Site Recovery Manager が仮想マシンを保護できるようにするには、保護グループを作成します。

フォルダの保護グループを整備することができます。保護グループ名は、すべてのフォルダで一意にするようにしてください。

保護グループを作成する場合、この処理が想定したとおりに完了するまで待機します。Site Recovery Manager が保護グループを作成し、グループ内の仮想マシンが正常に保護されていることを確認します。

前提条件

  • 仮想マシンに vSphere Replication が構成されていることを確認します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [保護グループ] タブを選択し、[新規] をクリックして、保護グループを作成します。
  4. [名前と方向] ページで、保護グループの名前と説明を入力し、方向を選択して、[次へ] をクリックします。
  5. 保護グループに追加する仮想マシンを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. 必要に応じて、[リカバリ プラン] ページで保護グループをリカバリ プランに追加できます。
    オプション 説明
    既存のリカバリ プランに追加 保護グループを既存のリカバリ プランに追加します。
    新規のリカバリ プランに追加 保護グループを新規のリカバリ プランに追加します。このオプションを選択する場合は、リカバリ プラン名を入力する必要があります。
    今はリカバリ プランに追加しない リカバリ プランに保護グループを追加しない場合は、このオプションを選択します。
  7. [設定内容の確認] ページで設定内容を確認し、[終了] をクリックします。
    [保護グループ] タブで、保護グループの作成の進捗を監視できます。

次のタスク

vSphere Replication 保護グループについて、保護グループの保護ステータスが [未構成] の場合は、仮想マシンにインベントリ マッピングを適用します。