Workspace ONE UEM 環境には、展開を正常に実行できるようにするのに不可欠なサービス(コア サービス)がいくつかあります。これらのサービスには、console、device-services、API、および AWCM が含まれます。これらのいずれかのコア サービスに問題がある場合、VMware は問題の診断に役立つログ作成データを提供します。

Workspace ONE UEM のコア サービスは、Workspace ONE UEM の基盤、つまり、展開を適切かつ効率的に実行するのに必要なサービスです。サポートが必要なサービスがここに表示されない場合は、「統合サービスのログ作成」セクションを参照して、統合サービスの広範なリストとそのログ情報を確認してください。

さまざまなレベルの詳細を提供する 2 つのログ収集レベルがあります。サービスのトラブルシューティングを行わない場合は、ログ収集レベルを無効に設定して、ハードウェア リソースの消費を抑えます。
  1. コンソールで [[グループと設定] > [すべての設定] > [管理者] > [診断] > [ログ収集]] の順に進みます。
  2. ログ収集レベルを有効にする任意のサービスを選択します。サービスのログ収集を [有効] に設定します。
  3. トラブルシューティングが終わったら、ハードウェア リソースの消費を抑えるために、ログ記録レベルを [無効] に戻してください。

Workspace ONE UEM のログ エントリの読み取り方法

Workspace ONE UEM のログ エントリを読み取る機能は、Workspace ONE UEM の展開で発生する可能性がある問題を正常に分析およびトラブルシューティングするのに重要です。

すべてのログ エントリには、次の重要な情報が含まれています。
  1. ログ エントリの日時
  2. ログ エントリのサーバ ID
  3. ログ エントリのサーバ通信スレッド ID
  4. ログ エントリのデバイス ID またはユーザー ID
  5. ログ エントリの VMware AirWatch 内部コード
  6. ログ エントリのログ収集レベル
  7. ログ エントリの関連サービス
  8. ログ エントリのログ メッセージ

[エラー ログの例]

Workspace ONE UEM エラー ログは、次の形式で作成されます。

2017/06/21 19:07:12.243[[1]]	EX-DS111[[2]]	11aaabbccc-dddee-1111-22ff-06gggg777777[[3]]	[0000000-0000000][[4]]   (14)[[5]] 	Error[[6]]	AirWatch.CloudConnector.Client.AccServiceClient.SendRequest[[7]] 	Received a Failure message from AWCM: Destination not reachable at this moment[[8]]

[情報ログの例]

Workspace ONE UEM 情報ログは、次の形式で作成されます。

2017/09/07 14:46:57.852[[1]]             EX-DS111[[2]]           ca9562a7-c87c-4c3b-a1e1-ca35a88555ab[[3]]               [0000052-0000000][[4]]   (20)[[5]]             Info[[6]]                WanderingWiFi.AirWatch.Console.Web.Controllers.HomeController[[7]]          Method: WanderingWiFi.AirWatch.Console.Web.Controllers.HomeController.Index; LocationGroupID: 7; UserID: 52; UserName: TEST_USER; Parameters: <N/A>;  69eddd96-9a81-47e9-a78a-dd20c845426b

コンソール ログ

Console サービスで利用できる Workspace ONE UEM のログ作成機能の詳細を確認してください。API サービスは、デフォルトでインストールされます。特に記載のない場合、ログはすべて /VMware/AirWatch/Logs フォルダに保存されます。

フォルダ

ログの名前

説明

AirWatch API

AW_Core_Api.log

API エンドポイントに対する、利用可能な API コマンドについての呼び出しの情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MAM_Api.log

特に /API/MAM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MCM_Api.log

特に /API/MCM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MDM_Api.log

特に /API/MDM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MEM_Api.log

特に /API/MEM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch Services

AWServices.log

AirWatch SOAP API に関する情報が含まれます。

IIS>W3SVC1

u_ex####.log

アクセスされた IIS Web エンドポイントおよび提供した応答コードの履歴が含まれます(例:/AirWatch および /Enroll)。

[Inetpub] > [Logs] > [FailedReqLogFiles]

