Site Recovery Manager が仮想マシンをパワーオンした後で Site Recovery Manager が仮想マシン上でタスクを実行するためのカスタム リカバリ ステップを作成できます。

Site Recovery Manager は、カスタマイズ情報と同じ方法で、保護された仮想マシンまたはリカバリされた仮想マシンにコマンド手順を関連付けます。複数のリカバリ プランに同じ仮想マシンが含まれる場合、Site Recovery Manager はすべてのリカバリ プランにコマンドを含めます。

前提条件

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブでリカバリ プランを選択し、[リカバリ手順] をクリックします。
  4. 仮想マシンを右クリックして、[リカバリの構成] をクリックします。
  5. [リカバリ プロパティ] タブで、[パワーオン後の手順] をクリックします。
  6. [新規] をクリックしてステップを追加します。
  7. [名前] テキスト ボックスに、手順の名前を入力します。
    [リカバリ手順] ビューの手順のリストに手順名が表示されます。
  8. [コンテンツ] テキスト ボックスに、実行するコマンドまたはスクリプトを入力します。
  9. コマンドの [タイムアウト] 設定を変更して仮想マシンで実行します。
  10. [追加] をクリックしてリカバリ プランにステップを追加します。
  11. [OK] をクリックして、パワーオン後にコマンドを実行するように仮想マシンを再構成します。