ワーカー ノードを Horizon Cloud Connector クラスタから削除するには、以下の手順を実行します。ワーカー ノードをクラスタから削除すると、Horizon Cloud Connector フレームワーク サービスはスケール ダウンされ、プライマリ ノードでの単一インスタンスとして実行されます。

前提条件

クラスタから削除するワーカー ノード仮想マシンの IP アドレスを取得します。

手順

  1. クラスタのプライマリ ノードへの SSH セッションを開き、削除コマンドを実行します。ここでの <WORKER_IP> は、ワーカー ノードの IP アドレスです。
    /opt/vmware/sbin/primary-cluster-config.sh -rs <WORKER_IP>
    中断されることなく削除コマンドを実行できるようにします。このコマンドは、ノードからの各レプリカ サービスの削除を説明する進行状況の出力が表示されます。コマンド出力の最後で、次の例のような行を探します。ここでの <WORKER_IP><PRIMARY_IP> は、それぞれワーカー ノードとプライマリ ノードの IP アドレスです。
    Please run the following command on worker node <WORKER_IP> to complete clean up:
    /opt/vmware/sbin/worker-cluster-config.sh -r <PRIMARY_IP>

    このクリーンアップ コマンドを書き留めます。

  2. ワーカー ノードへの SSH セッションを開き、前の手順で取得したクリーンアップ コマンドを実行します。
    /opt/vmware/sbin/worker-cluster-config.sh -r <PRIMARY_IP>
    中断されることなくクリーンアップ コマンドを実行できるようにします。このコマンドを実行すると、各クリーンアップ タスクを説明する進行状況の出力と、クリーンアップの進行状況で処理されない構成を手動で消去するための手順が表示されます。後で使用できるように、これらの手動の操作手順を書き留めます。

    出力の最後で、次の例のような行を探します。

    Please restart this VM to complete the clean up.
  3. 次のいずれかの処理を行います。
  4. 前に取得した操作手順を使用して、手動クリーンアップ タスクを実行します。
  5. クラスタからのワーカー ノードの削除を検証するには、プライマリ ノード仮想マシンで次のコマンドを実行します。
    kubectl get nodes -o wide
    コマンド出力で、ワーカー ノードがクラスタのメンバーとしてリストされなくなっていることを確認します。