チェックリストを使用して、KVM ホストへのインストールの進行状況を追跡します。

推奨される手順は次のとおりです。

  1. KVM 環境を準備します。KVM のセットアップ を参照してください。
  2. NSX Manager のインストール要件を確認します。NSX Manager のインストール を参照してください。
  3. 必要なポートおよびプロトコルを構成します。ポートとプロトコル を参照してください。
  4. NSX Manager をインストールします。KVM への NSX Manager のインストール を参照してください。
  5. 新しく作成された NSX Manager にログインします。新しく作成された NSX Manager にログインします。 を参照してください。
  6. KVM ホストにサードパーティ製パッケージを構成します。KVM ホストへのサードパーティ製パッケージのインストール を参照してください。
  7. 追加の NSX Manager ノードを展開して、クラスタを構成します。CLI を使用した NSX Manager クラスタの形成 を参照してください。
  8. NSX Edge のインストール要件を確認します。NSX Edge のインストール要件 を参照してください。
  9. NSX Edge をインストールします。ベア メタルへの NSX Edge のインストールを参照してください。
  10. NSX Edge クラスタを作成します。NSX Edge クラスタの作成 を参照してください。
  11. トランスポート ゾーンを作成します。トランスポート ゾーンの作成 を参照してください。
  12. ホスト トランスポート ノードを作成します。トランスポート ノードとしてのスタンドアローン ホストの準備 を参照してください。

    各ホストで仮想スイッチが作成されます。管理プレーンからホストの証明書が制御プレーンに送信され、管理プレーンによって制御プレーンの情報がホストにプッシュされます。各ホストは、証明書を提示して SSL 経由で制御プレーンに接続します。制御プレーンは、管理プレーンから提供されたホスト証明書に基づいて証明書を検証します。検証が正常に完了すると、コントローラが接続を許可します。

インストール後

ホストがトランスポート ノードの場合、NSX Manager のユーザー インターフェイスまたは API を使用して、トランスポート ゾーン、論理スイッチ、論理ルーター、その他のネットワーク コンポーネントをいつでも作成できます。NSX Edge とホストを管理プレーンに追加するときに、NSX-T Data Center の論理エンティティと設定状態が自動的に NSX Edge とホストにプッシュされます。

詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』を参照してください。