのファーム設定が必要です。これらの設定によりファーム仮想マシンのオペレーティング システム ディスクが定期的に初期状態に更新され、この定期的な更新は、そのような仮想マシンでの App Volumes アプリケーションの使用をサポートするために必要です。
    必要なローリング メンテナンスの設定
    • メンテナンス タイプ:[セッション]
    • セッション数:仮想マシン 1 台あたりのセッション数と同じ
    • [仮想マシン アクション][再構築]
    • [同時に静止する仮想マシン数]:ファーム サイズの 40%
    必要なタイムアウト処理の設定
    • [切断済みセッションのログオフ]:90 分後のタイムアウト
    • [セッション タイムアウト間隔]:90 分
  • 基本イメージを作成する場合は、アプリケーション パッケージのプロビジョニング プロセスの最後に、アプリケーションの自動更新サービスを無効にします。関連する既知の問題の情報(特に既知の問題のトピック)については『Microsoft Azure および Horizon ポッドの Horizon Cloud へのデプロイとオンボーディング』ガイドを参照してください。
  • アプリケーションをインストールしたり、同じ仮想マシン上のすべてのユーザー セッション間で共有しないファイルを作成したりするときに、ファイルをユーザー自身のプロファイルの場所に配置できることをユーザーに通知します。