Fr####.xml

失敗した IIS リクエストのログ トレースが含まれます。このログは、デフォルトで無効になっているため、有効にする必要があります。

Services

AirWatchGemAgent.log

GEM ライセンス評価サービスおよびそのバックエンドの接続に関する情報が含まれます。

Services

ApiWorkflowService.log

このサービス ログには、処理された REST API からのデバイス コマンドが記載されます。

Services

AW.Meg.Queue.Service.log

SEG または PowerShell に組み込まれた E メール ポリシーの更新、関連する MSMQ リーダー情報、SQL 接続エラー、および暗号化に関する情報が含まれます。

Services

AW.IntegrationService.log

Apple School Manager API、VPP、アプリ スキャンなど、AirWatch とサードパーティとの連携に関するすべての情報が含まれます。

Services

BackgroundProcessorServiceLogFile.txt

コンソールのエクスポートやレポートの生成など、バックグラウンドで非同期に処理されるさまざまな種類のジョブに関する情報が含まれます。

Services

BulkProcessingServiceLogFile.txt

SDK、証明書、APNS メッセージ、DEP API、コマンド キュー、ユーザー、ユーザー グループ、プロファイル、アプリなどの一括コマンドに関する情報が含まれます。

Services

ContentDeliveryService.log

コンテンツ配信と、プロダクト プロビジョニングのためのリレー サーバの通信に関する情報が含まれます。

Services

ChangeEventQueue.log

イベント ログ エントリ、それらのログの一括保存、Syslog 構成の読み込み、VMware Tunnel のポリシーの更新に関する情報が含まれます。

Services

DirectorySyncServiceLogFile.txt

メンバー リストや LDAP のマッピングと定義など、ディレクトリ ユーザーおよびグループの同期に関する情報が含まれます。

Services EntityReconcileService.log

スマート グループにリンクされているエンティティの調整と同期に関する情報が含まれています。

Services

MessagingServiceLog.txt

さまざまなサードパーティのメッセージング サービス (APN、GCM、WNS) に送信された通知に関する情報が含まれます。

Services

PolicyEngine.log

デバイス ポリシー キューに関する情報、およびユーザー、組織グループ (OG)、デバイスの順守状態に関連するプロダクト情報が含まれます。また、プロダクトのプロビジョニング処理および配信に関する情報も含まれます。

Services

SchedulerService.log

自動同期、VPP ユーザーの招待の同期、一括通知のプッシュ、Active Directory の同期のトリガなど、スケジューラ サービスによって実行されるさまざまなジョブに関する情報が含まれます。リストのすべてを確認するには、[グループと設定] > [すべての設定] > [管理者] > [スケジューラ] の順に進みます。

Services

SmartGroupServiceLogFile.txt

加入、デバイスまたはユーザーの状態の変更に起因するスマート グループ マッピングの調整およびその結果のスマート グループの変更に関する情報が含まれます。

Services

SMSService.log

デバイスに送信されたバッチ SMS に関する情報が含まれます。

Services

ComplianceSerivce.log

コンプライアンス サービス データが記録されます。

Services

ChangeEventOutboundQueueService.txt

ソース コンポーネントから中央の格納場所にイベント通知を送信します(例:Syslog)。

Services PurgeUtility.log データベース BLOB ファイルのガベージ コレクションに関する情報
Services Ws1.Tunnel.Kestrel.log .NET Core ベースのマイクロサービスに関連する Tunnel サービスのログ

Web console

WebLogFile.txt

コンソール ユーザー インターフェイスに関する情報が含まれます。

TargetedLogging

####Airwatch.log

ターゲット ログが有効なデバイスに関する情報が含まれます。

デバイス サービスおよびセルフサービス ポータルのログ

デバイス サービスで利用できる Workspace ONE UEM のログ作成機能の詳細を確認してください。API サービスは、デフォルトでインストールされます。特に記載のない場合、ログはすべて /VMware/AirWatch/Logs フォルダに保存されます。

