DR IP Customizer ツールを使用すると、保護サイトとリカバリ サイトで保護された複数の仮想マシンのための明示的な IP カスタマイズ設定を定義できます。

サブネット IP マッピング ルールの定義に加えて、DR IP Customizer ツールを使用して、仮想マシンをリカバリ サイトで起動する際にカスタマイズされたネットワーク設定を適用できます。カスタマイズされた IP 設定は、コンマで区切られた値(CSV)ファイルで DR IP Customizer ツールに提供します。

CSV ファイルを手動で作成するのではなく、DR IP Customizer ツールを使用して、保護された仮想マシンのネットワーク構成情報を含む CSV ファイルをエクスポートできます。このファイルを CSV ファイルのテンプレートとして利用し、ファイル内の値をカスタマイズして復旧サイトに適用できます。

  1. DR IP Customizer を実行し、保護された仮想マシンのネットワーク情報を含む CSV ファイルを生成します。
  2. 復旧サイトに関連するネットワーク情報で、生成された CSV ファイルを変更します。
  3. 保護されたマシン上で DR IP Customizer を再度実行し、仮想マシンがリカバリ サイト上で起動するときに、ネットワーク構成情報を変更した CSV を適用します。

DR IP Customizer ツールを保護サイトかリカバリ サイトのいずれかで実行できます。保護された仮想マシンの仮想マシン ID は、サイトごとに異なるため、DR IP Customizer ツールを実行して CSV ファイルを生成するときにどのサイトを使用したとしても、設定の適用時に再度 DR IP Customizer を実行するときには、生成時と同じサイトを使用する必要があります。

保護サイトとリカバリ サイトの IP 設定をカスタマイズすると、再保護操作中に Site Recovery Manager が正しい構成を使用できます。

Site Recovery Manager が IP カスタマイズをサポートしているゲスト OS のリストについては、https://docs.vmware.com/jp/Site-Recovery-Manager/8.2/rn/srm-compat-matrix-8-2.htmlに掲載されている「Site Recovery Manager 8.2 互換性マトリックス」を参照してください。