再保護を行うと、Site Recovery Manager の保護グループとリカバリ プランが逆方向に再構成されます。再保護操作の後に、計画移行ワークフローを使用して仮想マシンを元のサイトに戻すことができます。

前提条件

再保護を実行するための前提条件 を参照してください。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランを右クリックして、[再保護] を選択します。
  4. チェック ボックスを選択して、再保護操作の取り消しができないことを理解していることを確認します。
  5. (オプション) [強制クリーンアップ]チェック ボックスをオンにし、リカバリ サイトのクリーンアップ操作中のエラーを無視し、[次へ] をクリックします。
    [強制クリーンアップ] オプションは、初期再保護操作でエラーが発生した後にのみ使用できます。
  6. 再保護情報を確認し、[終了] をクリックします。
  7. リカバリ プランを選択し、[リカバリ手順] タブをクリックして、再保護操作の進捗を監視します。
  8. 再保護操作が完了したら、リカバリ プランを選択し、[履歴] をクリックして、[選択した履歴項目のレポートをエクスポートします] ボタンをクリックします。
    リカバリ プランは、再保護操作中にエラーが発生した場合でも「準備完了」状態に戻ることがあります。履歴レポートで再保護操作をチェックし、エラーが発生していないことを確認してください。再保護中にエラーが発生している場合は、エラーの解決を試みてからテスト リカバリを実行し、エラーが解決されていることを確認する必要があります。再保護中に発生したエラーを解決しないまま計画移行またはディザスタ リカバリを試すと、仮想マシンの一部がリカバリに失敗することがあります。

結果

Site Recovery Manager は、リカバリ サイトと保護サイトを反転します。Site Recovery Manager は、保護サイトから仮想マシンのプレースホルダ コピーを新しいリカバリ サイトに作成します。