フォルダ

ログの名前

説明

AirWatch API

AW_Core_Api.log

API エンドポイントに対する、利用可能な API コマンドについての呼び出しの情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MAM_Api.log

特に /API/MAM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MCM_Api.log

特に /API/MCM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MDM_Api.log

特に /API/MDM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MEM_Api.log

特に /API/MEM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API ws1.gateway.log WS1-Services ログ。

AirWatch Services

AWServices.log

ログ収集レベルおよびサービスの詳細を含む AirWatch サービスに関する情報が含まれます。このログには、SOAP API に関する情報も含まれます。

AppCatalog

AppCatalogLogFile.txt

アプリケーションの割り当て、アプリケーション カタログ読み込み時のデバイス リクエスト、ユーザー認証など、アプリケーション カタログに関する情報が含まれます。

DeviceManagement

DeviceManagement.log

トークンまたはグループ ID の検証、制限チェック、認証を含む、加入の初期段階に関する情報が含まれます。

DeviceServices

DeviceServicesLog.txt

Workspace ONE UEM とのすべてのデバイス通信に関連する情報が含まれます。

DeviceService

DevicesGateway.log

デバイス専用 API のサブセット用のログ記録。

加入ショートカット EnrollShortcut.log /enroll など、URL リダイレクトに関する情報。
IdentityService IdentityService.log SAML Web エンドポイントに関する情報。

IIS>W3SVC1

u_ex####.log

アクセスされた IIS Web エンドポイントおよび提供した応答コードの履歴が含まれます(例:/DeviceServices および /DeviceManagement)。

[Inetpub] > [Logs] > [FailedReqLogFiles]

Fr####.xml

失敗した IIS リクエストのログ トレースが含まれます。このログは、デフォルトで無効になっているため、有効にする必要があります。

MyDevice

WebLogfile.txt

セルフサービス ポータル内で実行されたアクションに関する情報が含まれます。

Services ws1tunnel.kestrel Microservice からのすべての DB クエリ。ログ レベルはデフォルトでオフになっています。
Services ws1.tunnel.log Tunnel Microservice アプリケーション/機能ログ。これらのログには、API ステータス、所要時間などの IIS ログに相当する情報も含まれています。

Services

APIWorkflowService.log

ログ収集レベル、MSMQ リーダー エラー、SQL 接続エラーなど、API に関する情報が含まれます。

Services

AW.IntegrationService.log

Apple School Manager API、VPP、アプリ スキャンなど、AirWatch とサードパーティとの連携に関するすべての情報が含まれます。

Services

AW.Meg.Queue.Service.log

SEG または PowerShell に組み込まれた E メール ポリシーの更新、関連する MSMQ リーダー情報、SQL 接続エラー、および暗号化に関する情報が含まれます。

Services

BulkProcessingServiceLogFile.txt

SDK、証明書、Apple プッシュ通知サービス (APNs) メッセージ、DEP API、コマンド キュー、ユーザー、ユーザー グループ、プロファイル、アプリなど、一括コマンドに関する情報が含まれます。

Services

ChangeEventQueue.log

イベント ログ エントリ、それらのログの一括保存、Syslog 構成の読み込み、VMware Tunnel のポリシーの更新に関する情報が含まれます。

Services EntityReconcileService.log

スマート グループにリンクされているエンティティの調整と同期に関する情報が含まれています。

Services

InterrogatorQueueService.log

デバイスからのアプリケーションとプロファイルのサンプルなど、データベースの更新が必要な、処理済みのすべてのプラットフォームのデバイス サンプルに関する情報が含まれます。

Services

MessagingServiceLog.txt

さまざまなサードパーティのメッセージング サービス (APN、GCM、WNS) への送信および応答時間に関する情報が含まれます。

Services

ProvisioningPackageServicelogfile.txt

当該の Windows 10 デバイスの自動加入のため、プロビジョニング パッケージ情報をログに記録します。

Services

ChangeEventOutboundQueueService.txt

ソース コンポーネントから中央の格納場所にイベント通知を送信します(例:Syslog)。

Services SmartGroupServiceLogfile.log 加入、あるいはデバイスまたはユーザーの状態の変更に起因するスマート グループ マッピングの調整、およびその結果のスマート グループの変更に関する情報。

