NSX-T Data Center 3.1.1 以降では、以前のリリースよりも少ない手動の手順で、Horizon Cloud の展開と NSX Cloud を連携できます。

Horizon Cloud の連携は、NSX Cloud 管理コンポーネント(NSX Manager と Cloud Service Manager (CSM))でサポートされます。オンプレミスで展開することも、NSX-T Data Center 3.1.1 以降ではネイティブで Microsoft Azure に展開することもできます。

次の図は、この連携のシナリオとして、PCG と Horizon Cloud 管理コンポーネント間に NSX Cloud 管理コンポーネントと共有サブネットを展開する際に使用できる例を表しています。
図 1. オンプレミスに展開された NSX Cloud コンポーネントと Horizon Cloud の連携
この図は、NSX Cloud 管理コンポーネント(NSX Manager と CSM)がオンプレミスで展開されていることを示しています。Microsoft Azure の VNet はオンプレミス コンポーネントに接続されており、この VNet には PCG および Horizon Cloud 管理コンポーネントが含まれています。
図 2. Microsoft Azure に展開された NSX Cloud、NSX Cloud コンポーネントと Horizon Cloud の連携
この図は、Microsoft Azure の 2 つの VNet を示しています。1 つ目の VNet は、NSX Cloud 管理コンポーネント(NSX Manager と CSM)を含む NSX Cloud 管理 VNet です。2 つ目の VNet には、PCG および Horizon Cloud 管理コンポーネントが含まれています。その他の詳細については、周囲のテキストを参照してください。

Horizon Cloud ポッドは、PCG の展開先と同じ自己管理/中継 VNet に展開する必要があります。システムは、自己管理/中継 VNet に Horizon Cloud ポッドを展開した後、必要な NSX-T Data Center ポリシーを自動的に作成し、Horizon Cloud 管理コンポーネントと Microsoft Azure に展開された VDI 間の通信を有効にします。必要に応じて、VDI のセキュリティ ポリシーを作成できます。

注: エンティティの自動作成は NSX-T Data Center バージョン 3.1.1 以降のみの機能です。

前提条件

手順

  1. Microsoft Azure サブスクリプションで、Horizon Cloud ポッドを自己管理/中継 VNet に展開します。詳細な手順については、『Horizon Cloud Service のドキュメント』でMicrosoft Azure 上の Horizon ポッド - Horizon Cloud 管理コンソール の [キャパシティ] ページを使用した、ポッド フリートへのポッドの追加を参照してください。NSX Cloud との連携について固有の [Microsoft Azure キャパシティの追加] ウィザードで、次の構成を確認します。
    1. [サブスクリプション] タブで、PCG が展開されている Microsoft Azure サブスクリプションを選択します。
    2. [ポッドの設定] タブの [ネットワーク]セクションの [仮想ネットワーク] で、PCG が展開されている Microsoft Azure VNet を選択します。
      PCG と Horizon Cloud 管理コンポーネント間の通信が可能なサブネットを使用します。
    3. [検証して続行] をクリックします。
  2. NSX Tools がインストールされている基本イメージを作成します。
    ポッド マニフェスト 2632.0 以降を使用している場合に、ユーザー レコードが、基本イメージに NSX Tools を自動インストールする新しいイメージ管理機能にアクセスできる場合は、 [NSX Tools のインストール] を有効にします。
    2632.0 より前のポッド マニフェストを使用している場合は、 Horizon Cloud のインポートされたイメージ仮想マシンへの NSX Agent のインストールに記載されている手順に従って、基本イメージに NSX Tools を手動でインストールします。
  3. 基本イメージを使用して VDI デスクトップ割り当てを作成し、[NSX Cloud の管理対象] を有効にします。詳細については、Horizon Cloud ワークフローと NSX Cloudを参照してください。

次のタスク

Horizon Cloud の連携後の自動作成エンティティを確認します。