この記事では、クラスタ内のプライマリ ノードとワーカー ノードで実行されている Kubernetes ポッドに依存する、Horizon Cloud Connector 2.0 以降のシステム アーキテクチャについて説明します。また、このアーキテクチャが Horizon ユニバーサル ライセンスを含むコア Horizon Cloud Connector サービスにフォルト トレランス機能を提供する方法についても説明します。

バージョン 2.0 より、Horizon Cloud Connector はデュアル ノード クラスタとサービス レベルのフォルト トレランスに対するサポートを提供します。Horizon Cloud Connector 2.0 以降では、すべてのサービスがノード上の Kubernetes ポッドとして実行されます。

注: このリリースでは、オンプレミスの Horizon ポッドまたは VMware Cloud on AWS の Horizon ポッドとペアリングされたアプライアンスに対してのみ、デュアル ノード クラスタとサービス レベルのフォルト トレランスがサポートされます。他の SDDC プラットフォームにデプロイされた Horizon ポッドは、プライマリ ノードのみで構成される単一ノード クラスタをサポートし、サービス レベルのフォルト トレランスはサポートしません。

Horizon Cloud Connector クラスタについて

Horizon Cloud Connector クラスタは、以下のメンバーから構成されます。

  • Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのプライマリ ノード
  • Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのワーカー ノード

最小要件として、クラスタにプライマリ ノードをメンバーとして含む必要があります。プライマリ ノードを含む既存のクラスタに対してワーカー ノードの追加と削除ができます。

プライマリ ノードについて

プライマリ ノードは、Horizon Cloud Connector クラスタの管理に必要な制御プレーン サービスを実行する Horizon Cloud Connector アプライアンスの仮想マシン (VM) です。

プライマリ ノードは、次のサービスのプライマリ インスタンスも実行します。

  • Horizon Cloud Connector フレームワーク サービス。これには、アプライアンス構成ポータルにリストされている以下のサービスが含まれます。
    • Connector クライアント サービス
    • クラウド プロキシ サービス
    • Connection Server プロキシ サービス
  • クラウド ブローカ クライアント サービス (CBCS)(Universal Broker をサポート)
  • Connection Server 監視サービス (CSMS)
  • イメージ ローカリティ サービス (ILS)(オプションの Horizon Image Management Service をサポート)

プライマリ ノードをデプロイして Horizon ポッドとペアリングするには、Horizon Cloud テナント環境への最初のポッドとして、VMware SDDC にデプロイされた既存の Horizon ポッドをオンボーディングする場合のワークフローの概要に記載されているガイドラインに従ってください。

ワーカー ノードについて

ワーカー ノードは、次のサービスのレプリカ インスタンスを実行する Horizon Cloud Connector アプライアンスのセカンダリ仮想マシンです。

  • Horizon Cloud Connector フレームワーク サービス。これには、Horizon Cloud Connector 構成ポータルにリストされている以下のサービスが含まれます。
    • Connector クライアント サービス
    • クラウド プロキシ サービス
    • Connection Server プロキシ サービス

ワーカー ノードを Horizon Cloud Connector クラスタに追加することで、これらのサービスをスケール アップし、増大したワークロードをサポートできます。ワーカー ノードをクラスタから削除すると、サービスはプライマリ ノードで実行されている単一インスタンスにスケール ダウンされます。

注: このリリースでは、ワーカー ノードは Horizon Cloud Connector フレームワーク サービスのレプリカ インスタンスのみをサポートします。CBCS、CSMS、ILS、およびクラスタ管理サービスを含む、その他のすべてのサービスは、プライマリ ノード上で単一インスタンスとして実行されます。

ワーカー ノードをデプロイするには、Horizon Cloud Connector 2.0 以降:Horizon Cloud Connector クラスタへのワーカー ノードの追加で説明されている手順に従ってください。ワーカー ノードをクラスタから削除するには、Horizon Cloud Connector 2.0 以降:Horizon Cloud Connector クラスタからのワーカー ノードの削除で説明されている手順に従ってください。

サービス レベルのフォルト トレランスは、さまざまな停止シナリオでどのように機能しますか。

このセクションでは、さまざまな停止状態において、デュアル ノード Horizon Cloud Connector クラスタがフォルト トレランスと Horizon ユニバーサル ライセンスの継続的な可用性をどのようにサポートするかを説明します。

注: このリリースでは、前のセクションで説明したように、 Horizon Cloud ConnectorHorizon Cloud Connector フレームワーク サービスのフォルト トレランスのみをサポートします。その他すべてのサービスは、プライマリ ノード上で単一インスタンスとして実行され、その単一インスタンスに障害が発生した場合は使用不可になります。
  1. [フレームワーク サービスに障害が発生した場合]

    前述のように、Horizon Cloud Connector フレームワーク サービス(Connector クライアント サービス、クラウド プロキシ サービス、Connection Server プロキシ サービス)は、プライマリ ノードとワーカー ノードでデュアル インスタンスとして実行します。あるノードでフレームワーク サービスに障害が発生した場合、そのサービスのレプリカ インスタンスが他のノードで引き続き実行され、確実に Horizon Cloud Connector フレームワーク サービスと Horizon ユニバーサル ライセンスが完全に動作するようにします。

    たとえば、プライマリ ノードでクラウド プロキシ サービスに障害が発生した場合、ワーカー ノード上のクラウド プロキシ サービスのレプリカ インスタンスが引き続き実行されます。完全に動作するフレームワーク サービスにより、Horizon Cloud ライセンス サービスは 24 時間ごとにポッドと同期し続けることができます。

  2. [ワーカー ノードに障害が発生した場合]

    ワーカー ノード全体の動作が失われた場合、プライマリ ノード上の単一インスタンスと Horizon ユニバーサル ライセンスが完全に動作し続けるため、すべてのサービスが中断することなく引き続き実行されます。

    ワーカー ノードが完全に動作する状態に復旧するまで、Horizon Cloud Connector フレームワーク サービスは一時的にスケール ダウンします。

  3. [プライマリ ノードに障害が発生した場合]

    プライマリ ノード全体の動作が失われた場合、Horizon ユニバーサル ライセンスは 25 日間の同期猶予期間に入ります。この期間中、ライセンスは有効なままとなり、ポッドは完全に動作し続けます。詳細については、Horizon ユニバーサル ライセンスの監視を参照してください。

    Horizon Universal Console を使用して、ポッドの管理タスクを引き続き監視および実行できます。ただし、次の制限が適用されます。

    • Horizon Cloud Connector クラスタがエラー状態になります。
    • ワーカー ノードから Horizon Cloud Connector 構成ポータルにアクセスできません。
    • Universal Broker、Cloud Monitoring Service、Horizon Image Management Service は一時的に使用できなくなります。