TargetedLogging

####Airwatch.log

ターゲット ログが有効なデバイスに関する情報が含まれます。

信頼サービス TrustService .log

証明書のピン留めに使用される信頼サービスのオンプレミス インスタンスに関連付けられているログ。

API ログ

API サービスで利用できる Workspace ONE UEM のログ作成機能の詳細を確認してください。特に記載のない場合、ログはすべて /VMware/AirWatch/Logs フォルダに保存されます。

フォルダ

ログの名前

説明

AirWatch API

AW_Core_Api.log

API エンドポイントに対する、利用可能な API コマンドについての呼び出しの情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MAM_Api.log

特に /API/MAM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MCM_Api.log

特に /API/MCM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MDM_Api.log

特に /API/MDM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API

AW_MEM_Api.log

特に /API/MEM エンドポイントに関する情報が含まれます。

AirWatch API CiscoiseLogfile.txt CiscoISE 統合に関する情報。

AirWatch Services

AWServices.log

ログ収集レベルおよびサービスの詳細を含む Workspace ONE UEM サービスに関する情報が含まれます。このログには、SOAP API に関する情報も含まれます。

IIS>W3SVC1

u_ex####.log

アクセスされた IIS Web エンドポイントおよび提供した応答コードの履歴が含まれます(例:/ActiveSyncIntegrationServiceEndPoint)。

[Inetpub] > [Logs] > [FailedReqLogFiles]

Fr####.xml

失敗した IIS リクエストのログ トレースが含まれます。このログは、デフォルトで無効になっているため、有効にする必要があります。

Services

APIWorkflowService.log

デバイスに対する一括コマンドなど、API サーバからの一括リクエストの受け渡しに関する情報が含まれます。

Services

AW.IntegrationService.log

Apple School Manager API、VPP、アプリ スキャンなど、AirWatch とサードパーティとの連携に関するすべての情報が含まれます。

Services

AW.Meg.Queue.Service.log

SEG または PowerShell に組み込まれた E メール ポリシーの更新、関連する MSMQ リーダー情報、SQL 接続エラー、および暗号化に関する情報が含まれます。

Services

BulkProcessingServiceLogFile.txt

SDK、証明書、Apple プッシュ通知サービス (APNs) メッセージ、DEP API、コマンド キュー、ユーザー、ユーザー グループ、プロファイル、アプリなど、一括コマンドに関する情報が含まれます。

Services

ChangeEventQueue.log

イベント ログ エントリ、それらのログの一括保存、および Syslog 構成の読み込みに関する情報が含まれます。

Services EntityReconcileService.log

スマート グループにリンクされているエンティティの調整と同期に関する情報が含まれています。

Services

MessagingServiceLog.txt

さまざまなサードパーティのメッセージング サービス (APN、GCM、WNS) への送信および応答時間に関する情報が含まれます。

Services

ChangeEventOutboundQueueService.txt

中央の送信コンポーネントに送信される MSMQ に情報を入力するためのログ ファイル(例:Syslog)

Services

SmartGroupServiceLogfile.log

加入、あるいはデバイスまたはユーザーの状態の変更に起因するスマート グループ マッピングの調整、およびその結果のスマート グループの変更に関する情報。

Services DataPlatformService.log Windows 10 サンプルの送信に関する情報(Workspace ONE Intelligence が必要)

AWCM ログ

AWCM サービスで利用できる Workspace ONE UEM のログ作成機能の詳細を確認してください。特に記載のない場合、ログはすべて /VMware/AirWatch/Logs フォルダに保存されます。

フォルダ

ログの名前

説明

AWCM

Awcm.log

状態、履歴、プロパティ、追加のサブサービスなど、AWCM に関する情報が含まれます。

AWCM

AWCMservice.log

AWCM Java サービス ラッパーに関するログ情報が含まれます。