この記事では、Horizon 制御プレーンおよび Horizon Cloud Service の使用に関連するいくつかの基本的な概念の概要について説明します。テナント環境全体は、VMware Cloud ベースのサービス、制御プレーン、およびオンプレミス、VMware SDDC、またはパブリック クラウド環境にデプロイされ、制御プレーンに接続されたポッドで構成されます。単一のクラウドベースの Horizon Universal Console から、ポッドが物理的に配置されている場所に関係なく、ポッド フリート全体で仮想デスクトップとアプリケーションを効率的にデプロイ、管理、および監視できます。

Horizon 制御プレーン


Horizon 制御プレーン サービスのさまざまなサービスを示す図。

VMware は制御プレーンをクラウドでホストします。各制御プレーン サービスは、Horizon 環境と仮想デスクトップおよびアプリケーションの管理を簡素化するために機能します。Horizon サブスクリプション ライセンスにサインアップすると、VMware はこの制御プレーンにテナント環境を作成し、そのライセンスの条件に従って構成します。

VMware は、責任を持ってサービスをホスティングし、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)環境の機能を更新および強化しています。Horizon Cloud はマルチテナント環境であり、いくつかのリージョンの制御プレーン インスタンスがあります。リージョンの制御プレーン インスタンスはそれぞれ、VMware Horizon サービスの説明およびサービス レベル アグリーメントのページから入手可能なサービスの説明ドキュメントに記載されているように、ホストの地理的なデータセンターに対応します。テナント アカウントは、アカウントの作成時に特定のリージョン インスタンスに関連付けられます。

制御プレーンの詳細については、Tech Zone のHorizon 制御プレーン サービスのアーキテクチャを参照してください。

Horizon Universal Console

制御プレーンは、Horizon Universal Console(または単にコンソール)と呼ばれる、共通のクラウドベースおよび Web ベースの管理ユーザー インターフェイスもホストします。このコンソールは、業界標準のブラウザで実行されます。このコンソールは、ユーザー割り当て、仮想デスクトップ、リモート デスクトップ セッション、およびアプリケーションに関与する管理タスクを IT 管理者のために 1 つにまとめた場所です。このコンソールは、テナントの現在の状態を動的に反映し、時間や場所に関係なくアクセスできるので、非常に柔軟に利用できます。

次のスクリーンショットは、テナントのポッド フリートに 4 つのポッドがある場合のコンソールの [キャパシティ] ページの [ポッド] タブを示しています。


4 つのポッドが表示されている Horizon Universal Console の [キャパシティ] ページ

クラウド接続されたポッド

Horizon デプロイでは、ポッドは主に概念的なエンティティです。ポッドは、パブリック クラウド、VMware SDDC、オンプレミス データセンターなど、サポートされている環境にデプロイされたさまざまなソフトウェア コンポーネントに基づいています。ポッドの相互に関連するコンポーネントは、仮想デスクトップとアプリケーションのプロビジョニングを提供し、エンド ユーザー クライアントの要求をその使用資格のある仮想デスクトップまたはアプリケーションにルーティングすることを容易にします。

クラウド接続されたポッドを構成するソフトウェア コンポーネントの特定のコレクションは、ポッドの構築に使用されるデプロイのタイプによって異なります。現在のサービス リリースでは、テナントでの次のポッド構造の使用がサポートされています。

Horizon ポッド
Horizon Connection Server ソフトウェアおよび関連するソフトウェア コンポーネント上に構築されます。コンポーネントは、オンプレミス、オールイン SDDC アーキテクチャ、フェデレーション アーキテクチャなど、VMware がそのようなポッドでの使用をサポートするアーキテクチャに従ってデプロイされます。これらのデプロイには、VMware SDDC が何らかの形式で含まれます。このポッド構造は、基盤となるソフトウェアが Horizon Connection Server であるため、 Horizon ポッドと呼ばれています。簡単な概要については、 Horizon ポッドのデプロイ アーキテクチャを参照してください。
Horizon Cloud ポッド
Microsoft Azure クラウドおよび Microsoft Azure 仮想デスクトップで使用するための Horizon Cloud ポッド マネージャ テクノロジー上に構築されます。ポッド コンポーネントは、 Horizon Cloud on Microsoft Azure デプロイ ウィザードを実行してデプロイされます。ウィザードは、Microsoft Azure サブスクリプションへのポッドのデプロイを自動化します。概要については、 Horizon Cloud on Microsoft Azureを参照してください。

最初のテナント環境

テナント環境は、クラウド接続されたポッドのないクリーンスレートで新たに起動します。最初の必要な手順は、そのクリーンスレート環境にポッドをオンボーディングすることです。そのポッドは、テナントのクラウド接続された最初のポッドになります。

次のスクリーンショットは、管理者が初めてログインしたときに、新しい Horizon Cloud 環境がどのように表示されるかを示しています。このクリーン スレート画面は、サービスにオンボーディングできるポッド タイプ(Horizon ポッドと Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッド)を中心にしています。1 つのポッドがオンボーディングされ、Active Directory ドメイン登録が完了するまで、左側のナビゲーションにある他のすべてのユーザー インターフェイス ページにアクセスできません。


最初のクラウド接続ポッドを取得する前の Horizon Cloud 環境のスクリーンショット

最初のポッドをポッド フリートに追加するために必要な項目については、ポッドのタイプ(Horizon ポッドまたは Horizon Cloud ポッド)に対応する要件チェックリストを参照してください。