NSX Data Center for vSphere のインストールまたはアップグレードを行う前に、ネットワーク構成とリソースについて検討します。vCenter Server ごとに 1 つの NSX Manager をインストールできます。ESXi ホストあたり 1 つの ゲスト イントロスペクション インスタンス、データ センターあたり複数の NSX Edge インスタンスをインストールできます。

ハードウェア

次の表は、NSX Data Center for vSphere アプライアンスのハードウェア要件です。

表 1. アプライアンスのハードウェア要件
アプライアンス メモリ vCPU ディスク容量
NSX Manager 16 GB(大規模な環境の場合は 24 GB)

4

大規模な環境の場合:

8 以下(6.4.0 から 6.4.6)

32 以下(6.4.7 以降)

60 GB
NSX Controller 4 GB 4 28 GB
NSX Edge

(分散論理ルーターは Compact アプライアンスとしてデプロイ)

[Compact]: 512 MB

[Large]: 1 GB

[Quad Large]:2  GB

[X-Large]:8 GB

[Compact]: 1

[Large]: 2

[Quad Large]: 4

[X-Large]: 6

[Compact、Large]:640 MB のディスク 1 台 + 512 MB のディスク 1 台

[Quad Large]:640 MB のディスク 1 台 + 512 MB のディスク 2 台

[X-Large]:640 MB のディスク 1 台 + 2 GB のディスク 1 台 + 512 MB のディスク 1 台

ゲスト イントロスペクション 2 GB 2 5 GB(プロビジョニング後の容量は 6.26 GB)

一般的なガイドラインとして、NSX で管理する環境に 256 を超えるハイパーバイザーが含まれる場合、NSX Manager のリソースを少なくとも vCPU 8 個とメモリ 24 GB に増やしてください。vCPU は 32 個以下にしてください。構成の上限については、VMware 構成の上限ツールの「NSX Data Center for vSphere」セクションを参照してください。記載されている構成の上限は、NSX Manager アプライアンスのサイズが Large であることを前提としています。特定のサイジングに関する情報については、VMware サポートにお問い合わせください。

仮想アプライアンスへのメモリと vCPU の割り当てを増加させる方法については、『vSphere 仮想マシン管理』の「メモリ リソースの割り当て」と「仮想 CPU 数の変更」を参照してください。

ゲスト イントロスペクション アプライアンスにプロビジョニングされた容量は、ゲスト イントロスペクション に 6.26 GB と表示されます。これは、クラスタ内の複数のホストが 1 つのストレージを共有している場合、vSphere ESX Agent Manager が高速クローン用にサービス仮想マシンのスナップショットを作成するためです。このオプションを ESX Agent Manager で無効にする方法については、ESX Agent Manager のドキュメントを参照してください。

ネットワークの遅延

コンポーネント間のネットワーク遅延が、以下の最大遅延時間内であることを確認する必要があります。
表 2. コンポーネント間のネットワーク遅延の最大値
コンポーネント 遅延の最大値
NSX ManagerNSX Controller ノード 150 ms RTT
NSX ManagerESXi ホスト 150 ms RTT
NSX ManagervCenter Server システム 150 ms RTT
NSX Managerと Cross-vCenter NSX 環境の NSX Manager 150 ms RTT
NSX ControllerESXi ホスト 150 ms RTT

ソフトウェア

最新の相互運用性の情報については、http://partnerweb.vmware.com/comp_guide/sim/interop_matrix.phpで、製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

NSX Data Center for vSpherevCenter ServerESXi の推奨バージョンについては、アップグレードする NSX Data Center for vSphere バージョンのリリース ノートを参照してください。リリース ノートは、NSX Data Center for vSphere ドキュメント サイト https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-for-vSphere/index.html で入手できます。

NSX Manager を Cross-vCenter NSX 環境に参加させるには、次の条件を満たす必要があります。

コンポーネント
バージョン
NSX Manager 6.2 以降
NSX Controller 6.2 以降
vCenter Server 6.0 以降
ESXi

ESXi 6.0 以降

NSX 6.2 以降の VIB が準備されているホスト クラスタ

Cross-vCenter NSX 環境のすべての NSX Manager を 1 つの vSphere Web Client から管理するには、vCenter Server システムを拡張リンク モードで接続する必要があります。『vCenter Server およびホスト管理』の「拡張リンク モードの使用」を参照してください。

パートナーのソリューションと NSX との互換性を確認するには、VMware 互換性ガイドで ネットワークとセキュリティ (http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=security) を参照してください。

クライアントとユーザー アクセス

NSX Data Center for vSphere 環境を管理するには、次が必要です。
  • 正引き/逆引きの名前解決。これは、vSphere インベントリに ESXi ホストを名前で追加した場合に必要です。この機能がないと、NSX Manager は IP アドレスを解決できません。
  • 仮想マシンを追加、パワーオンの権限。
  • 仮想マシンのファイルを保存するデータストアへのアクセス、そのデータストアにファイルをコピーするためのアカウント権限。
  • NSX Manager ユーザー インターフェイスにアクセスするには、Web ブラウザで Cookie を有効にする必要があります。
  • NSX ManagerESXiホスト、vCenter Server、デプロイする NSX Data Center for vSphere アプライアンスの間でポート 443 を開く必要があります。このポートは、ESXi ホストから OVF ファイルをダウンロードして展開するために必要です。
  • 使用している vSphere Client または vSphere Web Client のバージョンでサポートされている Web ブラウザは次のとおりです。サポートされている Web ブラウザのリストについては、https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-Data-Center-for-vSphere/6.4/rn/nsx-vsphere-client-65-functionality-support.htmlを参照してください。

    Microsoft Internet Explorer ブラウザ(32 ビットおよび 64 ビット)は NSX 6.4.x ではサポートされていません。